韓国鉄道公社200000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
韓国鉄道公社200000系電車
KORAIL TEC.jpg
試運転中の200000系電車
基本情報
製造所 日立製作所・SLS重工業
主要諸元
編成 4
軌間 1435 mm
電気方式 交流25,000V (60Hz)
最高運転速度 150 km/h
設計最高速度 165 km/h
起動加速度 65km/hまで2.5 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
全長 23,500 mm
全幅 3,180 mm
全高 3,900 mm
台車 ヨーダンパー併用モノリンク式ボルスタレス台車
日立KH-221
主電動機出力 250kW
駆動方式 三相交流かご式誘導電動機によるWNドライブ
編成出力 250kW×8=2000kW
制御装置 日立製作所IGBT素子VVVFインバータ制御(1C2M制御)
制動装置 交流回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
ディスクブレーキ
全電気ブレーキ
保安装置 ATP
テンプレートを表示
韓国での呼称
各種表記
ハングル 간선전기동차
漢字 幹線電氣動車
発音 カンソンチョンギドンチャ
日本語読み: かんせんでんきどうしゃ
2000年式
MR式
英語での呼称:
Ganseon jeongi dongcha
Kansŏn chŏnki tongch'a
Trunk line Electric Car (TEC)
テンプレートを表示

200000系電車(200000けいでんしゃ)は、韓国鉄道公社(KORAIL)の電車である。韓国では幹線電気動車(かんせんでんきどうしゃ、英語:Trunk line Electric Car、あるいはTEC)とも呼ばれている。

概要[編集]

本系列は日本日立製作所が4両編成8本32両を製作受注。韓国からの受注は1974年ソウル地下鉄1号線向け地下鉄車両(初期1000系電車)以来32年ぶりであり[1]、系列名称が制定されるまではHEMU (Hitachi Electric Multiple Unit) とも呼ばれていた。2009年1月9日に第1編成が出場、甲種輸送され、2月6日から試運転を開始した。

2009年6月1日よりヌリロとして運行を開始し、最初は京釜長項線ソウル - 新昌間に投入された。以後、運行範囲を拡大したヌリロの他にも、2013年からは中部内陸循環列車(O-train)としても運行している。過去には臨時列車としての運行実績もあり、2012年5月12日から8月12日にかけて開催された麗水国際博覧会の訪問客に対応するため全羅線順天 - 麗水エキスポ間のシャトル列車としても運行された[2]

運転開始時点では、およそ10年の期間をかけて徐々に老朽化したムグンファ号の車輌を代替して行く予定であった[3]。だが、本系列の増備は製造メーカーであるSLS重工業が倒産したこともあり実際に行われることはなく、むしろ鉄道事故による除籍で車両数が4両減少している。

編成[編集]

↑:龍山方向

  1. 200050型 Mc
  2. 200000型 T1
  3. 200000型 T2
  4. 200050型 Mc

↓:木浦方向

  • 20XY51 (Mc) - 20XY01 (T1) - 20XY02 (T2) - 20XY52 (Mc)

編成表[編集]

車種 Mc T1 T2 Mc 所属基地
形式 200051 200001 200002 200052
編成番号 1 200151 200101 200102 200152 餅店[4]
2 200251 200201 200202 200252
3 200351 200301 200302 200352
4 200451 200401 200402 200452
5 200551 200501 200502 200552
6 200651 200601 200602 200652
7 200751 200701 200702 200752
8 200851 200801 200802 200852

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日立が韓国で32年ぶりに鉄道車両を受注”. 日立製作所. 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ KORAILのヌリロ導入事例:プロジェクト事例:韓国日立グループ” (日本語). www.hitachi.co.kr. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ 사회: 무궁화호 열차 점차 사라진다YTN、2020年01月06日閲覧)
  4. ^ 実際の車両乗務はソウル機関車事務所が担当。

関連項目[編集]