THE 逃走ハイウェイ 〜名古屋-東京〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

THE 逃走ハイウェイ 〜名古屋-東京〜』(ザ・とうそうハイウェイ なごや とうきょう)は、SIMPLE 2000シリーズ第68作目のレースゲーム2004年12月9日に発売された。悪党政治家の汚職を暴くため証拠を集めつつ、実際に4時間かけて東名高速道路の名古屋〜東京まで逃走する。なお、爆走デコトラ伝説のように簡潔に走るゲームではなくグラフィックや走行時間まで再現されている。なお、この記事では2014年4月30日PSVita用に配信された『THE 逃走ハイウェイ フルブースト 名古屋-東京 激走4時間』についても説明する。

また、この記事では『THE 逃走ハイウェイ 〜名古屋-東京〜』をPS2版、『THE 逃走ハイウェイ フルブースト 名古屋-東京 激走4時間』をVita版とする

ストーリー[編集]

自称日本一の名探偵、大河原 源九郎の元に、妙な依頼が舞い込んだ。東京のある女性代議士からの依頼は、有名な大物政治家の汚職を調査であった。 彼女は有力な手がかりを握っているらしい。 しかし、いちはやく察知した大物政治家は、巧妙たる罠で彼女に無実の罪に陥れた。刻々と迫る彼女の裁判。その間、大河原は汚職の調査を慎重に進めていった。 彼女の握っていた情報は確かな物で、大河原は証拠をひとつ、ひとつ確実に集めていった。

そして、彼女の裁判当日、事件がおこった。 大河原事務所から集めた証拠が盗まれたのだ。 愛車に飛び乗った大河原は、高速道路のインターに消えた黒塗りの高級車の後を追う。国家権力まで動かし、大河原を追跡する機動隊。 名古屋~東京へ、果てしなき追跡と逃走が始まったのであった。

登場人物[編集]

大河原 源九郎
主人公で自称日本一の名探偵。元国際A級のレーサーで車に関する知識は人並みはずれである。
女性代議士
調査の依頼主。元総理大臣を父親に持つ家庭に育ち、父と同じ道を歩むべく政治家の道を目指す。
大物政治家
金と権力のみが全てだと信じている男。汚職が発覚すると今の地位を失う事を恐れて全権力を使い大河原の邪魔をする。

システム[編集]

最初は主人公の愛車からスタートする。ただし、途中で車や壁にぶつけて大破するか、ガソリンが切れる(Vita版ではサービスエリアのガソリンスタンドで補給ができる、一度クリアしたら、Healで回復できるが、アイテムを5個も獲得しなければならない)ため必ず他の車を奪い取らなければならない。なお、乗れる車種はスピード重点のスポーツカーから耐久度に優れるトレーラーまで様々。ただし、PS2ではパトカーには乗ることはできない。

証拠を手に入れるには、証拠を盗んだ犯人の車(TARGETの表示のある黒い高級車)に体当たりすれば、一発で炎上し爆発して消え、その際に入手できる。また、途中サービスエリアもあり(PAも登場するが、証拠品は落ちていない。Vita版では入ることは可能で、SA同様車の交換が出来る)そこにも証拠が落ちている。他にもIC案内の標識の横を通過すると画面の左にインターチェンジやSA・PAまでの距離が表示される所まで再現されている。

警察に捕まるか自分の乗っている車が爆発すると、ゲームオーバーとなり、さらにVita版ではコンティニュー10分をくらう。

マルチエンディングを採用しており、証拠を全て集められなかったり、時間内に東京に着けなかった場合、真のエンディングが見られない(vita版では多少取り逃しても見ることが出来る)。ストーリーモードをクリアすると、ノンストップモードが解放される(ただし途中でセーブができない)。

登場インターチェンジ[編集]

東名高速道路を参照。なお、どのインターチェンジも降りることはできない。また新東名高速道路や首都圏中央連絡自動車道といった発売後に開通(更新)したIC(SICを含む)やJCTは登場しないが、建設中の海老名JCTらしい風景が描かれている。Vita版は風景等を一新し、2014年版として登場しているため、PS2版には無かったICやJCTが登場する。

  • ステージ2にある豊橋料金所2007年に廃止となっているため、現在は架空の料金所となっている。
  • 東名高速道路には本来、バス停が存在するが、本作では電光掲示板と共に未登場。Vita版ではバス停も再現されている。

ステージ[編集]

本作は東名高速道路を6つのステージに分けていて、ステージをクリアすると、データをセーブすることができる。途中にはサービスエリアがあり、Vita版ではそこでもセーブできる。ステージごとに難関があり、ステージを追うごとに難易度が上がる。

ステージ1 名古屋〜岡崎
これはどのステージにも共通だが、あちらこちらに検問があり、プレイヤーはそれを突っ切ることになる。大検問は岡崎IC付近にある。
ステージ2 岡崎〜浜松
このステージでは、所々渋滞している箇所がある。大検問は豊川IC付近と宇利トンネル付近、浜松ICにある。トレーラーで突っ切っていくと楽に行ける。
ステージ3 浜松〜静岡
天竜川橋〜掛川IC吉田IC付近には濃霧がかかり、視界が非常に悪くなる。菊川IC〜相良牧之原ICには3車線区間(実際は2車線+登坂車線)が、焼津IC静岡IC間に日本坂TNがある。大検問は静岡ICにある。
ステージ4 静岡〜御殿場
このステージの難関は渋滞である。
ステージ5 御殿場〜厚木
ステージ中には大雨が降る地域がある。
ステージ6 厚木〜東京
東京IC付近では大検問が連続してある。

登場車種と特徴[編集]

ここではPS2版の登場車種を解説する。登場車種は全58種(実際は以下の12種の色違い)。各車種3〜7種の色がある。

各車種の最高速度(km/h)はモデルとなった車の馬力(ps)とほとんどの車種で同じである。

セダン
トヨタ・クラウン(S130系・8代目)がモデル。カラーバリエーションは、青、赤、緑、黄、黒、白、銀。
パトカーとしても使われている。走行性能と燃費、取り回し、耐久力が大体全車種の中間にあるごく一般的な車である。最高速度は190km/hである。
ステーションワゴン
日産・ステージア(wc34型・初代)がモデル。カラーバリエーションは、青、赤、緑、黄、黒、白、銀。
性能はセダンとほぼ同じである。ただ、耐久力はセダンより優れている。最高速度は190km/hである。
ワゴン
日産・キャラバンホーミー(E24型)がモデル。カラーバリエーションは、黒、白、銀。
乗用車の中では大きく、重いので走りや燃費、取り回しは劣っている。最高速度は170km/hである。パトカーとしても使われている。
デザインが実車と若干異なっている。フロントはバン、リアはコーチになっており、実際このデザインのモデルは存在しない(逆は救急車などで存在する)。
高級車
日産・シーマ(Y33)がモデル。カラーバリエーションは、黒、白、銀。
形状はセダンと同じだが、性能はセダンよりも優れている。走行性能は全車種の中でも優れている方である。最高速度は220km/hである。
証拠を盗んだ犯人の車でも使われている。
SUV
スバル・フォレスター(初代)がモデル。カラーバリエーションは、青、赤、黒、白、金、銀。
ワゴンと同様、大きくて重いが、走りの方はワゴンよりはよい。乗用車の中では丈夫である。最高速度は180km/hである。
クーペ
ホンダ・プレリュード(4代目)がモデル。パトカーとしても使われている。
(青、赤、緑、黄、黒、白、銀)
走行性能、ハンドリングがスポーツカーに次いで優れている。最高速度は210km/hである。
スポーツカー
ホンダ・S2000(初代)がモデル。主人公の愛車で、この車からスタートする。カラーバリエーションは、青、赤、緑、黄、黒、白、銀。
黒いスポーツカーのみが唯一のマニュアル車である。
最高速度は250km/hで加速にも優れているスピード重視の車。車体が小さいのでハンドリングもいい。だが、耐久力と燃費は大いに劣る。
軽自動車
スズキ・アルト(4代目)がモデル。カラーバリエーションは、青、赤、黄、白、銀。
車体が小さく軽いので、燃費に優れ、ハンドリング、加速力もいいが、車体が軽い分耐久力が極めて弱いのでSUVやトラックなどの車体が大きくて重い車に当たると、一発で火を噴くことも少なくない。最高速度は160km/hである。
軽トラック
スズキ・キャリイ(10代目)がモデル。カラーバリエーションは、青、黄、白、銀。
軽自動車と同様に車体が小さく軽いので、ハンドリングと燃費はきわめてよく、耐久力が劣っている。軽自動車との違いは、加速性能がトラックやバス並みに劣っていることである。耐久力の方は、軽自動車よりは少し丈夫である。最高速度は160km/hである。
トラック、トレーラー
三菱ふそう・ファイターがモデル。カラーバリエーションは、トラック:緑、橙、白、トレーラー:青、赤、緑。
車体が大きくて重く、頑丈であるが、その分走りと燃費、取り回しの方は大いに劣る。最高速度はトラックは160km/hでトレーラーは150km/hである。
トレーラーは一定のダメージを受けると、後ろの荷台が切り離される。
バス
日野・セレガ(初代)がモデル。カラーバリエーションは、赤、黄、白。
トラックと同様に、車体が大きくて重く、走りと燃費、取り回しには大いに劣る。最高速度は150km/hである。乗降ドアが左側にしかないので、左側から乗らなければならない。実際の観光バスのドアはスィングして開くが、このゲームでは通常の車のドアのように開く。

脚注[編集]