イギリス鉄道802形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス鉄道802形車両
グレート・ウェスタン・レールウェイに投入される802形
基本情報
運用者 グレート・ウェスタン・レールウェイ
ハル・トレイン
トランスペナイン・エクスプレス
製造所 日立製作所笠戸事業所
日立製作所ニュートン・エイクリフ工場
日立レールイタリアピストイア工場
製造年 2017年-
製造数 9両編成14本、5両編成46本
運用開始 2018年8月20日
主要諸元
編成 5両編成、9両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流 25 kV 単相50 Hz(架線
設計最高速度 201 km/h (125 mph)
車体長 26,000 mm
機関出力 700 kW
保安装置 AWSATPETCSTPWS
テンプレートを表示

802形(Class 802、クラス802)は、日立製作所が製造するイギリス高速列車用車両。

動力は電気・ディーゼル両用(バイモード)で、2018年8月20日グレート・ウェスタン・レールウェイで営業運転を開始した[1]

概要[編集]

日立製作所が製造し各路線に投入されている高速鉄道用車両800形(クラス800)と同様に、電化区間では架線から集電し非電化区間では床下のディーゼルエンジンにより発電機を稼働させて電力を得るバイモード車で、インターシティー125を始めとした既存の高速列車を置き換える目的で各路線に導入される。ただし、800形に搭載されているディーゼルエンジンの出力が560kW(750HP)である一方、802形は700kW(940HP)に向上している他、燃料タンクも大型化しており、非電化区間における長距離運転に適した構造になっている。

運用[編集]

グレート・ウェスタン・レールウェイ[編集]

非電化区間を走る802形

グレート・ウェスタン・レールウェイグレート・ウェスタン本線に電化計画に合わせてバイモード車両の800形と電化区間専用の801形(クラス801)を都市間高速鉄道計画(IEP)の一環で導入する一方[2]、電化区間の終点となる予定のブリストル・テンプル・ミーズ駅[3]より先のデヴォンコーンウォールへと伸びる非電化区間への乗り入れのため、長距離輸送に適した高速鉄道用車両が必要となった。そこで導入されることになった新たなバイモード車両が802形(クラス802)である。

第一編成は日立製作所笠戸事業所で製造された後2017年8月9日から走行試験が行われた[4]。そして2018年8月20日から営業運転を開始し[1]、最終的に5両編成22本(802/0形)、9両編成7本(802/1形)が導入される予定となっている[5]。なお、当初は同年7月16日に営業運転を開始する予定であった[6]

グレート・ウェスタン・レールウェイ 802/0形
グレート・ウェスタン・レールウェイ 802/1形

ハル・トレイン[編集]

2016年11月、ハル・トレイン英語版はそれまで使用していたアルストム製コラディア1000180形気動車「アデランテ」に代わり、5両編成の802形(802/3形)を5本購入する事を発表し、その旨に関して日立レールヨーロッパと契約を交わしたと発表した。営業運転開始は2019年を予定している[7]

ハル・トレイン 802/3形

トランスペナイン・エクスプレス[編集]

試運転中の802形

2016年にトランスペナイン・エクスプレスと日立製作所の間で802形(802/2形)の納入計画が交わされ、2018年4月20日に笠戸事業所で製造された最初の編成が日本からイギリスへと出荷された[8]。5両編成が19本製造される予定となっており、2019年の夏季に営業運転を開始する予定となっている[9]

なお、トランスペナイン・エクスプレスでは新規に登場する列車に「Nova(ノヴァ)」と言う愛称を付けており、802形は「Nova 1」と呼ばれている[8]

トランスペナイン・エクスプレス 802/2形

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]