韓国鉄道3000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
韓国鉄道公社3000系電車
KORAIL EMU3000.jpg
3000系電車
基本情報
製造所 現代モービス現代ロテム
主要諸元
編成 10
軌間 1435 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 110 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 1048人(立席)+528人(座席)=1576人
編成重量 342.8 t
全長 20,000 mm
全幅 3,200 mm
全高 4,480 mm
主電動機 三相交流かご式誘導電動機(三菱MB-5052-A)
駆動方式 WNドライブ
編成出力 230kW×20=4,600KW
制御装置 VVVFインバータ制御(三菱MAP-204-D15V41)
制動装置 直流回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATC(電鉄線区間, 地下鉄線区間)
テンプレートを表示

3000系電車(3000けいでんしゃ)は、韓国鉄道公社(旧鉄道庁)の直流用通勤形電車1996年一山線開業によるソウル特別市地下鉄公社(現・ソウル交通公社3号線との直通運転に備えて1995年末に10両編成10本100両が登場した。

概要[編集]

VVVFインバータ制御ステンレス車体である。既存の韓国国鉄区間は走行しないので、地下鉄基準の直流設備のみ搭載している。また、インバータ装置は日本三菱電機製のものが使用されている。編成は5M5Tで、付随車T1に補助電源装置(静止形インバータ)と空気圧縮機および蓄電池が設置されている。パンタグラフは10基全てを上げて走行する。

車体はソウル交通公社4000系電車と非常に似たデザインになっており、当初はステンレス車体にの細帯が巻かれていた。現在では、帯の張替で路線カラーに合わせた橙色を採用。 車両番号は当時、3000形ディーゼル機関車が在籍していたことと、ソウル特別市地下鉄公社3000系との重複を避けるため、3071から付番されている。

1996年に10両編成16本160両体制となった。

当車両の検査は全てソウル交通公社に委託されている。

配属[編集]

  • 全編成がソウル交通公社の車両事業所朝鮮語版に配属されている。韓国鉄道では2011年より首都圏電鉄の車両の形式変更を行ったが、本系列は車両の管理をソウル交通公社に変更していることから変更の対象外となった。

編成表[編集]

 
梧琴
大化
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 3000形 3100形 3200形 3300形 3400形 3500形 3600形 3700形 3800形 3900形
区分 Tc M' M' T M' T1 T M' M' Tc
搭載機器 SIV,CP,BT VVVF VVVF VVVF SIV,CP,BT VVVF VVVF SIV,CP,BT
車両番号 3071 3171 3271 3371 3471 3571 3671 3771 3871 3971
3072 3172 3272 3372 3472 3572 3672 3772 3872 3972
3073 3173 3273 3373 3473 3573 3673 3773 3873 3973
3074 3174 3274 3374 3474 3574 3674 3774 3874 3974
3075 3175 3275 3375 3475 3575 3675 3775 3875 3975
3076 3176 3276 3376 3476 3576 3676 3776 3876 3976
3077 3177 3277 3377 3477 3577 3677 3777 3877 3977
3078 3178 3278 3378 3478 3578 3678 3778 3878 3978
3079 3179 3279 3379 3479 3579 3679 3779 3879 3979
3080 3180 3280 3380 3480 3580 3680 3780 3880 3980
3081 3181 3281 3381 3481 3581 3681 3781 3881 3981
3082 3182 3282 3382 3482 3582 3682 3782 3882 3982
3083 3183 3283 3383 3483 3583 3683 3783 3883 3983
3084 3184 3284 3384 3484 3584 3684 3784 3884 3984
3085 3185 3285 3385 3485 3585 3685 3785 3885 3985
3086 3186 3286 3386 3486 3586 3686 3786 3886 3986
凡例
  • VVVF -主制御装置
  • SIV -静止形インバータ
  • CP -空気圧縮機
  • BT -蓄電池
備考
  • パンタグラフは、M'(3100形、3200形、3400形、3700形、3800形)に下枠交差形を2基ずつ搭載する。

改造工事[編集]

内装材の不燃化改造[編集]

2003年に発生した大邱地下鉄放火事件をきっかけに、2005年から2006年にかけて内装材を不燃材に交換する改造が行われた。この改造工事に合わせて車体帯の張り替えと、方向幕および列車番号表示器を発光ダイオード(LED)による表示器に交換する改造も同時に実施された。

自動放送装置の交換[編集]

2007年に車内自動放送装置の音源をROM方式からMP3方式に交換する改造が行われた。

関連項目[編集]