RD-0124

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RD-0124
用途: 上段
推進剤: RP-1/液体酸素
開発年: 2001年
大きさ
全高 1.58 m
直径 2.4 m
乾燥重量 480 kg
推力重量比
性能
海面高度での比推力 331秒
真空中での比推力 359秒
海面高度での推力
真空中での推力 294.3 kN (66,161 lbf)
燃焼室圧力 162 bar
設計者
製造会社: TsSKB プログレス
推進技術者:  ???
設計チーム: KBKhA

RD-0124は液体酸素とケロシンを推進剤として使用する二段燃焼サイクルロケットエンジンである。RD-0124エンジンはソユーズ-2.1bに使用される。改良型のエンジンは同様に開発中のアンガラロケットシリーズのいくつかの機種へ搭載される予定である。RD-0124はKBKhA設計局が開発した[1]

設計[編集]

RD-0124エンジンは予備燃焼室のガス発生器から送られる推進剤によって駆動される多段式ターボポンプを使用する。燃料のケロシンはエンジンの再生冷却に使用される。姿勢制御はエンジンの2方向のジンバルで行う。推進剤のタンクはヘリウムで加圧されている[2]1台のターボポンプから4基の燃焼室へ推進剤を供給する[2][3]

このエンジンは高圧の燃焼室圧力で運転されるので、この種類(RP-1/液体酸素)の推進剤を使用するエンジンの中では最も比推力が高い。

歴史[編集]

2006年12月27日に初めてRD-0124エンジンを使用して打ち上げられた[2]

出典[編集]

  1. ^ Russia's Angara rocket family needs cash injection”. Flight International (2009年5月5日). 2009年7月25日閲覧。
  2. ^ a b c The Modernized Soyuz”. Starsem. 2009年7月25日閲覧。
  3. ^ Arianespace