関駅 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関駅
駅舎
駅舎
せき - Seki
亀山 (5.7km)
(5.4km) 加太
所在地 三重県亀山市関町新所664
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 関西本線
キロ程 65.6km(名古屋起点)
亀山から5.7km
電報略号 セキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
298人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1890年明治23年)12月25日
備考 簡易委託駅
POS端末設置
構内の様子
関宿の町並み

関駅(せきえき)は、三重県亀山市関町新所にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有し、列車交換が可能な地上駅。線路配置上では上り線側が直線となっているが、出発信号機・場内信号機とも一方向のみの設置のため、逆線入線はできない。駅舎側から加茂方面行ホーム側へは屋根の無い跨線橋で連絡している。

駅舎は「関宿ふるさと会館」となっている。中には亀山市観光協会の事務所があり、簡易委託による出札窓口の業務も受託している。窓口は7時から16時のみの営業で、POS端末による発券を行う。自動券売機は設置されていない。亀山鉄道部が管理している。

関駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 関西本線 上り 亀山方面
反対側 関西本線 下り 柘植加茂方面

※案内上ののりば番号は割り当てられていない。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 513
1998年 508
1999年 501
2000年 509
2001年 490
2002年 443
2003年 418
2004年 382
2005年 383
2006年 397
2007年 373
2008年 364
2009年 319
2010年 304
2011年 292
2012年 298

駅周辺[編集]

東海道の宿場町を修景した町並みがあり、観光地となっている。
両施設とも、外観は町並みと景観に配慮した意匠となっている。また、前者には宿場町の時代性にちなんだ規格外の郵便ポストが、後者には「現金自動取扱所」と呼称するATMコーナーがそれぞれ設置されている。

バス路線[編集]

  • 関駅前
    • コミュニティバス亀山市西部Aルート
      • 総合保健福祉センター前 ※日曜・祝日および正月三が日は運休。
      • 関支所前・伊勢坂下 ※日曜・祝日および正月三が日は運休。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
関西本線
亀山駅 - 関駅 - 加太駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]