KTX-山川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓国鉄道 KTX-山川
KTX-山川
KTX-山川
編成 10両編成
M(動力車)+ 8T(付随客車) + M(動力車)
営業最高速度 305 km/h
設計最高速度 350 km/h
編成定員 363人(特室30人 / 優等室328人 / 障害者席5人)
410人(4次車およびダリアン。特室33人 / 優等室377人)
全長 238,600(動力車22,700 / 端部客車21,800 / 中間客車18,700) mm
全幅 動力車2,814 / 客車2,970 mm
全高 動力車4,100 / 客車3,480 mm
編成質量 空車重量403t / 満車重量434 t
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
編成出力 8,800 kW
主電動機 三相交流かご型誘導電動機
制動方式 回生ブレーキ発電ブレーキ、踏面ブレーキ
保安装置 ATSATCTVM430ATP
KTX-山川
各種表記
ハングル KTX-산천
漢字 KTX-山川
発音 ケイティエス=サンチョン
日本語読み: けいてぃえっくす=さんせん
英語表記: KTX-Sancheon
テンプレートを表示

KTX-山川(KTX-サンチョン)は、大韓民国で開発された韓国鉄道公社(KORAIL)の高速鉄道車両である。この車両は試験車両HSR-350xの技術を利用して製作され、当初はKTX-IIという名称でも呼ばれた。2008年11月25日に初の量産車が出荷され、2009年2月17日、高陽車両事業所に回送された。以来、韓国鉄道公社での試運転を経て、2009年10月13日ソウル特別市で開催された「乗ろう!列車に!」のイベントで、正式に初公開された。空気抵抗を減らすために、本体は、在来種の魚ヤマメをモチーフに流線型で製作され、2010年2月に行われた名称の公募では、これを反映した「KTX-山川(サンチョン)」という名称が最終的に採用された。以後、2009年3月2日から京釜線湖南線にそれぞれ投入され、運行が開始された。

概要[編集]

性能[編集]

今後の高速鉄道車両のコンセプト設計が行われていた1996年当時には、IGBT素子の出力では1,100kWに達する主電動機を制御することが不可能に近かったため、電力制御素子としては、大電力制御が可能なGTOサイリスタ素子の中で最も効率の高いIGCTを使用することでいったんは決定された。しかし、試作車HSR-350xを使用した長期間の試験運行の結果、電力効率や騒音、信頼性の面でIGCTはあまりメリットがないものと判断された。パワーエレクトロニクス技術の発達により、IGBTを用いた大電力の制御が容易になりつつあり、量産車であるKTX-山川編成では、IGBTを用いたVVVFインバータ制御方式を採用することになった。

10両への短編成化と自動併結運用[編集]

既存のKTX-I編成が両端の動力車2両・動力車に隣接する電動機付き客車2両と中間付随客車16両の20両編成(L-M-16T-M-L)を組成するのに対し、KTX-山川編成では両端の動力車2両と中間付随客車8両の10両編成(L-8T-L)を組成する。車両の構成は、動力車 - 優等室 - 優等室 - 特室 - スナックカー・家族室合造車 - 優等室 - 優等室 - 優等室 - 優等室 - 動力車の順である。編成が半分程度に短縮されたにもかかわらず、出力には大きな差がない(13,560kW→8,800kW)。また、先頭車前部に電空一体の自動解結装置を装備し、需要に応じた弾力的な運用が可能となり、今後の全羅線慶全線などでの弾力的運用をも考慮しているのが特徴である。

KTX-I編成との違い[編集]

客室設備[編集]

優等室(従来の一般車に相当)の座席前後間隔(シートピッチ)が従来の930mmから980mmと50mmほど拡がり、快適性が改善された。KTX-I編成の座席はフランス国鉄(SNCF)のTGV車両に準じて回転は不可能な構造であったが、すべての座席が回転可能な形態に変更されており、形状や材質も改良された。室内には間接照明を採用し、開放感が向上した。特室用座席の場合は、自動リクライニング機能が追加されており、最大リクライニング角度は、既存の39度から43度に改良された。窓ガラスは、既存の29mm(三層)から38mm(四層)と厚くなり、騒音遮断効果と安全性が向上した。特室の全座席と優等室8か所に220Vコンセントが設置されている。 2012年に追加投入された5編成と、2014年開業の湖南高速線用22編成は座席の厚みを減らし、前後間隔をKTX比75mm、KTX-山川比57mm拡大している (シートピッチは同じ)。定員も410席(特室33席、一般室377席)と増加する。

技術的な部分[編集]

主電動機を同期電動機から、現代ロテム製1,100kW級誘導電動機に変更し、維持補修の簡略化を図った。車体はKTX-I編成が普通鋼製のシングルスキン構造であるのに対し、KTX-山川編成ではアルミニウム合金ダブルスキン構造を採用し、これに伴う気密性の強化と騒音の低減を図っている。現代ロテム側の発表によると、300km/h走行時64dBの騒音値を達成したが、これは現用のKTX-I編成に比べて2dB程度低い数値である。客車の車体幅は2,904mmから2,970mmに拡大された。

KTX-山川(3次車まで)とKTX_山川(4次車及びダリアン)の違い[編集]

  • ダリアンは塗色が従来の青系統から紫系統になった。
  • シートピッチは従来と同じ980mmだが、背面テーブルを引き出し式から新幹線旅客機と同様の折りたたみ式にしたことで、空間を従来のKTX-山川より57mm増やし、足元のゆとりを増やした。
  • すべての座席にモバイル用の電源コンセント(220V)を設置した。
  • インターネットサービスの速度を向上させるための4Gモデムを採択した。
  • 客室LED照明と照度 調整機能を追加。
  • 操作が容易なドア開閉スイッチを採用。
  • 防音材の追加適用で部屋 の騒音低減など利便性を改善した。
  • スナックバーを廃止、乗務員室の放送室を統合して車内レイアウトを再配置した。
  • 座席数をKTX-山川より47席多い410席に増やした。
  • 同伴席を廃止

編成[編集]

KTX-山川

 
← ソウル・龍山・幸信・仁川国際空港
釜山・晋州・浦項・木浦・益山・麗水エキスポ →
号車(重連時) 1 (11) 2 (12) 3 (13) 4 (14) 5 (15) 6 (16) 7 (17) 8 (18)
形式 11xx51
PC
11xx01
T1
11xx02
T2
11xx03
T3
11xx04
T4
11xx05
T5
11xx06
T6
11xx07
T7
11xx08
T8
11xx52
PC
座席 - 一般室 一般室 特室 一般室
一般室 一般室
(自由席)
-
車内設備 - WC,バリアフリー・アクセス,補 補,Pictograms-nps-drinking water-2.svg WC,補 WC,乗,売店,
同伴席
WC,補 WC,補,Pictograms-nps-drinking water-2.svg WC,補 -
定員 - 43 52 30 32
(うち同伴席4*4)
52 48 52 43 -

KTX_山川(4次車)

 
← ソウル・龍山・幸信・仁川国際空港
釜山・晋州・浦項・木浦・益山・麗水エキスポ →
号車(重連時) 1 (11) 2 (12) 3 (13) 4 (14) 5 (15) 6 (16) 7 (17) 8 (18)
形式 12xx51
PC
12xx01
T1
12xx02
T2
12xx03
T3
12xx04
T4
12xx05
T5
12xx06
T6
12xx07
T7
12xx08
T8
12xx52
PC
座席 - 一般室 一般室 特室 一般室
一般室 一般室
(自由席)
-
車内設備 - WC,バリアフリー・アクセス,補 補,Pictograms-nps-drinking water-2.svg WC,補 WC,乗 WC,補 WC,補,Pictograms-nps-drinking water-2.svg WC,補 -
定員 - 51 56 33 56 48 48 56 60 -

凡例

  • 補:補助席(デッキにあるジャンプシート)
  • WC:トイレ
  • Pictograms-nps-drinking water-2.svg:自動販売機
  • バリアフリー・アクセス:バリアフリー施設(座席及び便所)
  • 乗:乗務員室
  • 動:動力車

歴史[編集]

2006年6月7日:現代ロテム、韓国鉄道公社から10編成100両を2,940億ウォンで受注[1]
2008年1月10日:現代ロテム、韓国鉄道公社から9編成90両を受注[2]。(後日5編成を追加受注)
2011年2月11日:KTX-山川第3編成が光明駅で脱線事故を起こし運用離脱。
2012年2月20日:現代ロテム、韓国鉄道施設公団から湖南高速線用22編成220両を受注[3]
2012年9月5日:運用離脱していた第3編成が再ロールアウト[4]
2013年8月21日:湖南高速線用第1編成が落成。[5][6]
2013年11月29日:湖南高速線用第1編成が試運転開始。(ただし、同年12月9日から翌年1月5日までは鉄道公社労組による民営化反対の大規模ストライキの影響で中断[7]
2014年3月5日:現代ロテム、韓国鉄道公社より原州江陵線用15編成150両を4,940億ウォンで受注。[8]
2014年3月13日:SR(水西高速鉄道株式会社)による公募で首都圏高速線用の列車名が(KTX-達利安(Dalian,ダリアン))に決定された。[9]
2014年3月19日:現代ロテム、水西高速鉄道株式会社より首都圏高速線用10編成100両を3,242億ウォンで受注。[10]

運用[編集]

  • 1次車 - 2009年9月から第1次導入分(6編成60両)が搬入され、高速新線での走行試験を実施した後、2010年3月2日から営業運転を開始し、6編成が京釜線と湖南線に最初に投入された。
  • 2次車 - 2010年末までに4編成を追加投入。
  • 3次車 - 2010年末までに9編成を追加投入。
  • 4次車 - 2011年末に追加導入分の5編成は同年6月に引き渡される予定だったが、リコールのため延期[11]され、翌2012年7月1日のダイヤ改正から正式に投入された。[12]この編成から座席が薄型のものになっている。

2011年現在計19編成が慶全線(2010年12月投入)、全羅線(2011年10月投入)を含めて運行中。 初期編成のリコール復帰後、2012年11月1日ダイヤから24編成体制[13]となる。

  • KTX_山川 - 鉄道施設公団が発注・保有するダリアン22編成のうち、2015年4月より10編成がコレイル保有となり、KTX_山川として主に湖南高速線用に10編成が投入された。さらに首都圏高速線用に10編成、原州江陵線用15編成が投入予定。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]