スキン (GUI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スキン英語skin)とは、アプリケーションソフトウェアなどでユーザインタフェースの外観表示を変更できる機能をいう。

主に文字や背景の表示大きさフォントや、表示フォーマットスタイル画像などを一括して変更することができる。

スキンを定義する方法はアプリケーションソフトウェアによって様々だが、PNGなど一般的なファイルフォーマットを用いた背景・ボタンアイコンなどの画像を用意し、画像以外の要素を定義したテキストファイルを添えることが多い。

「テーマ」や「ビジュアルスタイル」などとも呼ばれる。それぞれの意味を区別して使い分ける場合もあるが、はっきりした定義は決まっていない。

スキンの変更に対応した主なソフトウェア[編集]

  • Microsoft Windows - 多くのバージョンではGUI各要素の色・大きさ・フォントなどを変更できる。
    • Windows XP - Luna
    • デスクトップテーマ - デスクトップの壁紙・アイコンなどの外観を一括して変更する機能。Windows 95 Plus!からXPまでに対応。
  • Winamp
  • WindowBlinds
  • Mozilla Firefox - テーマ または コンプリートテーマ と呼ぶ。旧名称ペルソナ(Personas)[1]
  • Google Chrome - テーマ
  • Opera - 従来のスキンと、Opera 12以降のテーマがある。スキンは廃止予定。

脚注[編集]

  1. ^ amo上でテーマの分類が新しいものとなります。”. 2013年9月21日閲覧。

関連項目[編集]