金性洙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金性洙
김성수
Kim Seong-Soo 1950.jpg
生年月日 1891年10月11日
出生地 李氏朝鮮の旗 李氏朝鮮全羅道高敞郡富安面
没年月日 1955年2月18日(満63歳没)
死没地 韓国の旗 韓国ソウル特別市
出身校 正則英語学校錦城学校尋常中学校早稲田大学
所属政党 韓国民主党民主国民党民主党
配偶者 高光錫, 李亜珠
公式サイト 仁村紀念館-Inchon museum &library

任期 1951年5月29日 - 1952年5月14日
テンプレートを表示
金性洙
各種表記
ハングル 김성수
漢字 金性洙
発音: キム・ソンス
日本語読み: きん せいしゅ
ローマ字 Kim Sung-soo
テンプレートを表示

金 性洙 (キム・ソンス、朝鮮語: 김성수光緒17年9月9日1891年10月11日) - 1955年2月18日)は、日本統治時代の朝鮮の実業家、独立運動家。大韓民国政治家教育者、言論人。東亜日報高麗大学校韓国民主党の設立者としても知られる。独立のためには実力の養成が必要だとして、朝鮮人の立場を代弁するメディアとして東亜日報を、人材の育成を目的に中央高等学校高麗大学校を設立した。実業家としても、京城紡織を中心に綿紡績・ナイロン生産に従事し、朝鮮国内のみならず満州にまで事業範囲を伸ばした。朝鮮総督府で日本の名前に変更するとしたが、最後まで抵抗した。1951年5月 - 1952年8月 第2任大韓民国の副統領は判錫(パンソク、판석)、は「仁村」(インチョン、인촌)。

生涯[編集]

東亜日報社屋内に建つ金性洙像

金暻中の四男として全羅北道高敞郡富安面に生まれる。一族は祖父の代から所有地を増やし、父の金暻中はその財力で地方官吏(郡守)となり、更に韓国統監府・朝鮮総督府の土地整理政策に協力することで資産を増大させ、併合後は朝鮮一の大地主と呼ばれるに到った人物である。正則英語学校錦城学校尋常中学校を経て早稲田大学政治経済学部を卒業した。在学中は日本内地への朝鮮人留学生に資金面での援助を行い、後の人脈に大きく寄与している。帰国して教職を務める等した後、1919年に家業の紡績業を近代資本主義的会社である京城紡織として改組する。

1920年には東亜日報を設立し、1932年には財政難となった普成専門学校を引き受け、今日の高麗大学校を設立した。東亜日報の文盲退治運動(ハングル文字普及運動)は購読者拡大、また紙面での民族品愛用運動も内地産品に品質で劣る京城紡織製品の販売促進、といった経営上の思惑もあったものの、それを超えて民族意識の高まりに貢献した。民族主義を煽る記事で総督府から停刊処分を受けもしたが、その朝鮮人世論への影響力を交渉材料として、総督府系国策銀行の朝鮮殖産銀行から京城紡織へ多額の融資を引き出すしたたかさも見せている。

終戦後の1945年9月8日に、朝鮮人民共和国の内閣が発表され、文教部長に任命された。1947年アメリカトルーマン大統領が、 トルーマン・ドクトリンを発表すると、当時韓民党主席総務だった金性洙は、トルーマンに対し賛辞を示す無線電報を送った。

金性洙は「金性洙系列」と呼称される集団を形成し、日本留学中より懇意にしていた宋鎮禹を伴い、以降も白南薰(ベク・ナムフン、백남훈)、許政白寛洙韓国語版趙炳玉尹潽善張徳秀英語版等とも近い関係を維持した。一方では、周囲の有能な若い知識人たちに財政支援をする奨学財団湖南学会湖南財閥)等の活動も行っていた。結局、彼はこのような力を土台にして、人心を掌握し、独立以後代表的な右翼政党だった韓民党を創党する事に成功した。これに伴い、宋鎮禹や白寛洙、張徳秀等は、韓民党の重要な役職に就く事となった。

1945年12月27日モスクワ三国外相会議の信託統治方針をめぐって、慎重派の宋鎮禹が12月30日に暗殺された後、1948年に韓民党主席総務を務めた事と、1951年5月から1年間、李承晩大統領の引きにより、副大統領職を引き受けた。金性洙の特徴は、この時期[いつ?]の他の大物政治家と違い、韓民党主席総務と副大統領の職務を除き、自ら表舞台に出る事がなかった、という点にある。

人物[編集]

独立後の韓国において、政治家の殆どがキリスト教(主にカトリック)、もしくは仏教などに関連する宗教団体と提携して政治活動を展開していた、という時代だったにも関わらず、金九(金九自身はクリスチャンだった)と並んで、いずれの宗教団体からも援助を受けていなかった数少ない政治家の一人だったことでも知られている。

評価と批判[編集]

日本統治時代に、企業を運営して富を蓄積し、この過程で親日行為をしたという嫌疑で、2002年に発表された親日派708人名簿と、2005年に民族問題研究所が整理した親日派リストに含まれている。しかし, この部分にも反論があって論難になっている.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
李始栄
大韓民国の副統領
第2代: 1951年5月 - 1952年8月
次代:
咸台永