YF-73

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
YF-73
用途: 長征3号の3段
推進剤: 液体水素/液体酸素
開発年: 1980年代初頭
大きさ
全高 1.44 m
直径 2.2 m
乾燥重量 236 kg
推力重量比 18.70(総合)
性能
海面高度での比推力
真空中での比推力 420秒
海面高度での推力
真空中での推力 44.15 kN
燃焼室圧力 25.90 bar
設計者
製造会社: CALT
推進技術者:  ???
設計チーム: CALT

YF-73は中国で最初に成功した液体水素/液体酸素を推進剤とするガス発生器サイクル、ジンバル式の姿勢制御装置を備えたロケットエンジンである。 長征3号の3段エンジンとして1980年代初頭に開発され1984年に初打ち上げされた。

脚注[編集]