つくば中央インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つくば中央インターチェンジ
料金所(2012年8月撮影)
料金所(2012年8月撮影)
所属路線 首都圏中央連絡自動車道
IC番号 76
本線標識の表記 つくば中央
起点からの距離 153.9km(茅ヶ崎JCT起点)
常総IC (10.5km)
(4.1km) つくばJCT
接続する一般道 茨城県道19号取手つくば線
(通称:サイエンス大通り)
供用開始日 2010年平成22年)4月24日
通行台数 x台/日
所在地 305-0835
茨城県つくば市新井
テンプレートを表示

つくば中央インターチェンジ(つくばちゅうおうインターチェンジ)は、茨城県つくば市新井にある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジである。

茨城県警察高速道路交通警察隊つくば分駐車隊を供設している[1]

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数 : 4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用(時間帯によってはETC/一般):1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用(時間帯によってはETC/一般):1
    • 一般:1

当ICの一般レーンは自動精算機による精算となっている[6]

[編集]

首都圏中央連絡自動車道
(75)常総IC - (76)つくば中央IC - (80)つくばJCT - (81)つくば牛久IC

脚注[編集]

  1. ^ 茨城県警察本部高速道路交通警察隊(JET)”. 茨城県警察. 2017年1月8日閲覧。
  2. ^ 圏央道のインターチェンジ名称について (PDF)
  3. ^ 国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「つくば中央IC」から「つくばJCT」間が4月24日に開通します。 NEXCO東日本 関東支社 国土交通省 関東地方整備局 常総国道事務所 水戸工事事務所(2010年2月15日)2015年7月17日閲覧。
  4. ^ 庭木茂視(2015年5月22日). “県警高速隊:圏央道開通備え、つくばに分駐隊”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  5. ^ 圏央道 茨城県区間 平成29年2月26日(日)に全線開通(境古河IC〜つくば中央IC 28.5km) (PDF)”. 国土交通省・東日本高速道路株式会社 (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  6. ^ 一般レーンの支払方法”. NEXCO 東日本. 2010年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]