積志駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
積志駅
駅舎(2006年7月)
駅舎(2006年7月)
せきし - SEKISHI
09 さぎの宮 (1.2km)
(1.4km) 遠州西ヶ崎 11
所在地 浜松市東区積志町814
駅番号  10 
所属事業者 遠州鉄道
所属路線 鉄道線
キロ程 7.8km(新浜松駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,642人/日
-2011年度-
開業年月日 1909年(明治42年)12月6日
ホーム(2006年7月)

積志駅(せきしえき)は、静岡県浜松市東区積志町にある遠州鉄道鉄道線

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地上駅。駅舎はあるが、終日無人駅である。

駐輪場(収容292台)は駅の北西に存在する。

早朝深夜の一部時間帯を除き、列車交換が行われる。構内踏切位置の関係上、上り新浜松方面列車が西側ホーム、下り西鹿島方面列車が東側ホームを使用する。当路線の一般的な列車交換駅とはホームの使われ方が正反対である。


利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均の乗車人員は832人、降車人員は810人である。乗降者数は遠州鉄道鉄道線の全18駅中15位。(「浜松市統計書」より)
  • 主として通学・通勤用に利用される。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

きたぞう (積志駅東バス停)- 浜松北病院シャトルバス。 ※浜松北病院利用者のみ乗降可。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業当時の地名は浜名郡積志村大字上大瀬だったため仮駅名は大瀬駅や上大瀬駅であったが、駅設置時に土地を提供した地主からの要望で松木駅と命名された。その後、1955年に積志村が浜松市に編入され浜松市積志町に改名された事から駅名も現在の積志駅に変更された。

「積志」の地名は企業の名称から取られた全国でも珍しい地名で、その由来は1875年に当地に設立された地域の教育や産学を振興させるための組織である「積志講社(積志銀行)」にちなむ。当時浜松県令を務めていた林厚徳前漢の思想書「淮南子」に記された「私を制し公に譲り、小を積みて大に致す」という一文を取り上げて「積志講社」と名付けたのが始まり。その後1908年有玉村中郡村小野田村半田が合併した時に「積志の名の通り、3つの村が富を積められるため同じ意志を持てるように」と言う意味合いで正式に積志村に改称したと言う経歴がある。

隣の駅[編集]

遠州鉄道鉄道線
さぎの宮駅 - 積志駅 - 遠州西ヶ崎駅

関連項目[編集]