2004年アテネオリンピックの野球競技・オーストラリア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
男子 野球
オーストラリアの旗 オーストラリア
オリンピック
2004 野球

2004年アテネオリンピックの野球競技・オーストラリア代表は、2004年8月15日から25日までギリシャアテネ市内にあるオリンピック・ベースボール・センターで開催されたアテネオリンピックの野球競技に出場した野球オーストラリア代表である。

ジョン・ディーブル2000年シドニー大会から引き続き代表監督を務め、マイナーリーグ所属選手15人、独立リーグ所属選手3人、国内セミプロリーグ所属選手4人、無所属1人に日本プロ野球所属のジェフ・ウィリアムスを加えた編成となった。シドニー大会で金メダル獲得のアメリカ合衆国銅メダル獲得の韓国がともに本大会前の最終予選で敗退する波乱があった。予選リーグの対日本戦では清水直行に5連打を浴びせるなど、9得点を挙げて勝利。また、対オランダ戦では2-22の大量得点差で7回コールドゲームを達成した。対カナダ戦では0-11で大敗したものの、4勝3敗で準決勝進出を決めた。準決勝では6回にブレンダン・キングマン松坂大輔から先制の適時打を放ち、クリス・オクスプリングとジェフ・ウィリアムスの完封リレーで再び日本を下した。決勝戦の対キューバ戦では4回にフレデリク・セペダの2点本塁打で先制を許した。5回にポール・ゴンザレスがソロ本塁打を放ち、一塁二塁から出た大飛球カルロス・タバレスが落球するも捕球の判定となり、フイになった[1]。6回に集中打で5点差にリードを広げられた。キューバには敗れたが銀メダルを獲得し、前大会までの最高7位からめざましい躍進を見せた。捕手のニルソンは、日本野球の経験を生かして研究しており、何度やっても勝てると発言していた[2]

試合結果[編集]

銀メダル(大会通算成績:5勝4敗)

予選リーグ[編集]

  • 8月15日 ゲーム1、試合開始時刻:10:30(試合時間:2時間33分、入場者数:1,549人)
キューバの旗 キューバ(1勝) 4 - 1 オーストラリアの旗 オーストラリア(1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 5 3
キューバ 1 0 1 0 0 1 1 0 - 4 10 1
  1. オ : ●アンダーソンオウ - ニルソンアティング
  2. キ : ○パルマラソマルティネス - ペスタノ
  3. : パルマ(1勝)  : アンダーソン(1敗)  S: マルティネス(1S)  
  4. :  キ – エンリケス1号ソロ(1回、アンダーソン)、ウルティア1号ソロ(6回、アンダーソン)
  • 8月16日 ゲーム5、試合開始時刻:10:30(試合時間:2時間25分、入場者数:1,054人)
オーストラリアの旗 オーストラリア(2敗) 0 - 3 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ(1勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
チャイニーズタイペイ 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3 8 2
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. チ : ●王建民曹錦輝 - 葉君璋
  2. オ : ○スティーブンストンプソンJ・ウィリアムスストックマン - ニルソン
  3. : 王建民(1勝)  : スティーブンス(1敗)  S: 曹錦輝(1S)  
  • 8月17日 ゲーム11、試合開始時刻:18:30(試合時間:2時間25分、入場者数:996人)
イタリアの旗 イタリア(3敗) 0 - 6 オーストラリアの旗 オーストラリア(1勝2敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 2 4 0 6 12 0
イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
  1. オ : ○オクスプリングローランドスミス - ニルソン、アティング
  2. イ : ●マルケザーノミラノニヤリ - ビスチェリ
  3. : オクスプリング(1勝)  : マルケザーノ(1敗)  
  • 8月18日 ゲーム14、試合開始時刻:11:30(試合時間:3時間19分、入場者数:1,653人)
日本の旗 日本(3勝1敗) 4 - 9 オーストラリアの旗 オーストラリア(2勝2敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリア 0 0 0 3 0 0 3 3 0 9 15 1
日本 0 0 0 1 3 0 0 0 0 4 9 1
  1. オ : ストックマン、ロイド、○ローランドスミス、J・ウィリアムス - ニルソン
  2. 日 : 清水岩瀬、●三浦石井安藤 - 城島
  3. : ローランドスミス(1勝)  : 三浦(1敗)  S: J・ウィリアムス(1S)  
  4. :  オ – ニルソン1号ソロ(8回、安藤)  日 – 福留2号3ラン(5回、ロイド)
  • 8月20日 ゲーム19、試合開始時刻:18:30(試合時間:2時間50分、入場者数:3,306人)
オーストラリアの旗 オーストラリア(3勝2敗) 11 - 6 ギリシャの旗 ギリシャ(5敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ギリシャ 3 1 0 0 0 1 0 1 0 6 14 0
オーストラリア 0 0 3 0 0 2 5 1 - 11 10 0
  1. ギ : ザバラスクレミダン、●スペンサーシカラスハイズラー - コウサントナキス
  2. オ : アンダーソン、トンプソン、○ローランドスミス、ロイド、オウ - ニルソン、アティング
  3. : ローランドスミス(2勝)  : スペンサー(1敗)  
  4. :  ギ – マエストラレス1号ソロ(2回、アンダーソン)、カボリアス1号ソロ(8回、ローランドスミス)  オ – ゴンザレス1号2ラン(3回、ザバラス)、ロンバーグ1号ソロ(3回、クレミダン)、ロンバーグ2号ソロ(6回、クレミダン)、キングマン1号3ラン(7回、シカラス)
  • 8月21日 ゲーム23、試合開始時刻:18:30(試合時間:2時間14分、入場者数:1,475人)
オランダの旗 オランダ(2勝4敗) 2 - 22(7回コールド) オーストラリアの旗 オーストラリア(4勝2敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
オーストラリア 9 5 5 1 0 2 0 22 17 2
オランダ 0 1 0 0 1 0 0 2 4 1
  1. オー : スティーブンス、○ルイス - ニルソン、アティング、ウィグモア
  2. オラ : ●マドゥロベリヤーツスミットコルデマンスドライハー - イセニアデヨング
  3. : ルイス(1勝)  : マドゥロ(1勝1敗)  
  4. :  オー – ロンバーグ3号2ラン(1回、ベリヤーツ)、フィングルソン1号3ラン(2回、スミット)、ブイゼン1号満塁(3回、スミット)、G・ウィリアムス1号2ラン(6回、コルデマンス)  オラ – デキャスター2号ソロ(2回、ステファンズ)、ミリアード1号ソロ(5回、ルイス)
  • 8月22日 ゲーム28、試合開始時刻:19:30(試合時間:2時間43分、入場者数:3,121人)
オーストラリアの旗 オーストラリア(4勝3敗) 0 - 11 カナダの旗 カナダ(5勝2敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カナダ 0 0 3 2 0 0 0 0 6 11 12 0
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
  1. カ : ○デベイカーオギルトリーマイエット - スチュワート
  2. オ : ●バーンサイド、オウ、ロイド、ストックマン、J・ウィリアムス、ルイス - アティング、ウィグモア
  3. : デベイ(1勝)  : バーンサイド(1敗)  
  4. :  カ – ラドマノビッチ1号2ラン(4回、バーンサイド)、ウェア1号3ラン(9回、J・ウィリアムス)

準決勝[編集]

  • 8月24日 試合開始時刻:11:30(試合時間:2時間43分、入場者数:3,532人)
日本の旗 日本(6勝2敗) 0 - 1 オーストラリアの旗 オーストラリア(5勝3敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリア 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 2
日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
  1. オ : ○オクスプリング、J・ウィリアムス - ニルソン
  2. 日 : ●松坂、岩瀬 - 城島
  3. : オクスプリング(2勝)  : 松坂(1勝1敗)  S: J・ウィリアムス(2S)  

決勝[編集]

  • 8月25日 ゲーム32、試合開始時刻:20:00(試合時間:3時間14分、入場者数:6,950人)
オーストラリアの旗 オーストラリア(5勝4敗) 2 - 6 キューバの旗 キューバ(8勝1敗)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバ 0 0 0 2 0 4 0 0 0 6 13 1
オーストラリア 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 7 0
  1. キ : ベラオデリン、○パルマ、ベタンコート - ペスタノ、マチャド
  2. オ : ●スティーブンス、ローランドスミス、ロイド - ニルソン
  3. : パルマ(3勝)  : スティーブンス(2敗)  S: ベタンコート(1勝2S)  
  4. :  キ – セペダ2号2ラン(4回、ステファンズ)  オ – ゴンザレス2号ソロ(5回、ベラ)

出場選手[編集]

☆はシドニーオリンピックに出場。○は第1回WBCに出場。

野手スタメンまたは途中出場の試合数、投手先発またはリリーフ登板の試合数を記載。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考 起用法
監督 24 ジョン・ディーブル --- -- --
コーチ 2 トニー・ハリス --- -- --
33 ポール・エリオット --- -- --
34 フィリップ・デイル --- -- --
投手 3 ジェフ・ウィリアムス 阪神タイガース リ×4
11 ライアン・ローランドスミス シアトル・マリナーズ傘下A+ リ×4
19 リッチ・トンプソン アナハイム・エンゼルス傘下A+ リ×2
20 ウェイン・オウ ニューヨーク・メッツ傘下A+ リ×3
27 グレアム・ロイド 無所属(査証取得の関係) リ×4
28 ジョン・スティーブンス ボストン・レッドソックス傘下AAA 先×3
31 クレイグ・アンダーソン シアトル・マリナーズ傘下AAA 先×2
35 クリス・オクスプリング サンディエゴ・パドレス傘下AAA 先×2
39 フィル・ストックマン アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下AA 先×1、リ×2
40 エイドリアン・バーンサイド デトロイト・タイガース傘下AAA 先×1
捕手 7 アンディ・アティング クイーンズランド・ラムズ(国内リーグ) ス×6、途×2
14 デーブ・ニルソン クイーンズランド・ラムズ(国内リーグ) ☆○ ス×8
16 ベン・ウィグモア サウスオーストラリア(国内リーグ) 途×3
内野手 4 ギャビン・フィングルソン ニューヘイブンカウンティ・カッターズ(独立リーグ) ス×9
5 ブレット・タンブリーノ ミネソタ・ツインズ傘下A+ ス×4、途×5
6 ロドニー・バン・ブイゼン ロサンゼルス・ドジャース傘下A+ ☆○ ス×9
18 グレン・ウィリアムス トロント・ブルージェイズ傘下AAA ☆○ ス×9
22 ブレンダン・キングマン ブロックトン・ロックス(独立リーグ) ス×8、途×1
23 ポール・ゴンザレス クイーンズランド・ラムズ(国内リーグ) ス×5、途×2
26 クレイグ・ルイス ブロックトン・ロックス(独立リーグ) リ×2 ス×5、途×1
外野手 8 トレント・オルテン ミネソタ・ツインズ傘下A+ ス×2、途×3
10 ニック・キンプトン アナハイム・エンゼルス傘下A+ 途×4
17 ブレット・ロンバーグ ボストン・レッドソックス傘下AA ☆○ ス×9
25 トム・ブライス シカゴ・ホワイトソックス傘下A+ ス×7、途×2

脚注[編集]

外部リンク[編集]