YF-77

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
YF-77
用途: 長征5号の1段目
推進剤: 液体水素/液体酸素
開発年:
大きさ
全高
直径
乾燥重量
推力重量比
性能
海面高度での比推力 333秒
真空中での比推力 438秒
海面高度での推力 540 kN (121,390 lbf)
真空中での推力 700 kN (157,360 lbf)
燃焼室圧力
設計者
製造会社: 航天推進技術研究院
推進技術者:  ???
設計チーム: 航天推進技術研究院

YF-77は、現在中華人民共和国で開発中の、液体水素液体酸素推進剤とする推力50トン級のロケットエンジンである。推力の大きさを基にYF-50tとも呼ばれている。開発はYF-73YF-75の経験を元に中国航天科技集団公司(CAST)傘下の航天推進技術研究院(AALPT)により2000年代に始まり、中国国家航天局(CNSA)の監督の下で2005年から各種試験が行われている。エンジンの地上試験は2007年半ばにおいて成功している。ジンバル機構により2軸に推力方向を変える事が可能である。このエンジンは、中国航天科技集団公司(CAST)傘下の中国運載火箭技術研究院(CALT)で開発中の長征5号ロケットの1段目のエンジンに採用される予定である。この1段目は、クラスターロケット構造を採用しエンジンを2基使用する計画である。

外部リンク[編集]