科学万博記念公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
科学万博記念公園
Kagakubannpakukinennkouenn0001.JPG
ぽっちゃん湖
科学万博記念公園の位置(茨城県内)
科学万博記念公園
分類 都市公園(近隣公園)
所在地
座標 北緯36度3分50.6秒 東経140度4分22.4秒 / 北緯36.064056度 東経140.072889度 / 36.064056; 140.072889座標: 北緯36度3分50.6秒 東経140度4分22.4秒 / 北緯36.064056度 東経140.072889度 / 36.064056; 140.072889
面積 59,478平方メートル
前身 国際科学技術博覧会
開園 1987年11月1日
運営者 つくば市(指定管理者:筑波都市整備株式会社[1]
設備・遊具 芝生広場テニスコート
駐車場 51台
アクセス 研究学園駅よりつくバスで「科学万博記念公園」停留所下車
公式サイト つくば市のサイト

科学万博記念公園(かがくばんぱくきねんこうえん)は、茨城県つくば市御幸が丘6番地にある都市公園(近隣公園)である[2]の名所にもなっている。

概説[編集]

開催前年の1984年撮影の会場周辺の空中写真。パビリオン等の施設の多くが確認できる。
1984年撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
上記画像とほぼ同じ範囲を撮影した1990年の空中写真。パビリオン等の施設は撤去され再開発が進んでいる。画像中央下部の細長い池(ぽっちゃん池)周辺が科学万博記念公園。
1990年撮影の4枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

1985年昭和60年)に開催された国際科学技術博覧会(科学万博)のメイン会場Dブロック跡地に作られた公園である。催事の性格から、万博当時を思わせるものはほとんど残っていないが、万博閉幕後に建てられた「科学の門」の地面には万博当時の会場図が描かれている。また、公園にあった岡本太郎制作の像は、2005年(平成17年)の首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレス開業に伴い、万博記念公園駅前に移設されている。その他のブロック跡地は筑波西部工業団地として、民間の研究所等が集まる。

公園概要[編集]

  • 広めの芝生広場がある。広場の多い公園となっており、桜の季節(4月上旬頃)は花見客が訪れる。
  • 万博当時よりある「ぽっちゃん湖」が貯水池として現存している。
  • ジャンボトロン跡地にテニスコートがある。
  • ハナショウブ園がある。6月上中旬頃が見頃。
  • には紅葉の樹木が見られる。

ギャラリー[編集]

  • 会場図に記されたシンボルマークは、タイル製造時のミスにより、正規のものと向きが異なっている(丸がついている角が上になるのが正しい向き)。

交通アクセス[編集]

鉄道・バス[編集]

  • つくば市コミュニティバスつくバス」谷田部シャトル
    • つくばエクスプレス みどりの駅より(研究学園駅方面行き)「科学万博記念公園」停留所下車。
    • つくばエクスプレス 研究学園駅より(谷田部窓口センター行き)「科学万博記念公園」停留所下車。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ つくば市指定管理者導入施設一覧
  2. ^ つくば市都市公園一覧

外部リンク[編集]