RD-191

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RD-191 (РД-191)
用途: 1段
推進剤: RP-1/液体酸素
開発年: 2001年
大きさ
全高 4,000 mm (160 in)
直径 1,450 mm (57 in)
乾燥重量 2,200 kg (4,900 lb)
推力重量比 97 x
性能
海面高度での比推力 310.7 s
真空中での比推力 337 s
海面高度での推力 196 tf (1,920 kN; 193 LTf; 216 STf)
真空中での推力 213 tf (2,090 kN; 210 LTf; 235 STf)
燃焼室圧力 3,746 psi (25,830 kPa)または263.4 kg/cm² (3,746 psi)
設計者
製造会社: NPOエネゴマシュ
推進技術者:  ???
設計チーム: エネゴマシュ

RD-191ロシアで開発されたロケットエンジンである。原型はエネルギアに使用されたRD-170の派生形である。4基の燃焼室を1単位とするRD-170に対してRD-191は単一の燃焼室でターボポンプがあてがわれる。

RD-191は燃料としてRP-1(ケロシン)、酸化剤として液体酸素を用い、高圧の二段燃焼サイクルにより燃焼させるため高効率である。

設計[編集]

点火は特殊な始動用の液体酸素と接触するだけで点火する燃料を燃焼室に注入する事による化学反応によって行われる。エンジンは出力を通常の30%まで下げる事が可能である。 同様に緊急時に短時間であれば最大5%出力を上昇させる事も可能である。 ジンバル支持架により8°までヨー軸とピッチ軸に振る事が可能である。

センサーで燃焼状態を監視する事が可能である。計測結果はテレメトリーで送られ、緊急保護装置で使用される。

エンジンには2つの機能が追加されている。:ヘリウムガスを加熱する事により推進剤のタンクを加圧、また油圧を発生させ油圧アクチュエーターを駆動する事で燃焼室と空力舵の角度を変える。

仕様[編集]

  • 直径: 1,450mm
  • 全高: 4,000mm
  • 推力: 213tf
  • 比推力: 337s[1]

開発[編集]

2008年9月5日NPOエネゴマシュは所定の燃焼時間を無事に運転して生産準備が整ったと報告した[2]。最初の搭載機は開発中のアンガラ・ロケットである[3]。推力を170トンに下げたRD-191はRD-151と呼ばれ2009年7月30日に燃焼試験が行われた。このエンジンの最初の飛行試験は2009年8月25日に韓国のNaro-1ロケットの第一段に搭載され打ち上げられた[4][5]

また、派生型としてRD-193が開発されており、2013年4月に燃焼試験を終了した[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]