林茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 茂樹(はやし しげき、1885年明治18年)8月 - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚

経歴[編集]

広島県比婆郡東城町(現在の庄原市)出身[1]1912年(明治45年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、高等文官試験に合格[1]。朝鮮総督府試補、財務局司計課長、専売局製造課長、鉄道局経理課長を歴任した[1]1929年(昭和4年)、全羅北道知事となり、のち慶尚北道知事に転じた[1]1931年(昭和6年)に学務局長に就任し、1933年(昭和8年)に退官した[1]

退官後は、朝鮮殖産銀行理事、朝鮮米穀倉庫株式会社取締役、朝鮮火災海上保険株式会社取締役、漢城銀行頭取、京春鉄道株式会社社長などを務めた[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『財界二千五百人集 満蒙及朝鮮篇』 財界二千五百人集編纂部、1934年。
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年。