CE-7.5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CE-7.5
用途: GSLV Mk II の第三段
推進剤: 液体水素/液体酸素
開発年: 2002年
大きさ
全高 2.14 m (7.02 ft)
直径 1.56 m (5.11 ft)
乾燥重量 435 kg
推力重量比
性能
海面高度での比推力
真空中での比推力 454秒
海面高度での推力
真空中での推力 73 kN[1]
燃焼室圧力 5.8 MPa / 7.5 MPa
設計者
製造会社: 液体燃料推進システムセンター
推進技術者:
設計チーム: 液体燃料推進システムセンター

CE-7.5インドで開発された液体水素/液体酸素推進剤とする極低温ロケットエンジンであり、GSLV Mk II ロケットの3段目のエンジンに使用される。エンジンは極低温上段エンジン計画(CUSP)の一環として開発された。GSLV Mk II ロケットは、GSLV Mk I ロケットの3段目エンジンKVD-1M(RD-56M) をCE-7.5 に置き換えたものである。最初の打ち上げに向けた推進剤タンク、構造体、推進剤供給管と組み合わせた状態での燃焼試験は成功した[2]。しかし、2010年4月15日のCE-7.5エンジンを使用したGSLV Mk II ロケットの最初の打ち上げは、同エンジンの不調により失敗した[3]

出典[編集]

外部リンク[編集]