録音録画再生機器のボタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
再生機器のボタンの例

ここでは音楽、映像などの録音再生機器録画再生機器再生機器に使用されているコントローラーのボタンについて記載する。ソフトウェアのマルチメディアプレイヤーにおいてもこれと同様のボタンが用いられている。

歴史[編集]

制御ボタン[編集]

再生ボタン[編集]

Farm-Fresh control play.png

主に再生に使用するボタンである。通常右向きの三角「」が刻印されていることが多い。上向きに挿入するカセットテープの再生機器では左向きの三角が用いられる。

カセットテープの再生機器で裏面(A面を表の場合はB面)を再生する場合は左向きの三角を押すことで区別する機器もある。

逆再生を行えるプレイヤーの場合も左向きの三角が使用される。

英語で「Play」と記載されていることもある。

左三角の再生ボタン
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23F4 - ⏴
⏴
BLACK MEDIUM LEFT-POINTING TRIANGLE
U+23F5 - ⏵
⏵
BLACK MEDIUM RIGHT-POINTING TRIANGLE

一時停止ボタン[編集]

Farm-Fresh control pause.png

主に一時停止(ごく短時間の間再生を停止する)に使用するボタンである。縦長の長方形を横に並べた記号を刻印していることが多い。再生中にこのボタンを押すと一時停止し、再度再生するとその一時停止した続きから再生される。機器によっては再生ボタンで続きを再生する。

録音、録画ボタンの場合は一時停止ボタンを押した場合はそこで停止し、再度押したときにその続きを録音、録画する。

英語で「Pause」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23F8 - ⏸
⏸
DOUBLE VERTICAL BAR

再生一時停止ボタン[編集]

停止中および一時停止中におすと再生、再生中に押すと一時停止するボタンである。左側に右三角、右側に縦長の長方形を横に並べた記号を刻印していることが多い。

再生一時停止ボタン
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23EF - ⏯
⏯
BLACK RIGHT-POINTING TRIANGLE WITH DOUBLE VERTICAL BAR

停止ボタン[編集]

Farm-Fresh control stop.png

主に停止に使用するボタンである。正方形の記号を刻印していることが多い。再生中にこのボタンを押すと停止する。一時停止ボタンと異なり、再度再生した場合は最初から再生になるものも多い。

英語で「Stop」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23F9 - ⏹
⏹
BLACK SQUARE FOR STOP

録音ボタン、録画ボタン[編集]

Farm-Fresh control record.png

主に録音および録画に使用するボタンである。丸印を記載しているボタンである。通常で記号が色づけされている。このボタンを押すと録音あるいは録画を開始する。

英語で「Record」あるいは「Rec」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23FA - ⏺
⏺
BLACK CIRCLE FOR RECORD

早送りボタン[編集]

Farm-Fresh control fastforward.png

主に早送りに使用するボタンである。右向きの三角を2つ横に並べたボタンが刻印されている。このボタンを押すと早送りする。プレイヤーによっては次の曲やチャプターに飛ぶ。

英語で「FF」(Fast Forwardの略)と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23E9 - ⏩
⏩
BLACK RIGHT-POINTING DOUBLE TRIANGLE

早戻しボタン[編集]

Farm-Fresh control rewind.png

主に早戻しに使用するボタンである。左向きの三角を2つ横に並べたボタンが刻印されている。このボタンを押すと早戻しされる。プレイヤーによっては前の曲やチャプターに飛ぶ。

従来は「巻き戻し」または「Rewind」、「REW」(巻き戻しの意)と表記されることが一般的だったが、記録メディアが磁気テープから光ディスクに移行していくにつれて「早戻し」という表記に置き換えられた。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23EA - ⏪
⏪
BLACK LEFT-POINTING DOUBLE TRIANGLE

次曲、前曲ボタン[編集]

Farm-Fresh control start.png
Farm-Fresh control end.png

主に次の曲や映像、前の曲や映像の先頭に送るボタンである。次曲ボタンの場合は右三角の右に縦長の長方形、前曲ボタンの場合は左三角の左に縦長の長方形が用いられる。右三角2つの右に縦長の長方形と左三角2つの左に縦長の長方形が用いられることもある。頭出しのボタンとして使用されることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23EE - ⏮
⏮
BLACK LEFT-POINTING DOUBLE TRIANGLE WITH VERTICAL BAR
U+23ED - ⏭
⏭
BLACK RIGHT-POINTING DOUBLE TRIANGLE WITH VERTICAL BAR

スローボタン[編集]

主にゆっくり再生するボタンに使用される。右三角の左に縦長の長方形か正方形が用いられる。

状態ボタン[編集]

繰り返しボタン[編集]

Farm-Fresh control repeat.png

再生終了したら再度再生する場合に用いるトグル式のボタンである。回転した矢印が用いられる。カセットテープの場合は表面の再生が終わったら裏面から再生される。1曲だけの再生繰り返しボタンがある再生機器もある。

英語で「Repeat」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
🔁 U+1F501 - 🔁
🔁
CLOCKWISE RIGHTWARDS AND LEFTWARDS OPEN CIRCLE ARROWS
🔂 U+1F502 - 🔂
🔂
CLOCKWISE RIGHTWARDS AND LEFTWARDS OPEN CIRCLE ARROWS WITH CIRCLED ONE OVERLAY

シャッフルボタン[編集]

Gnome-media-playlist-shuffle.svg

デジタル形式のメディア再生機器およびアプリケーションにあるボタンである。右向きの交差した矢印の記号を用いる。

英語で「Shuffle」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
🔀 U+1F500 - 🔀
🔀
TWISTED RIGHTWARDS ARROWS

ボリュームボタン[編集]

ボリューム(音量)の上げ下げに使用されるボタンである。ボリュームを上げるボタンは上向き三角、ボリュームを下げるボタンは下向き三角が使用される。「+」および「−」や「⌃」および「⌄」が使用されることもある。ボリュームを上げるボタンにスピーカーに3本の弧をつけた「🔊」、ボリュームを下げるボタンにスピーカーに1本の弧をつけた「🔉」が使用されることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2303 - ⌃
⌃
UP ARROWHEAD
U+2304 - ⌄
⌄
DOWN ARROWHEAD
🔊 U+1F50A - 🔊
🔊
SPEAKER WITH THREE SOUND WAVES
🔉 U+1F509 - 🔉
🔉
SPEAKER WITH ONE SOUND WAVE

消音ボタン[編集]

ボリューム(音量)の上げ下げに使用されるボタンである。スピーカーの記号に丸に斜線マークあるいはスピーカーマークに斜線マークが用いられる。スピーカーだけのマークを使用されることもある。

英語で「Mute」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
🔇 U+1F507 - 🔇
🔇
SPEAKER WITH CANCELLATION STROKE
🔈 U+1F508 - 🔈
🔈
SPEAKER

その他のボタン[編集]

取り出しボタン[編集]

Farm-Fresh control eject.png

主にカセットテープ、CDなどのメディアを取り出すときに使用するボタンである。横長の長方形の上に上三角が刻印されている。

英語で「Eject」と記載されていることもある。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+23CF - ⏏
⏏
BLACK LEFT-POINTING DOUBLE TRIANGLE

電源ボタン[編集]

IEC5009 Standby Symbol.svg
IEC5010 On Off Symbol.svg

電源を入れたり切ったりするときに使用するボタンである。IEC 5009では丸の上をはずして縦線を入れた記号、IEC 5010では丸のの中に縦線を入れた記号が定義されている。いずれも電源を入れるボタンIEC 5007の縦線、電源を切るボタンIEC 5008の丸を組み合わせたボタンである。機器によってはIEC 5010のほうを電源を完全に切るボタン、IEC 5009のほうをスリープボタンとして区別していることもあるが、まれである。[1]

英語で「Power」と記載されていることもある。

関連項目[編集]

音響機器[編集]

映像機器[編集]

ソフトウェア[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ISO/IEC/JTC1 Graphical Symbols for Office Equipment