遠州小松駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遠州小松駅
駅舎(2007年4月)
駅舎(2007年4月)
えんしゅうこまつ - ENSHU-KOMATSU
11 遠州西ヶ崎 (1.0km)
(1.0km) 浜北 13
所在地 浜松市浜北区小松4500-1
駅番号  12 
所属事業者 遠州鉄道
所属路線 鉄道線
キロ程 10.2km(新浜松駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
2,032人/日
-2011年度-
開業年月日 1909年(明治42年)12月6日

遠州小松駅(えんしゅうこまつえき)は、静岡県浜松市浜北区小松にある遠州鉄道鉄道線

概要[編集]

島式ホーム1面2線の地上駅直営駅であり、駅舎がある。以前はキオスクがあったが現在はない。

通常は東側線路を使用する。

立体駐輪場(収容396台)が駅の西側に存在する。

駅前が狭隘なため、中型車以上の車両を使用する路線バスは一旦駅舎側に頭を振り、バックで停車スペース(2台分ある)に入った後、客扱いを行う。

正式名称には「遠州」とつくが、駅名標等の各種表示や車内放送では省略される。また、2008年?頃より小林駅との混同を防ぐため「こまつ駅」と案内されている。遠州鉄道では難読漢字をひらがな表記することは多いが、この様な理由でひらがな表記とするのは大変珍しい事例である。

現在は駅名票や乗車券をはじめ、各種案内では基本的に「こまつ」で統一されているが、車内のLED表示器では現在でも「小松」と案内されている。また駅前のバス停は現在も「小松駅」である。


利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均の乗車人員は1,025人、降車人員は1,007人である。乗降者数は遠州鉄道鉄道線の全18駅中10位。(「浜松市統計書」より)
  • 主として通学・通勤用に利用される。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前バス乗り場に並ぶ 遠鉄バス浜松バス車両

小松駅バス停

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業当時の地名(浜名郡小野口村大字小松)が由来。

かつてこの地域は小松の林が多かったため「小松」の地名が生まれた。

隣の駅[編集]

遠州鉄道鉄道線
遠州西ヶ崎駅 - 遠州小松駅 - 浜北駅

関連項目[編集]