MG・MGF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MGFと、その後継のMG TFは、イギリス自動車ブランド、MGスポーツカーである。ミッドシップレイアウトを特徴とする。

MG・MGF
MG TF blue front.jpg
販売期間 1995年-2001年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン 1,796cc直列4気筒DOHC 1.8i 120仏馬力(88kW)/5,500rpm 1.8 VVC145仏馬力(107kW)/7,000rpm
変速機 5速MT
駆動方式 MR
サスペンション 前後ダブルウィッシュボーン
全長 3,913mm
全幅 1,628mm
全高 1,264mm
ホイールベース 2,375mm
車両重量 1,090kg
後継 MG TF
-自動車のスペック表-

概要[編集]

1995年ローバーより量産車での"MG"ブランド復活のため開発、発売された。当時のローバー技術陣には、新規のFRレイアウトによるスポーツカーを開発する予算と時間がなく、既存車種のFFレイアウトのローバー・100のコンポーネントを利用したMRの2座席オープンカーとして開発された。

1993年にMGFに先行して限定発売されたMG・RV8は、1980年に製造中止になったMG・MGBをほぼそのまま踏襲した設計であったが、設計の古さと生産効率の悪さから2,000台限定生産であった。 MGFは、全長3,913mm、全幅1,628mm、全高1,264mmと小ぶりなボディに、ローバー子会社のパワートレーン (Powertrain Ltd) 製Kシリーズ1,796ccの直列4気筒DOHCエンジンを主に搭載した。2002年に後継車種であるMG TFにモデルチェンジされた。フロント部分のデザイン変更に加えサスペンション部分も改良された。2011年にMG TFの製造の終了が発表された。

MGF 前期型(Mk.1)[編集]

1995年の発売当初は、通常機構のエンジン「K1.8」搭載モデル(118英馬力)のみであったが、、1996年にVVCという可変バルブタイミング機構が搭載された「K1.8VVC」搭載モデル(145英馬力)が追加された。搭載されたトランスミッションは5速MTのみ。 開発発売された同時代の2座オープンスポーツカーと比べ、エンジンはそれほどパワーがあるものではないが、車重が1t強と軽かったので、カタログデーター上の最高速度は「K1.8」エンジン搭載車種でも195km/h、「K1.8VVC」仕様だと210km/hであった。 1999年には、イギリスでMG75周年を記念したMGF 75th Anniversary Limited Editionが限定発売された。

MGF 後期型(Mk.2)[編集]

2000年にマイナーモデルチェンジが行われた。日本代理店での輸入台数は少数とされる。6速CVTの"STEPTRONIC"が追加された。(CVT-STEPTRONICは日本市場には正規には未導入)また同年、同じKシリーズ4気筒の1.6L「K1.6」エンジン搭載モデルも追加され、VVCエンジン搭載の車種には160英馬力を発揮する"Trophy 160"と呼ばれるバージョンも追加された。(1.6、トロフィー160とも日本市場には正規には未導入) MGFは好評をもって市場に受け入れられ、日本では日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したこともあったが、イギリス国内の自動車メーカー再編劇にMGも巻き込まれた影響で2002年にMGFの生産も停止された。

MG TF 前期型(Mk.1)[編集]

2002年、MGが、BMWより独立したMGローバー (MG Rover)の元で”MG TF”にモデルチェンジされた。基本コンポーネンツは"MGF"と同一としながらも、液体式関連懸架システムのハイドラガス・サスペンションを中止し、リアサスペンションのマルチリンク化、フロントマスクなどのエクステリアの変更(MG RoverでのMGイメージを強調する4本線のフロントグリル、ヘッドライト、テールコンビネーションライトなど)、エンジンパワーの若干の向上(MT+ノーマルカムエンジン「K1.8」仕様が136仏馬力に、VVC「K1.8 VVC」仕様が160仏馬力に,CVT-STEPTRONIC仕様は「K1.8」120仏馬力、1.6Lモデル「K1.6」は116仏馬力)が行われた。(1.6は日本市場へ未導入、CVTモデルは2005年7月に日本市場で発売予定だった)2005年、MGローバーの経営破綻により製造中止となった。

MG TF 後期型(Mk.2)[編集]

2008年南京汽車傘下のNac MGにおいて、MG TFは、ほぼMGローバー時代と同じ内容で製造が再開された。500台限定のLE500を皮切りに、通常モデルのTF135、また50台限定のTF 85th Anniversaryが製造された。ただしいずれも日本市場では販売されていない。エクステリアはフロントグリルが変更され、インテリアにも若干の変更が加えられているほか、エアコン、オーディオ、安全装備などで標準装備の充実が図られている。エンジンはKシリーズエンジンを、欧州の環境規制に合わせ改良したNシリーズエンジンに変更された。 2009年1月8日にNac MGはMG MOTOR UKと社名変更を行い、ロングブリッジ工場にて製造を続けていたが、2011年3月、需要の低迷と部品供給の問題から製造中止を発表した。生産総数906台。尚、MG TFの後継モデルが2013年の発売を目指して計画されている。

メカニズム[編集]

MGFにおいて特筆すべきポイントとして、古くはBMC時代のミニ(一部モデル)やADO-16(全車種)に搭載された、液体式関連懸架システムのハイドロラスティック・サスペンションを発展させた、窒素ガスと防腐凍結防止剤入を入れた水を使うハイドラガス・サスペンションを搭載した。このシステムは乗り心地と姿勢制御には寄与したが、気温により車高が変化したり、メンテナンスが煩雑になるなどのマイナス面も見受けられる。液体の補充・交換には特殊工具を必要とする。またKシリーズエンジンはヘッドガスケットの強度が弱くエンジン故障を招きやすいと言われていた[1]。(ローバー製の同系統のV型6気筒エンジンKV6でも同様の問題が見られた)後に対策が施され、1999年(日本では2000年)に行われたマイナーチェンジ後のエンジンは問題ないとも言われている。後継のモデルのMG TFのエンジンでは構造に改良が加えられている。

補足[編集]

  1. ^ 英語版ウィキペディアにおいても「要出典(Citation needed)」とされている。

関連項目[編集]