アザーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アザーカー(other car)とは、直訳すれば「他の車」、つまりレースゲームやドライブゲームにおいて、コース上を走行している、プレイヤー以外の車両のことを指す。つまりはモブキャラクターの一種である。

Wikipedia日本語版および本項においては、レースとは直接関係ない一般車両(乗用車バストラックなど)を指してアザーカーと表しているが、この意味合いで使う場合は、明らかな和製英語なので文脈の解釈に注意を要する。

概要[編集]

最近[いつ?]では、実在または架空の公道(市街地、首都高など)を舞台とした作品に登場するレースとは無関係な一般車両を指してアザーカーとする場合が多く、この場合「公道だからレースに参加しない一般車も当然走っている」という発想から生まれた演出で、プレイヤーカーやライバルカーと比べて速度が遅いため、レースをする上での障害物となる。これはクローズドなコース(サーキットなど)でレースを行うならば、本来存在し得ないものである。

なお、メーカーから許可を得て実在する車両の名を用いたレースゲームの中で、特にHondaは扱いに厳しく、公道を違法に走行する演出としてアザーカーを登場させている作品に対しては、原則として車両の許諾を行っていなかった。ただし公道が舞台であっても、アザーカーが走行しないよう封鎖されたコースを使用する作品には許諾をしている[注 1][注 2][注 3]

そのため、元気株式会社より発売された首都高バトルシリーズ[注 4]が、『首都高バトル01』以降のシリーズにてメーカーから許諾を得て実名を出そうとしたのが弊害となり、Honda車は登場できなくなった。湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズ[注 5]でも長らく許諾の出ない状態が続いて来たが、2016年12月稼働開始の『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 5DX+』にて、初めてHonda車が収録された[1]。2012年に発売された『Forza Horizon』及び以降の「Forza Horizon」シリーズはアザーカーの走行するオープンワールドが舞台となっているが、Honda車は収録されている。『ニード・フォー・スピード』シリーズでは、2015年に発売された『Need For Speed(2015)』以降の作品に、Honda車及びAcura車が収録されている。

また、『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE』や『ドリフトシティ』のように、隠しコマンドやアイテムの使用により、アザーカーをプレイヤーカーとして操縦できる機能を備えたゲームも存在する。

アザーカーの描写に関しては作品ごとでその対処が異なる。

  • 『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE』の場合:実車を忠実に再現しており、隠しコマンドで登場させた車両に対してもカローラ(E120前期)ハイエース(H100後期)等と、車種名が明記される。
  • 『ドリフトシティ』の場合:プレイヤーカーとは対極的にあからさまに架空の車種であるという、リアルさを一切無視した描写になっている。多くの車両では、モデル車種の特定すら困難な簡易モデリングにとどまっている。

アザーカーの登場するレース・ドライブゲーム(アーケード・家庭用)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 頭文字D ARCADE STAGEシリーズ(セガ)やバトルギアシリーズ(タイトー)、街道バトルシリーズ元気)など。
  2. ^ この許諾ルールはアーケード・コンシューマゲームのみに限らず、アダルトゲームでも『萌えろDownhill Night 2』などのように許諾されているものがある。
  3. ^ なお、アザーカーが一切存在しないアーケードトレーディングカードゲームの『超速変形ジャイロゼッター』だが、「『実在の車がロボットに変形する』というコンセプトが企業イメージに合わない」という理由で、許諾を出していない[要出典]
  4. ^ 初期の作品では、Honda車をモデルとした車が多数登場していた。車体のデザインは意匠権の範疇だが、ゲーム上では「実車と全く同じデザインというわけではない」として、全て「架空の車」とされていた。
  5. ^ 原作の漫画『湾岸ミッドナイト』ではインテグラTypeRS2000のバトルも描かれたが、ゲーム化の際『アザーカーが登場する』との理由で許可が得られず、別メーカーの車に変更されている。
  6. ^ ホンダ Civic Si CoupeS2000Acura Integra Type RRSX Type Sが登場。
  7. ^ ホンダ Civic Si Coupe、Acura RSX Type Sが登場。
  8. ^ 『ドリフトシティ』の場合はアザーカーが登場するものの、(一部地域におけるクライスラー車を除いて)全ての車種に架空の名称を付けられている為かホンダ車が元ネタと思しき車種が登場している(OMD Metro(シビッククーペ EJ7)Koino Deluxe(MDX)OMD SR13(S2000)OMD Genius(NSX前期))。

出典[編集]

関連項目[編集]