ボタン (GUI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボタン
ラジオボタン

GUIボタンは、現実世界のスイッチと同様に「押す」ことで何かの操作を行なう為のコンピュータ画面上の表現である。一般には物理的なボタンを模した立体感のある形状が多いが(ウィジェット)、中には単なるアイコン表現がボタンの役割を果たす場合もあり、このような物も機能分類に従い通常ボタンと呼称する。

概要[編集]

ボタンはアイコンと同様の、機能のグラフィカルな表現である。かなりのバリエーションがあり、全てに共通する特徴を挙げるのは難しいが、アイコンとの主な違いは

  • OSごとに標準化されたデザインを持つ
  • 固定配置であり、ドラッグ操作で移動できない
  • 単一クリックで動作する

などを基本とする。

物理的スイッチと異なり、GUIボタンの動作はその上でマウスボタンを押した時ではなく、離した時に判定される。これは誤ってクリックしたボタンを動作させないようマウスカーソルを範囲から外せるための処置である。時折キーボードリターンキーなどでクリック動作を代替できる場合があり、そのような物はデフォルトボタンと呼ばれる。OSによってはキーボードフォーカスを移動する事でデフォルトボタンを移動できる場合がある。


ボタンには機能に応じて次のような種類がある。

  • プッシュボタン。いわゆるボタンであり、一回のクリック毎に定められた何らかのアクションを起動する
  • ラジオボタン。複数の選択肢の中で択一を行なう物をラジオボタンと呼ぶ。語源はラジオの局番選択と動作が似ている為である。
  • トグルボタン。押すたびに状態が遷移するボタン。

このほか、複数のボタンからなるコントロール(スピンボタン)や、長く押し続けるとメニューを表示するボタンなどがある。

なお、ラジオボタンと類似するチェックボックスや、ウインドウのメニューは通常ボタンと呼ばれない。

近年では、ボタン上に状態を表示するものがある。この場合、現在その状態なのか、あるいはボタンを押すとその状態になるのかは、非常に紛らわしく、どちらかであるかはアプリおよびOSに依存する。