シーメンス・モビリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーメンス > シーメンス・モビリティ
ブラウンシュヴァイク工場(ニーダーザクセン州

シーメンス・モビリティ英語: Siemens Mobility)はドイツ多国籍企業シーメンスの鉄道事業を担当する事業本部。 鉄道車両のほか他に信号装置電装部品転轍機の製造や空港における物流、道路交通のソリューションも手掛けている。 鉄道車両部門では世界の2割強のシェアでアルストムボンバルディア・トランスポーテーションとともにビッグスリーの一角をなしている。

沿革[編集]

主な製品[編集]

鉄道車両[編集]

高速鉄道[編集]

機関車[編集]

など

都市間鉄道[編集]

地下鉄・都市鉄道[編集]

モノレール[編集]

「SIPEM(SIemens PEple Mover)」のブランドで懸垂型モノレールを展開している。

VAL[編集]

かつてマトラ社が展開していたヴェイキュロトマティクレジェ(VAL)はシーメンスのフランス法人が1998年に株式の95%、2001年に残りの5%を取得し、以後当社のブランドとなっている。

など

路面電車・ライトレール[編集]

など

その他[編集]

転轍機[編集]

  • S700 K

など

インバータ[編集]

など

信号施設・機電部門[編集]

など

CBTC[編集]

無線による移動閉塞システム「CBTC英語: Communications-Based Train Control)」をマトラ・トランスポート時代のSAETフランス語版を経て、Trainguard MT CBTC英語版というブランドで展開している。

CBTCの展開図。緑が買収したインベンシス、紫がシーメンス・モビリティを採用した路線

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Meldung Siemens: Internationale Firmierung. In: Eisenbahn-Revue International. Heft 2/2001, S. 57, ISSN 1421-2811
  2. ^ (フランス語)[1]シーメンス公式
  3. ^ シーメンス、3つのセクターと15の事業部へ組織改革2007年11月28日,シーメンスジャパン
  4. ^ シーメンス、事業再編後の新経営陣について2014年5月9日,シーメンスジャパン
  5. ^ エリアレポート(ドイツ)ジェトロセンサー14年8月号,日本貿易振興機構
  6. ^ (英語)Sofia awards metro contract to Siemens and Newag2016年3月15日,インターナショナル・レールウェイ・ジャーナル
  7. ^ (英語)"First Riyadh metro trainset unveiled by Siemens"2016年2月23日,レールウェイ・ガゼット・インターナショナル
  8. ^ (繁体字中国語)高鐵小百科:高鐵高速轉轍器交通部高速鐵路工程局
  9. ^ (繁体字中国語)高雄捷運電聯車 與美、澳訂單同製程打造2005年5月31日,大紀元
  10. ^ (繁体字中国語)機捷通車延宕 關鍵出在「聯合國」承包商2016年4月24日,自由時報

外部リンク[編集]