咸台永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
咸台永
함태영
Ham Tai-young.jpg
生年月日 1872年3月25日
出生地 李氏朝鮮全羅道金堤郡
没年月日 1964年10月24日(満92歳没)
死没地 韓国の旗 韓国ソウル特別市
所属政党 自由党

任期 1952年5月15日 - 1956年5月14日
テンプレートを表示
咸台永
各種表記
ハングル 함태영
漢字 咸台永
発音: ハム・テヨン
日本語読み: かん だいえい
英語表記: Ham Tae-Young
テンプレートを表示

咸 台永(ハム・テヨン、同治11年2月17日1872年3月25日) - 1964年10月24日)は、韓国の独立運動家、牧師、政治家。大韓帝国の法官、韓国の第三代副統領(副大統領)、第2代審計院長である。号は松岩

生涯[編集]

全羅道金堤郡(現在の全羅北道金堤市)に生まれ、父咸遇澤は通政大夫を務めた。青年期に検事を志した。

リベラリストとして信望が厚く、ソウル裁判所の検事をしていた際に独立協会事件を担当し、被告である李商在の無罪を主張した。

韓国併合後はキリスト教を信奉し、洗礼を受けた。三・一独立運動の際民族代表の33人の中の1人として活躍したが逮捕され、3年間の間獄中にいた。出獄後に平壌神学校を卒業し、長老派教会の牧師となって、聖職者として歩み、解放後は政界・教育界を活躍の場とした。キリスト教精神が常に心の奥にあったといわれている。

その後、第2代審計院長(1949年-1952年)、1951年韓国神大学校の学長に就任し、1953年には大韓民国副統領に就任した。1962年に大韓民国の建国者功労者賞を受賞した。1964年に死去。葬儀は国民葬が行われた[1]

息子の咸秉春は、1983年に大統領秘書室長として全斗煥大統領の外遊に同行した際、ラングーン事件に巻き込まれ、死亡している。

脚注[編集]

  1. ^ 正義세 우려 매 를맞았네 咸台永翁 國民葬嚴修.東亜日報1964年10月30日付3面。韓国言論財団より取得

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 木村誠・吉田光男・趙景達・馬渕貞利編集「朝鮮人物辞典」(1995年、大和書房)

 

先代:
金性洙
大韓民国の副統領
第3代 : 1952年 - 1956年
次代:
張勉
先代:
明濟世
大韓民国の審計院長
第2代 : 1949年 - 1952年
次代:
盧鎭卨