ヌリロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヌリロ
ヌリロに使用される200000系電車
ヌリロに使用される200000系電車
各種表記
ハングル 누리로
漢字 -
発音 ヌリロ
英語表記: Nuriro
テンプレートを表示

ヌリロ누리로)は、韓国鉄道公社 (KORAIL) の列車種別である。2009年6月1日より運行を開始した。「ヌリロ」は「世界への道」という意味[1][リンク切れ][出典無効]

2008年12月に長項線天安 - 新昌間が複線電化されたことに合わせ、KORAILは2009年200000系電車を投入し、6月1日よりソウル - 新昌間で「ヌリロ」として運行を開始した。運賃は当面の間、ムグンファ号料金を適用。

日立製作所が4両編成8本32両を受注。韓国からの受注は1974年のソウル地下鉄1号線向け地下鉄車両以来、32年ぶりとなった[2]。日立は旧9900系にも電気技術で協力しており、ムグンファ号と縁が深い。当列車は今後ムグンファ号を代替して行く予定である。

運行区間[編集]

過去の運行区間[編集]

停車駅[編集]

ソウル駅 - 新昌駅間
ソウル駅 - 永登浦駅 - 安養駅 - 水原駅 - 烏山駅 - (西井里駅) - 平沢駅 - 天安駅 - 牙山駅 - 温陽温泉駅 - 新昌駅
  • ( )は下り1本のみ通過。

車両[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 韓国の鉄道2009-1 ヌリロ号(2010年10月29日閲覧)。
  2. ^ 日立が韓国で32年ぶりに鉄道車両を受注”. 日立製作所. 2019年9月1日閲覧。

関連項目[編集]