韓国鉄道8200形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国鉄道公社8200形電気機関車
8200形電気機関車 (京釜線新吉駅にて)
8200形電気機関車 (京釜線新吉駅にて)
基本情報
運用者 韓国鉄道公社
製造所 ロテム
製造年 2003年 - 2008年
製造数 83両
主要諸元
軸配置 Bo-Bo
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25000V/60Hz
機関車重量 88 t
歯車比 17:107
制御装置 GTO素子VVVFインバータ制御
制動装置 交流回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATS
最高運転速度 150 km/h
設計最高速度 220 km/h
定格出力 5,200 kW
テンプレートを表示

8200形電気機関車(8200がたでんききかんしゃ)は、韓国鉄道公社(旧鉄道庁)が保有する交流電気機関車である。2003年から製作されており、2008年8月現在63両が製造されている。

概要[編集]

2003年8000形の後継機として製作された。最初は当初から電化されていた中央線太白線咸白線嶺東線で使用されていたが2005年以降電化が急速に進むにつれて運行範囲も拡大し現在は京釜線系統の列車にも使用されている。客車にサービス電源を供給する装置が搭載されている。

本機は、ドイツシーメンス社がヨーロッパの汎用電気機関車として開発した「ユーロスプリンター」(EuroSprinter)のES64F型をベースに、同社の協力により、韓国で製造された系列である。もともとES64F型は、定格出力6,400kW、交流15kV16.7Hzの単電源対応で、最高速度140km/hの貨物用交流電気機関車である。ドイツ鉄道の貨物部門(ドイツレイリオン)では、同形機を152形として運用している。

韓国への導入においては、運用条件を考慮し、定格出力5,200kW、交流25kV60Hzの客貨両用にカスタマイズした上で投入されている。

歴史[編集]

8200形電気機関車 (京釜線衿井駅にて)