野中ともよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野中 ともよ(のなか ともよ、1954年6月18日 - )は、東京都出身のテレビキャスタージャーナリスト。そのルックス()から「ペコちゃん」と呼ばれたことがある。

略歴[編集]

都立富士高校卒。上智大学文学部新聞学科卒業後、アメリカ合衆国ミズーリ大学コロンビア校大学院に留学。帰国後フォトジャーナリストとしての活動を開始。

1979年からNHK総合テレビの報道、スポーツニュース番組でキャスターに就任。主な番組は、小林和男と共にキャスターを務めた海外ウィークリースポーツとニュースサンデースポーツスペシャル等。1993年から1997年にはテレビ東京ワールドビジネスサテライトの2代目キャスターを担当した。1987年には中京女子大学(現・至学館大学)の客員教授に就任。1994年、上智大学大学院文学研究科博士前期課程修了。2001年には経済界大賞「フラワー賞」を受賞。ジャーナリスト活動のほか、各種社会団体の委員、アサヒビール、ニッポン放送等企業の社外取締役や日興フィナンシャル・インテリジェンス理事長、NTTドコモ、日興コーディアル証券経営アドバイザーなどとして活躍。

2002年三洋電機の社外取締役に就任。会長就任直後、「Think GAIA」という環境コーポレートビジョンを掲げ、三洋電機の主要ビジネスの改革に着手、コンシューマー向けでは現在主力商品となっているeneloopブランドやAQUAなどを当時強力に推進した。しかし2年目の2007年度連結決算は純利益マイナス500億円の見込みとなる。2007年2月経営改革半ばの不振の中、2004年度決算の不適切処理が指摘され、第三者委員会の早期設置を主張するも、主要株主の金融機関から強い反対を受け、経営の意見対立が激化。2007年3月19日三洋電機代表取締役会長を辞任する。

地球環境問題解決を三洋電機という一企業を通じてというのではなく、幅広いステークホルダー(企業、市民、政府、NPO)によびかけ、より大きな貢献を実現するため「GAIA INITIATIVE(ガイア・イニシアティブ)」というNPOを2007年に立上げ、活動を始める。さらに、地球のためになにか一つできることをしようという+1運動を提唱し、より多くの人達が参加する活動を推進している。

2008年5月には、国連IPCC議長であり、2007年度ノーベル平和賞受賞者であるパチャウリとの間で、パチャウリが代表を勤めるインドTeriとガイアイニシアティブとの活動協力を続ける。

社会的活動[編集]

著書[編集]

共著

翻訳[編集]

  • リヴ・ウルマン『チェンジング リブ・ウルマン自伝』(1990年、徳間書店ISBN 978-4195544211
  • ロバート・ブライ『アイアン・ジョンの魂』(1996年、集英社)ISBN 978-4087732481
  • ドリス・ドラッカー『あなたにめぐり逢うまで ドラッカー博士を支えた妻の物語』(1997年、清流出版ISBN 978-4916028358
  • エバン・インバー=ブラック『ひとりでは重すぎる「秘密」 大切な人を傷つけない打ち明け方』(1999年、講談社ISBN 978-4062097505
  • ロバート・ブライ『グリム童話の正しい読み方 『鉄のハンス』が教える生き方の処方箋』(1999年、集英社文庫ISBN 978-4087603620
  • ケイト・ホワイト『「したたかな女」でいいじゃない! 女性が最高の人生を手に入れるための9つの秘訣』(2001年、監訳、露久保由美子訳、PHPエディターズ・グループ) ISBN 978-4569617718

関連項目[編集]

外部リンク[編集]