ルッカ (クロノ・トリガー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロノ・トリガー > ルッカ (クロノ・トリガー)

ルッカ (Lucca) はスクウェアコンピュータRPGクロノ・トリガー』に登場する架空の人物。フルネームはルッカ・アシュティア (Lucca Ashtear) 。

プロフィール[編集]

  • ルッカ:19歳 160cm 48kg
  • 主人公「クロノ」の幼馴染
  • 大きな眼鏡がトレードマーク
  • 機械いじりや発明が得意
  • 属性は火。ガン(銃)を武器として使う。父親タバン、母親ララと「現代」に暮らしている

ゲーム中での活躍[編集]

主人公クロノの友人。最初に名前が出てくる仲間であるが、実際に登場するのはマールと出会った後である。ゲームを開始した最初のシーンでクロノの母ジナが千年祭へ行くクロノを起こすが、その際にジナはクロノの幼馴染である発明家の少女の名前をど忘れしてしまったため、ルッカの名前入力画面が表示される。クロノが千年祭へルッカの発明品テレポットを見に行く道すがら、偶然クロノとぶつかり行動をともにすることになったマールは、自ら進んでテレポットの実験台になる。しかし、古代ジール王国の遺産であったペンダントとテレポットの相互作用が起こり、マールは400年前へ送り込まれてしまった。

ルッカはクロノの住むトルースの町と橋でつながった小島に両親と暮らしている。父タバンの本業は鍛冶屋で、いつも外で働いており、家にいるときはストーリーが進む度にルッカ用装備を与えてくれる。母ララは10年前にタバンの作った機械に巻き込まれて重傷を負い、歩けなくなっている。部屋を掃除しようとしたララは誤って機械を作動させてしまい、ベルトコンベアにスカートのすそを挟まれてしまったのである。彼女はルッカにパスワードを入れるように言うが、幼いルッカにはそれができなかった。

A.D.990年に起こったこの事件から、彼女の科学に関心を持つに至った経緯が明らかになる。父が安全な機械を作るのを手伝うため(歴史を変えなかった場合は、母を再び歩けるようにするためにも)科学の道を目指すようになったのである。なお、終盤のサブイベントではルッカが10年前の事故が起ったA.D.990年7月10日へ行き、事故から母を救うことができる。

彼女と父親、そして鍛冶屋であるボッシュの能力は、終盤のサブイベントで虹の貝殻と太陽石から作られる最強の装備を作るために大いに役立った。

特徴[編集]

ルッカの物理攻撃の武器はガン()である。近接する敵を攻撃するときはハンマーを使うモーションになるが、これにより攻撃力が変わるわけではない。ゲーム開始直後は戦闘力に欠けるが、マールとは違い発明品による技攻撃が存在するため序盤から属性攻撃が可能である。

魔法属性はで、ファイア、ファイガ、フレアといった火属性魔法と、火炎放射器や爆弾、催眠音波といった発明品での攻撃を使う。

素早さに欠けるが魔力はパーティメンバーでトップクラス。彼女が絡む連携は全て火属性もしくは冥属性の攻撃であり、属性攻撃に特化したキャラクターである。

ゲーム後の行方[編集]

ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-』のメインシナリオ「Kid 盗めない宝石編」では、ルッカが同作のヒロインであるキッドの育ての姉であったということが語られる(他のシナリオでは設定が異なる)。この作品では、ルッカがかつて同作の悪役であるヤマネコ大君に殺害されたことを示唆する描写がある。

プレイステーション版『クロノ・トリガー』以降で追加されたエンディングムービーではロボを模した小さなロボットを作っている。そして森の中でペンダントを持った孤児を見つけて引き取る様子が描かれている。

クロノ・クロス』ではルッカ・アシュティアというフルネームが設定され、同作より過去の話として彼女の家が孤児院(ルッカハウス)として増築されている様子が描かれている。前述の『ラジカル・ドリーマーズ』同様、同作のヒロインであるキッドと名付けられた孤児を引き取って育てていたが、その後同作の悪役であるヤマネコとツクヨミがあらわれ、彼らの放った炎に孤児院は包まれる。その後のルッカの運命はゲーム中で明らかになっていない。同作の主人公セルジュが過去の時間軸に飛んで幼いキッドを燃える孤児院から救い出すイベントがあり、その後でルッカの友人ジャキと同僚ルチアナに寄せた最後のメッセージが見つかる。また、ゲーム中では子供の姿で現われ、ゲーム終盤でルッカ自身が「私達はこの時間軸には存在しない」という旨を発言しており、『クロノ・クロス アルティマニア』では「(同作の時間軸では)既に彼らが故人であることの暗示」とされている。

備考[編集]

  • ゲーム中のイベントにて、過去のララを救うためにパスコードの入力を要する場面がある。タバンのメモから彼の愛する者の名前であるというヒントを得ることができるが、入力する際にはその名前の綴りを実際のスーパーファミコンのコントローラーのボタン名、すなわち「L・A・L・A」の順でボタンを押すことになる。
    • 英語版ではララの綴りがLaraに変更されており、それに合わせ入力するボタンも「L・A・R・A」の順となっている。これは、ニンテンドーDS移植版で英語設定にした場合も適用される。
    • プレイステーション移植版では「L1・○・L1・○」(英語版では「L1・○・R1・○」)の順で入力するため、ヒントの関連性がなくなってしまった。ただしゲーム中ではノーヒントではあるが、取扱説明書にはパスコード入力関連のイベントの際のボタン対応表が記されており、○ボタンが「A」に対応していることを知ることができる。
    • 携帯電話アプリ(フィーチャーフォン)移植版では電話機のカナ入力に沿って「らら」に対応した「9・9」の順となっている。
    • スマートフォン移植版では画面に10個の文字ボタンが表示され、正しい綴りのボタンを選んで順番に押していく形式となった。
    • 上記と同様のイベントは『クロノ・クロス』のルッカハウスにも登場し、ゲーム内のヒントに沿ってパスコードを入力することで、ルッカがキッドに託した発明品を手に入れることができる。プレイステーション移植版『クロノ・トリガー』とはボタンとアルファベットの対応が異なり、ゲーム中のヒントとして提示される文字対応に従って「L1・△・L1・△」(英語版では「L1・△・R1・△」)となっている。
  • ルッカはスクウェアの別のゲーム『ゼノギアス』の最初の村であるラハン村にもゲスト出演している。製品版以外にも、プレイステーション版『チョコボの不思議なダンジョン』付属の「不思議なデータディスク」に収録された体験版にも登場していた(ただし、製品版のルッカは『クロノ・トリガー』を再現した衣装だが、体験版では汎用グラフィックとなっている)。このラハン村のイベントを担当したのはクロノシリーズのスタッフの加藤正人であり、インタビューにてルッカがこの場所に出てくる理由について答えている。