中国中車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中国中車股份有限公司
企業形態 株式会社
取引所 SSE: 601766
SEHK1766
業種 鉄道
前身 中国南車股份有限公司
中国北車股份有限公司
設立 2015年
本部 中華人民共和国の旗 中国北京市海淀区西四環中路16号[1]
製品 鉄道車両の製造販売
資産総額 3000億元
株主 中国南車股份有限公司
中国北方機車車両工業集団公司
ウェブサイト crrcgc.cc
テンプレートを表示


中国中車(ちゅうごくちゅうしゃ、中国語: 中国中车股份有限公司、英語: CRRC Corporation Limited)は、中国中央企業国有企業)であり、ビックスリーと呼ばれるボンバルディアアルストムシーメンスの鉄道部門売上の合計を遥かに凌ぐ、世界最大の鉄道車両メーカーである。正式社名は中国中車股份有限公司、略称は中車CRRC2014年12月30日に、中国国務院国有資産監督管理委員会の直接管理下にある中国南車集団と中国北車集団が合併して出来た。

概要[編集]

国有企業改革の一環で中国北車(以下、北車)と中国南車(以下、南車)の2つの鉄道車両製造会社が成立して以降、両社は海外進出で互いに過当競争を続け、消耗戦を強いられていた。しかし近年の国際的な受注競争の中、中国政府のインフラ輸出政策(例えば「一帯一路」など)の転換を受けて合併する運びとなった[2]

合併は南車が北車を吸収する形で行われたが、その理由として中国工程院の劉友梅院士によれば、中国唯一の輸出鉄道車両である 中国高速鉄道CRH380A型電車車両のすべての部品、サブ・システムなどは、いずれも中国の知的財産権で、その国産化は中国南車自身の技術によるものである一方、中国北車の中国高速鉄道CRH3型電車車両は未だ完全な国産化を実現していない。海外進出の競り合いで、技術的実力および高速鉄道の輸出資格を持つ中国南車がより大きな発言権を持つことも一因であると分析している[3]

董事長には、北車の崔殿国・董事長が就任。南車の鄭昌泓・董事長は、新会社の副董事長に着任した[4]6月30日には傘下の大連機車車輛有限公司がケニアに初めて輸出される機関車の交付式を開いた。この機関車は中国国鉄東風4型ディーゼル機関車をベースに現地向けに改良したものである[5]

子会社[編集]

中国中車は中国南車と中国北車と合併したが、子会社・研究拠点は両社のものを引き継いだ。

研究企業[編集]

制造企業[編集]

商貿企業[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公司/證券資料
  2. ^ http://economic.jp/?p=48241 南車・北車が合併。中国が鉄道分野で世界進出へ
  3. ^ 鉄道車両大手 2 社の南車・北車が合併~世界最大の軌道交通企業が誕生
  4. ^ http://news.mynavi.jp/news/2015/06/03/193/ 経営統合の南車が8日から取引再開、「中国中車」に社名変更
  5. ^ http://j.people.com.cn/n/2015/0702/c95952-8914538.html 中国中車、ケニアに機関車を初輸出