アナザーエデン 時空を超える猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナザーエデン 時空を超える猫
ジャンル シングルプレイ専用RPG
対応機種 iOS
Android
開発元 Wright Flyer Studios
運営元 GREE
プロデューサー 高大輔・田村宗一
ディレクター 古屋海斗
シナリオ 加藤正人
音楽 光田康典
土屋俊輔
マリアム・アボンナサー
美術 江草天仁(アートディレクター)
チェーシンウ(キャラクターデザイン)
人数 1人(オンライン専用)
運営開始日 2017年4月12日
テンプレートを表示

アナザーエデン 時空を超える猫』(アナザーエデン じくうをこえるねこ )は、Wright Flyer Studiosが開発し、GREEより配信されているスマートフォン向けゲームアプリ。2017年4月12日サービス開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。略称は、「アナデン」。

概要[編集]

「スマホで冒険をしているRPGを作る」「ソーシャルゲームをやめてみた」をコンセプトに、スマートフォン用ゲームアプリにありがちなフレンド機能や期間限定イベントを廃し「いつ遊んでも変わりなく遊べる」「シングルプレイ専用」「2Dグラフィックによる壮大な物語」をアピールポイントとしたRPG。2015年9月17日の東京ゲームショウ2015にて発表された。

主人公のアルドが「古代」「現代」「未来」の3つの時代を巡り冒険をする。

ゲームの略称やゲーム中のバトルシステム、キャラクターボイスの有無などは、『闘会議2016』のニコニコ生放送のアンケートで視聴者が決める企画を行った。

開発スタッフには『ぷよぷよ!!クエスト』の元プロデューサーの高大輔、加藤正人光田康典らを起用。

またゲーム内の随所に『クロノ・トリガー』を思わせる演出が見られることも特徴[要出典]

2017年9月27日に『アナザーエデン オリジナル・サウンドトラック』が発売。

2018年6月22日〜7月31日『アナザーエデン×秋葉原crossコラボカフェ』を実施。

2018年7月31日に『アナザーエデン ワールドアルティマニア』を発売。(内容は攻略よりも、かなり詳細な設定資料が多め)

2018年9月1日に『アナザーエデン〜Faraway from Time〜』と題するライブ(サントラ収録曲の演奏)を実施。バンド名は"トキノワスレモノ"。

2018年9月5日に『アナザーエデン オリジナルサウンドトラック2』が発売。

また、2018年4月19日に配信されたアナザーエデン一周年記念生放送では、上記のコラボカフェやアルティマニア販売、ライブの実施に加え、アナデングッズの販売&専用サイトオープンや、海外進出、Switch版開発決定などの発表がなされた。

ストーリー[編集]

メインストーリー[編集]

第1部 時空を超える猫

物語はA.D284の森で二人の人物が捨て子の兄妹を発見するところから始まる。
16年後のA.D300の年。緑の村・バルオキーはミグランス王国建国300年のお祭りに活気だっていた。
そんな村に住む警備隊の青年アルドは妹フィーネと共に普段からの養父への感謝のため、杖を作るためにヌアル平原へと赴く。
杖の加工も終わり、あとは渡すだけとなったとき、村に「人類の敵対者」の長、魔獣王が現れる。「その娘に用がある。」とフィーネをさらっていく魔獣王。
アルドはすぐさま追いかけるも強大すぎる力に倒れてしまう。止めの刃が突き立てられようとしたその時、呪われた聖剣「オーガベイン」が現れ、アルドを救う。
抜けることのないその剣を帯びつつも、妹を救うためにかつて自分たちが捨てられていた月影の森へと向かい、魔獣王の部下ヴァレスと戦い勝利する。
しかし、ヴァレスはキマイラを召喚し嘲笑いながら去っていく。キマイラに退路も塞がれ、諦めかけたその時、不思議な「穴」が開きアルドを吸い込んだ。
穴の先、A.D1100年で出会ったのは合成人間に仇を持つハンター、エイミと汎用アンドロイドのリィカアルドは過去から来たと言う話に怪しまれつつも彼女らと共にこの時代にて人類に反乱を起こした合成人間のリーダー、ガリアードを倒すことに成功する。彼を倒し凱旋するも直後、エイミ達は消え、都市は崩れ去った。訳もわからず立ち尽くすアルドに突如現れた謎の存在、ファントムに過去が書き換えられたため、未来が殺されてしまったと告げられる。拐われた妹のため、自分自身の真実の為にも時空を超えろとアルドは再び穴へと吸い込まれ、B.C2万年[1]の世界へと辿り着く。

第1.5部 宿世の王と聖なる剣の挽歌

今より、およそ三千年ほど昔。
凶悪なるオーガ族雷心王率いる王国軍との間で一大決戦が勃発し、オーガ族は討ち滅ぼされ、この地より一掃されたそうな…。
世にいうオーガ戦役である。
その最後の闘いの際に、雷心王の佩く、古代より伝わる、伝説の聖剣パルシファルは、オーガ族の怨念、心火をまとい、呪われし魔剣オーガベイン……オーガの災禍と化した。
そして今、いずれ世に破滅をもたらすという魔剣オーガベインを受け継いだアルドの前に、逃れようもない、新たな戦いの火ぶたが切られようとしていた。
失われた魔獣王アルテナの命運はいかに……?
時の記憶の渦に否応なく巻き込まれたアルド達の、未来はどこに?
呪われし魔剣の真実が、明らかになる時がきた。

第2部 東方異象編 「時の女神の帰還」

海の向こう、東方ガルレア大陸では、大国、巳、辰の両国が同盟を結び、西方への進出を謀っていた。いや、アルド達の知らないところですでに戦いは始まっており、世界は静かに変貌を遂げていたのだ。
事態を知ったアルド達は、東方同盟の野望を打ち砕くべく、一路海を渡って東方を目指す。
東方からやって来ていた仲間達も、それぞれの思いを胸に故郷の地へ戻ろうとしていた。東方でアルド達を待ち受ける、新たな敵、妖魔鬼族。そして、オーガベインが予言していた、時の女神とは?
新天地、東方ガルレア大陸にて、アルド達の新たな冒険の幕が開く!

外伝[編集]

二人の騎士と祈りの魔剣 

ミグランス騎士団の間で、ある傭兵の噂が流れている。紫色の髪をした女剣士。その名はディアドラ。 破竹の勢いで武勲をあげる彼女には、黒い噂が立っていた。曰く、魔剣の邪法に手を染め、手段を選ばぬ、と。 迷宮に魔剣の切っ先が閃く。その先にあるのは、真実か、偽りか。 祈りの魔剣だけが、静かに時を待っていた……。

IDAスクール編Ⅰ 絶対零度の鎖

エルジオン最高峰の学府都市IDAスクール。
ひょんなことから招待される運びとなったアルドを待ち受けていたのは、生徒たちの間を駆け巡る数々の「ウワサ」だった。
壁の女・はぐれアンドロイド・白制服の集団・ヤミリンゴ―脈絡のないウワサ達の裏側で、事態は緩やかに動き始める。
白き髪の少年ジェイドは、ある目的のため、その深淵に足を踏み入れようとしていた。
その先に待ち受けるのが、絶対零度の真実とは知る由もなく……。

千年の匣、わだつみの神殿

それは、昔々のお伽噺。海の底には、真珠の宮があるという。
オトヒメが統治するその楽園には、ある一つのしきたりが伝わっていた。曰く、箱を開けることなかれ、と。
時は過ぎ、パルシファル王朝期。長きに亘る凪の時代が終わり、海の底には何やら騒がしい様子。
とある亀との出会いから、アルドは動乱に巻き込まれていく。
千年の匣の過流に、呑まれるがごとく……。

時の炭鉱と夢を見る郷 

かつてそこに存在したという、炭鉱の村。今は廃村と化したその土地の、復興を夢見る青年がいた。
青年の夢に共感し、手伝いを引き受けるアルド。村はずれの炭鉱や、傍らにある森で素材を集め、時に村の外から人を招いては、復興への道を歩んでいく。
しかし、やがて彼らは掘り当てることとなる。時の炭鉱、その奥底に埋もれた、過日の夢の成れの果てを……。

IDAスクール編Ⅱ 胡蝶の街と天の揺り籠

エルジオンが誇る最高学府都市、IDAスクール。膝元にあるIDAシティでは、様々なウワサが流れていた。
空を覆う蝶の群れ・突如として燃え上がる病棟・天空を舞う白い人影―夢と現が織り成す螺旋の中、白制服の集団は事態の収拾に奔走する。時を同じくして絶対零度の少女は、ひとり歩むべき道を探していた。
…白制服の少女は笑う。さぁ、天の揺り籠で眠りましょう。たとえそれが、一抹の夢だとしても……。

天蓋の塔と幽冥の魔女

大陸の片隅に存在する、砂漠の島。天を衝く塔には、蛇の魔物が棲むと伝えられ、見た者を石に変えるとも、大地を枯れさせたとも囁かれる。
時は2万年前、かの地は豊かな緑に覆われていた。そこに集うは、人を探して流れ歩く、異端の者たち。ある者は母をある者は賊を、そして、ある者は仇敵を。
因果は時を超え、天を衝く塔へと帰結する。幽冥の魔女と、彼女を呼ぶ声の主に、翻弄されるまま……。

閉ざされた箱庭と蒼穹の叛逆者

……彼女は今なお考えていた。彼が人間との共存の道を捨て、叛乱に走った、その理由を。
かつての内戦の傷も癒えた曙光都市エルジオン……。しかし、その平穏を静かに蝕む闇があった。
闇の底で、ひそかに牙を研ぐ、赤き合成人間。事件の陰に、常に見え隠れする、KMS社。そして、その存在さえ秘匿される、古き統治機構……。
閉ざされた箱庭で、かの者は、ただ糸を手繰り続ける。失われし叡智の書「クロノス・レポート」を手にせんがために……。

IDAスクール編Ⅲ 導きの果実と電影の迷い子

エルジオン最高の学府都市と謳われる、IDAスクール。かの地を蝕んだ夢意識事件は今、不気味に鳴りを潜めていた。
沈黙に耐えかね、青薔薇の少女は立ち上がる。悪い夢は、まだ醒めていない。白き衣こそが常闇を晴らさん、と。
時を同じくして、0と1の狭間で迷い子は願う。―母に会いたい。それが、決して叶わぬ夢と知っていようとも。青薔薇の少女と電影の迷い子が交わるとき、物語は終止符へと加速する。闇の果実が叶えるのものは、永劫の悪夢か?それとも……。

はじまりの騎士と祈りの魔剣 

……魔剣を巡る彼女の物語は終わりを告げた。輪廻は繰り返され、閉じた円環は常しえに巡る。 終わりなき永遠には、はじまりもまた存在しない。よしんば存在したとして、見ることも触れることもできない……はずだった。 ……世界は容易く反転する。全てが捻れた世界で、彼女が再び背負うこととなる、大いなる宿命とは。 これは、はじまりなき円環に、はじまりを告ぐる者の物語。

失われた正典と銀の不凋花

これは、銀の墨に綴られし、果てなき狂騒劇―エルジオンの地下深くに燦然とそびえ立つ黄金の楼閣、オークションハウス。 ある者は一攫千金を、ある者は幻の宝物を求め、数多の夢追い人たちが、その光芒の元に集う。
うろんな仲介人、謎のライセンス、曰くつきの宝石…… 怪しくもまばゆい煌めきに誘われ、アルドも地下深くへと降りていく。そこで出逢ったのは、氷花の顔容に熾火の執念を秘め、一冊の本を追い求める女性、ソフィアだった。 最高額の魔導書に、沸き立つ常夜の街。その暗闇にうごめく白と黒の影法師。欲望渦巻く地下楼閣を、彼女は駆け上がる。 すべては、終止符を打つ、ただそのために……。

外典[編集]

剣の唄と失楽の翼

……西の大陸。 星に見放された不毛の地で、人々は「神」を心の支えに、耐え忍ぶよう、日々を生きていた。
剣持つ救世主と、十二の翼持つ者たち。かつて西の地を救ったとされる神々は、今はもうない。 彼らのおわすという楽園、「内なる大海」は何処にあるのか。翼持つ子のみが知る唄は、彼の地への標べとなるのか。
それでは、紐解こう。世界の根底に眠る、剣と翼の因果を……。

協奏[編集]

双魂の絆と虚ろの傀儡子

……きっかけは、一輪の花に捧げられた、ほんの小さな願いだった。青き光の向こうに願いの声を聞いた怪盗団は、声の主を救うことを決意する。
一方その頃、時を渡る旅人たちもまた、等しき運命に導かれようとしていた。 時空を超え、交わるはずのなかった双つの魂たちが交錯するとき、新たな世界の扉が開かれる。
影の蔓延る亜空の最奥、傀儡の糸を爪繰る影が、不気味に微笑んでいた……。

双魂の絆と虚ろの傀儡子 ~Promises, Vows, and Rings~

一輪の花が切なる願いを宿すとき、再び双つの魂が巡り合う。 辺境の村の「結婚式場」を時渡る旅人たちが目指す頃、怪盗団は不可解な「花嫁」と遭遇し、再び彼の世界を訪れる。
遠き追憶、儚き約束、そして封じられた想い。 すべてを紐解いた先に、解き放たれた願いとは……。

世界観[編集]

主人公アルドが暮らす大陸をミグレイナ大陸という。その東側に位置する大陸はガルレア大陸、西側に位置する大陸はゼルベリヤ大陸である。

メインストーリーの第1.5部まではミグレイナ大陸を舞台とし、第2部からは東方ガルレア大陸を舞台とする。また、外典「剣の唄と失楽の翼」は西方ゼルベリヤ大陸が舞台である。

ミグレイナ大陸

現代

AD300年。主人公アルド達が暮らす時代。建国から300年を迎える、ミグランス王朝が統治している。プリズムと呼ばれる結晶を使って、人々は豊かに暮らしている。

未来

AD1100年。汚染された大地から逃れるため、人々が天空へ移り住んだ時代。曙光都市エルジオンを中心とした浮遊都市で、日常生活が営まれている。

古代

BC20000年。パルシファル王朝が統治する時代。四大精霊が自然を支配し、人々は精霊からの恵みによって暮らしている。時のパルシファル王は、とある研究のため、巨大な塔を建造しているようだが……。

登場人物[編集]

ここでは、ストーリーに関わってくる人物を紹介する。

アルド

声:内山昴輝
使用武器:剣
本作の主人公。緑の村・バルオキーの若者。16年前に、月影の森で赤ん坊の女の子と共に見つけられる。
フィーネとともに、バルオキーの村長の養子となった。ちょっと不器用だが、正義感、責任感が強く、優しい性格の持ち主でもある。難しいことを考えるのは苦手。村人との仲もよく、最近、村の警備隊に入り、新入りとして村の見回りを行っていたりする。だれも鞘から引きぬくことのできない、巨大な謎の剣を腰に吊るしている。
公式運営によって行われた人気投票では、2018年に2位、2019・2020年に1位と、ユーザーから高い支持を得ている。困っている人を見かければすぐに助けようとするため、エイミ等から「お人好し」と言われることがある。また、異性から自分に向けられる恋愛感情に鈍く、一部のキャラクタークエスト内では「ニブチン」扱いされることもしばしば。(ただし自分以外に向けられた好意であれば気づくことはあるため、恋愛自体に関心がない訳ではない。)

フィーネ

声:茅野愛衣
使用武器:杖
16年前赤ん坊のときに月影の森で拾われたアルドの妹。ある強大な力を持つため、魔獣王にさらわれてしまう。警護団に所属しているアルドは寝起きが悪いため、彼を叩きおこし、弁当として手作りのサンドイッチを作るのが日課。
本人曰く、怒らせるとちょっと怖い。

エイミ

声:佐藤利奈
使用武器:拳
エルジオンのガンマ区画にあるウェポンショップ「イシャ―ル堂」の看板娘。
合成人間と戦うため日々鍛錬している。無骨な父親との2人暮らしで家事全般を担当。しかし大雑把な性格が災いして3回に1回はケシズミ料理ができあがってしまう。
幽霊、お化けなどを怖がる一面がある。

リィカ

声:釘宮理恵
使用武器:槌
エルジオンの巨大企業KMS社製の作業用アンドロイド。
人間に近い人工知能を有しており、ものを愛でることができる。内部のブラックボックス部の干渉により方向音痴などのエラーの出ることが…。

サイラス

声:千葉繁
使用武器:刀
カエルの姿をした謎の剣士。姿を隠すようにしてひっそりと暮らしている。その素性、経歴など一切が不明だが、東方の国の出身であるらしい。
剣の腕はかなりのもので、ざっくりとした男らしい性格だが、かなり気が短くちょっとおっちょこちょいなところも。
推定年齢37歳。

ヘレナ

声:田中理恵
使用武器:杖
合成人間。年齢的には20代なかばという設定で、設計された。
合成人間の開発当初、エルジオンの天才科学者クロノス博士によって制作された特殊モデルであり、精神的にも非常に人間に近いレベルに達しているとされる。
沈着冷静で、クールな性格。人間との共存の道を捜したいと考えている。

ギルドナ

声:置鮎龍太郎
使用武器:剣
かつて魔獣王として魔獣軍を統率し、ミグランス王国軍に戦いを挑む。結果アルド達に敗れてこの世界より消滅する。だが、フィーネのジオ・プリズマの力により肉体を再構成されて、16年前の若き日の姿、記憶で今一度生を受けることに。
自信満々、自己中心的で頑固だが、弱い者に向ける眼差しは優しい。

アルテナ

声:竹達彩奈
使用武器:弓
魔獣の娘。かつて魔獣王であったギルドナの妹でもある。幼い頃に月影の森でフィーネと出会い親友になった。やさしい穏やかな性格であり周囲を気遣い思いやれる心の持ち主。オーガ戦役の際には、オーガゼノンによって精霊大剣に姿を変えられたことも……。
キノコウメが好物という、案外渋い嗜好を持っている。

ガリアード

声:磯部勉
使用武器:槍
人間に対して反旗を翻した合成人間が組織する反乱軍の元リーダー。
「創世のランス」という長大な電子槍を重装甲バイクの上で軽々と振り回す。
ヘレナと共にクロノス博士の手で作られた、世界に立った二人のプロトタイプ機で「クロノス・レポート」にも何らかの関係があるらしい。


以下では外伝に関わってくるキャラクターを紹介する。

「祈りの魔剣」編

ディアドラ

声:内田真礼
魔剣士を名乗る謎多き女性。どこか神秘的な黒い影を漂わせている。
ミグランス王宮騎士団に所属しているが正式な騎士ではなく傭兵という立場。目覚ましい武勲を上げている反面、手段を選ばないため、黒い噂が絶えない。聖騎士のアナベルとは、犬猿の中でお互い顔を見ただけで頭痛がするという。

アナベル

声:沢城みゆき
王国騎士団に所属する凄腕の女性騎士。優れた武勇と固い忠義を併せ持ち、『聖騎士』の称号を国から賜っている。
生まれた時から胸に聖痕を宿しており、初代聖騎士アンナの生まれ変わりとも。
幼い頃、魔獣に故郷の村を滅ぼされた。唯一の生き残りとして保護された彼女は、魔獣という悪に今日も立ち向かう。

ラディアス

声:浅川悠
刃を隠した巨大な剣を背負う女性剣士。傭兵として日々雑多な依頼をこなす。
本人は自らをミグランス王国の出身だと称しているが、彼女のことを知る者はなく彼女自身も少々記憶に混乱がある様子。様々なウワサを囁かれているがどれも憶測の域を出ない謎の多い人物である。

「IDAスクール」編

ジェイド

声:中井和哉
IDAスクールに突如として出現した氷の異世界で行動を共にすることになった白髪の青年。
常に鋭い眼光と険しい表情を崩さない一匹狼だが、根は優しく、熱い性格のよう。
ヤミリンゴを食べ、氷の異世界に飲み込まれた少女を助け出したいという強い意志を覗かせる。

サキ

声:安済知佳
父による実験の結果、感情が具現化する力を望まずして得てしまった過去を持つ少女。
ヤミリンゴ事件を通して力そのものは封じられたものの、感情の暴走によって友人を傷つけそうになった過去の記憶は簡単には消えず、ヤミリンゴ事件の後、自分の中に芽生えた新たな力に対しても、向き合い方がわからないままでいる。

イスカ

声:石川由依
IDAスクールの自治部隊『IDEA』の会長。
蝶のような優雅さと湖面のような冷静さに加え、剃刀のように切れる頭脳を併せ持ち、選りすぐりの少数精鋭部隊であるIDEAにおいても、全幅の信頼を寄せられている。
人生を賭けて追っているひとつの謎があるようだが……。

クロード

声:諏訪部順一
IDAスクールの最上級生で、IDEAのメンバーでもある。
大昔に滅んだ国の王族の末裔であり、祖国の再興を大真面目に掲げている。
王たらんとしているため、品行方正で努力を怠らない真面目な生徒。気品ある物腰とルックスもあいまって、王子や貴公子と呼ばれ慕われている。

ヒスメナ

声:瀬戸麻沙美
IDAスクールの自治部隊『IDEA』で一番槍を担う凄腕の槍使い。
難しいことは考えず本能的に動く傾向があり、至近距離の一騎打ちにおいてはIDEAの会長であるイスカをも凌ぐとウワサされる。
エルジオン御三卿の一角ルナブライト家の嫡子で家督を継ぐ立場があるが、彼女はそれを一概には喜んではいないようで…。
ゲームが趣味。


以下では外典に関わってくるキャラクターを紹介する。

クラルテ

声:甲斐田ゆき
記憶を失い倒れているところをアルド達に助けられた謎多き人物。
記憶を失う前はメリナやノアとの面識を匂わせる発言も散見されたが今となってはその真意を知ることは難しい。
西方の教会本部にて救いを求める謎の声を聞いたことだけは薄っすらと記憶しており、それを頼りに西の地を目指すこととなる。

メリナ

声:村川梨衣
遥か西の大陸から、とある教団の名を広めるために派遣された少女。
膨大な魔力を身に秘め、若くして教団内をのしあがった高位の神官である。その幼さとは裏腹に成熟した精神の持ち主。
一緒にいる青い動物はノアという名前で、メリナが唯一心を許せる相手である。

チルリル

声:水瀬いのり
自らを「剣持つ救世主」の生まれ変わりと主張する少女。
剣持つ救世主は西方教会で神と崇められる存在で、本来自称するなど異端認定してくださいと言っているようなものだが、あまりにも荒唐無稽な主張のため異端審問官からも相手にされていない。実力は確かだがもうひとりの神童(メリナ)に圧され永遠の2番手を宿命づけられた悲運の人。
一緒にいる白い動物はモケという名前で、チルリル曰く勝手についてくるようになったとのこと。
語尾に「なのだわ!」をつけた特徴的な話し方をする。

プライ

声:安齋龍太
博愛を是とする神官団の一員。
大柄な体躯と膂力を持つ苛烈な戦いぶりは、「サラマンダーのように熱い男」と仇名されるほど。だが、その信仰と情熱のままに行動するため基本空気が読めない。
チルリルの部下にあたる。メリナのことが苦手。

ロゼッタ

声:沼倉愛美
はるか西の大陸にある教団で異端審問官として働いている、霊妙な雰囲気の女性。
「裏のない人間などこの世に存在しない」という言葉をモットーにしている。彼女に審問室へと呼び出されて異端の判決を免れた者はいないとまで囁かれており、みな彼女の脇を通る際は粛然と襟を正すのだという……。
実際には、ロゼッタ曰くただ一人、プライのみ異端認定することが出来なかった。プライの暑苦しさから、彼のことを苦手としている。

ミストレア

声:能登麻美子
背中に鳥のような翼を持つ神秘的な少女。自らのことを「翼人」と称する。
故郷の村にいた頃はその一帯にかけられた強力な呪いによって飛行する力が著しく制限されたらしく自由に飛び回れることに感動してやまない。
西の教団に伝わる「十二の翼持つ者たち」と何らかの関係がありそうだが……。

システム[編集]

バトル[編集]

バトルの進め方

バトルが始まったらメンバーのコマンドを選んで敵と戦う。アナザーエデンのバトルはターン制によって行われ、全てのエネミー(敵)を倒すと勝利となる。フロントメンバーが全員倒されると、全滅となりバトルに敗北する。

・「攻撃」コマンドを選ぶと速度のステータスが高いキャラクターから行動する。

・キャラクターをタップするとスキルを選択できる。スキルを長押しすると敵の弱点などを見ることができる。

・コマンド選択中に敵をタップすると、そのキャラクターが攻撃する敵を変更できる。また、それ以外のときに敵をタップすると、味方全員の攻撃する相手を選べる。

・バトル中、サブメンバーは、毎ターンHPやMPが回復する。倒れそうな味方がいたら、コマンドから「チェンジ」を選び、サブメンバーに下げて回復させることが推奨される。なお、バトルが終了すると、メンバーの配置は初期状態に戻る。

・サブメンバーがフロントに移動すると、そのキャラクターが持つ「ヴァリアブルチャント(VC)」が発動する。ヴァリアブルチャントにはさまざまな効果があり、フロントメンバーのステータスを上げたり、敵のステータスを下げたりする。

・バトルに勝利して経験値を溜めるとレベルアップし、アビリティを開放できる「AP」が手に入る。

アナザーフォースと必殺技

敵を攻撃するとアナザーフォースゲージが溜まり、ゲージが半分以上になるとボタンが押せるようになり、「アナザーフォース」を発動できる。

アナザーフォースは敵の時間を少しの間止めることができる。この間はスキルをMPを消費せずに使用でき、一方的に攻撃して大ダメージを与えられる。さらに、発動中に連続で攻撃するとコンボが発生し、パーセンテージが高くなるにつれて、敵に与えるダメージが大きくなる。アナザーフォースゲージをゲージいっぱいまで溜めて発動させた場合、フロントメンバーの組み合わせによって必殺技を使うことがある。

ZONE(ゾーン)

ZONEが発動している間、バトルのルールが変わる。特定の属性が強化・弱体されるなど、ZONEごとにさまざまな効果がある。ZONEはターン経過で解除されない。ただし、ZONEは後から使用されたZONEで上書きすることができる。ZONE発動中は、その種類によってアナザーフォースゲージの溜まり方が変化する。ZONEには四属性(火、水、風、土)と武器種(斬、打、突、魔法)の計8種がある。

ルナティック

雷、陰、晶の三属性のキャラクターは、通常攻撃の代わりに「ルナティック」が設定されている。「ルナティック」を選択することで、戦闘中に1回だけルナティック状態になることができる。ルナティック状態になったキャラクターは強力な特殊効果を得ることができる。ルナティック状態は3ターン経過するか、倒されることで解除される。

・帯電…自身の攻撃1Hitにつき、雷属性の追加ダメージを1回敵に与える。

・挺身…自身の防御の値の一部を攻撃に、魔防の値の一部を魔力に変換する。

・複写…選択したスキルを2回連続で実行できる。2回目のスキルの使用時、必要なMPは0になり、アナザーフォースゲージは溜まらない。

FEAR

フィールドにいる大型の敵を「FEAR」と呼ぶ。FEARはフィールド上で徘徊しており、FEARに触れるとバトルが開始する。FEARは非常に強力な敵で、倒すことができるとレアな素材や勲章を獲得できる。FEARの危険度は、ミニマップのアイコンの色で確認できる。(高→赤色、中→橙色、低→青色)

キャラクター育成[編集]

アビリティボード

「Menu」から「ボード」→メンバーの順に選ぶとアビリティボード画面で、そのキャラクターの持つアビリティを確認できる。アビリティは、APを消費することで解放でき、ステータスを強化したり、特定の属性への耐性を強化したり、新たなスキルを覚えたりできる。

クラスチェンジ

各キャラクターには、クラスが割り振られている。クラスによって装備できる武器・防具、覚えられるスキルが異なる。「記憶の書」という特殊なアイテムを使って、上位のクラスにクラスチェンジできる。クラスチェンジすると、そのクラスのアビリティボードに進めるようになり、より強力なスキルを覚えたり、レベルの上限が上がったりする。

アナザースタイル

特定のキャラクターには、スタイルが変更されるクラスがある。独自のアビリティボードを持っている為、スキルや能力が異なる。出逢いまたはクラスチェンジでアナザースタイルを取得することで、切り替えることが可能。キャラクター詳細にある「スタイル」を選択すると、各スタイルを切り替えることができる。

グラスタボード

「Menu」から「グラスタ」→メンバーの順に選ぶとグラスタボード画面で、任意のグラスタをキャラクターごとに装着することができる。グラスタを装着することでステータスを強化したり、アビリティ効果を得ることができる。非活性化状態のグラスタは装着できない。グラスタの欠片を集めて猫神の祠で結合し、活性化状態または覚醒状態にすることで装着できるようになる。

お楽しみ要素[編集]

アナザーダンジョン

アナザーエデンにおける主要な周回コンテンツ。アナザーダンジョンは通常のダンジョンと違い、非常に攻略難易度が高いエリア。「特別なアイテムを入手できる」「バトルで得られる経験値が多い」などのメリットがある。アナザーダンジョンに挑戦するためには、難易度にあった「カードキー」が必要になる(グリーンキーとレッドキーの2種)。カードキーは1日に4回1個ずつ回復する。

釣り

外伝「千年の匣、わだつみの神殿」の1章を進めることで解放されるミニゲーム的コンテンツ。進めることで、とあるキャラクターを仲間にすることができる。フィールドに釣り場アイコンが表示されていることがある。触ると釣り場に入り、釣りをすることができる。釣りをするにはエサをセットして、水面をタップすることで投げ入れることができる。ウキが沈んだタイミングを見計らってタップして釣り上げる。

炭鉱の村

外伝「時の炭鉱と夢を視る郷」を開始することで行けるようになる「炭鉱の村」では、クエストなどさまざまイベントが発生する。その村の村人と協力して村を発展させていくこととなる。炭鉱の村の「炭鉱」や「マクマクの森」内にあるキラキラをタップすると、炭鉱の村の開拓で使用する素材を入手できる。採掘・採集済みの場所でも時間がたつと再度採掘をすることができる。村人に専用素材を渡して建物や道具の製作依頼をすることができる。

アにゃザーエデン 時空を超える猫達

猫を操作して冒険をすることができる。遊ぶためにはメインストーリー第1部とクエスト「縄張りを超える猫」のクリアが条件。サブクエスト「踊れ!肉球輪舞曲」において、猫同士で戦う「ネコバトル」を行ってストーリーを進めることがメインとなる。フィールドやダンジョンで新たな道が見つかる他、★4ガチャキャラクター「ビヴェット」の★5クラス解放、隠しボス、特殊なグラスタの入手など豊富な内容となっている。

クエスト[編集]

サブクエスト[編集]

NPCや世界観の掘り下げとなるサブシナリオである。クリアするとクロノスの石や、素材・経験値アイテムなどが報酬として獲得できる。

キャラクタークエスト[編集]

★4以上のレアリティーを持つキャラクターにはキャラクタークエストが用意されている。(一部ストーリーキ加入キャラを除く)

主に3話構成の、キャラクター設定を掘り下げるシナリオが用意されており、クリアするとヴァリアブルチャントレベルの上昇やアビリティボードの開放などキャラクター強化が可能である。ただし、受注においてメインストーリーの進行度やキャラクターのレアリティが条件として課されている場合がある。

外伝[編集]

メインストーリーとは異なるシナリオコンテンツである。クエストクリアの他、獲得条件に応じて報酬を獲得できる。以下は外伝のタイトルである。

・二人の騎士と祈りの魔剣          (Ver1.1.0より追加)

・IDAスクール編Ⅰ 絶対零度の鎖      (Ver1.2.0より追加)

・千年の匣、わだつみの神殿         (Ver1.3.0より追加)

・時の炭鉱と夢を見る郷           (Ver1.4.1より追加)

・IDAスクール編Ⅱ 胡蝶の街と天の揺り籠  (Ver1.6.0より追加)

・天蓋の塔と幽冥の魔女           (Ver1.8.0より追加)

・閉ざされた箱庭と蒼穹の叛逆者       (Ver1.9.0より追加)

・IDAスクール編Ⅲ 導きの果実と電影の迷い子(Ver2.1.0より追加)

・はじまりの騎士と祈りの魔剣        (Ver2.3.0より追加)

・失われた正典と銀の不凋花         (Ver2.4.0より追加)

邂逅[編集]

高難易度コンテンツの1つである。強力な相手と勝負をし、すべてに勝利することができれば強力なキャラクターを仲間にすることができる。入手できるキャラクターは★5ガチャキャラクターに相当する。一部ストーリー加入キャラクターの★5クラスが開放されるクエストもこのコンテンツに該当する。以下は邂逅のタイトルである。

・アザミ編

・ガリユ編

・シェリーヌ編

・胡蝶の街と天の揺り籠AfterIncidents

・復活の魔獣王いにしえの冥約

・天蓋の塔蘇る魔性翻る剣先

・閉ざされた箱庭OneOtherOrdeal

断章[編集]

★4ガチャキャラクター「ミーユ」、「シエル」の焦点を当てたストーリーコンテンツである。クリアするとそれぞれの★5クラスが開放され、キャラクター専用武器なども入手可能。以下は断章のタイトルである。

・小さな王女の小さな大冒険

・異邦の空と自由への箱舟

外典[編集]

外伝に近いコンテンツだが、長期間にわたってストーリーが公開されていく連載型長編コンテンツである。「外伝の約4倍のボリューム」「全10話構成」を予定していると発表した。以下は外典のタイトルである。

・剣の唄と失楽の翼

協奏[編集]

コラボレーションコンテンツである。2019年12月12日より「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」とのコラボが開始された。無期限で開催されているため好きな時にプレイすることが可能。期間限定ガチャも存在しない。2020年10月29日より第2弾コラボが開始された。以下は協奏のタイトルである。

・双魂の絆と虚ろの傀儡子

・双魂の絆と虚ろの傀儡子 ~Promises, Vows, and Rings~

トラブル[編集]

  • 2018年9月、特定の条件で夢見の出逢い(ガチャ)の再抽選を行うプログラムがあったと発表した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 劇中表記ではB.C20000年
  2. ^ 2018.09.19 夢見の不具合につきまして

外部リンク[編集]