迷宮組曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
迷宮組曲
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
ゲームボーイ[GB]
ゲームボーイアドバンス[GBA]
Wiiニンテンドー3DSバーチャルコンソール)[VC]
PlayStation 2[PSBB]
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1人
メディア FC:512kbitロムカセット
GB,GBA:ロムカセット
VC:ダウンロード配信
PSBB:ハドソンチャンネル
発売日 FC:1986年11月13日
GB:1993年3月26日
GBA:2005年12月22日
VC(Wii):2007年4月10日
VC(3DS):2012年12月26日
その他 GB版のタイトルは『ミロンの迷宮組曲』。
GBA用ソフト『ハドソンベストコレクションVol.3 アクションコレクション』に収録。
テンプレートを表示

迷宮組曲』(めいきゅうくみきょく)は、ハドソンから発売されたゲームソフト1986年11月13日ファミリーコンピュータ用のアクションゲームとして発売された。副題に『ミロンの大冒険』とある。

概要[編集]

ハドソンのプログラマ笹川敏幸が自らゲームコンセプト・ゲームシナリオ・キャラクターデザイン・効果音製作・プログラミングを手がけ、少数精鋭(グラフィックスタッフのY氏、作曲スタッフの国本剛章井上大介ら)で作られた。製作期間は約1年半。なお、製作時のお遊びで主人公のミロンは『スターソルジャー』の隠し標的の絵としても使われた[1]

表題通り「音楽」が重要な要素になっており、通常ステージBGMワルツを基調にした楽曲や、回数を重ねるごとに充実し、最終的には7楽器によるアンサンブルへと発展していくボーナスステージのBGM[2]などの演出が特徴。

また、高橋名人の16連射が話題となった時期だったことから、タイトル画面に連射速度測定機能がついているが、この結果表示は実際の入力より一割ほど増したものになる。これは当時連射機能付きのジョイカードmkIIに用いられた部品の精度が悪く、設計上は16連射にしたものの、全製品に保証できる最大連射数として15連射とせざるを得なかった[4]のが、当作のプログラマに伝わらなかったために、16連射が出ないことを憂慮したプログラマが自身の判断で一割ほど増して表示されるようにしたもの[5]

笹川はその後出世してハドソンの音楽制作部門を率いる立場になり、自ら続編を立ち上げることが困難になったものの、1996年に笹川の後輩が迷宮組曲の世界観を背景にした『ドレミファンタジー ミロンのドキドキ大冒険』を製作(笹川も職務上音楽プロデューサーとして参加)。笹川自身も1999年に、本質的には迷宮組曲2のテイストを含んている[6]という『プラネット ドブ』を総合プロデュースして製作している。笹川の退社後、2006年には『ミロンのほしぞらしゃぼん パズル組曲』が製作された。

迷宮組曲の再制作や続編を望む声は多いものの、特に音楽面において原作に遠く及ばないことから企画が形にならないと、当時ハドソンに在籍していた高橋名人は語っている[7]

ゲームストーリー[編集]

音楽あふれる平和なエプシロン星に、ある日魔人マハリトが現れ、街中の楽器を奪い尽くし、王女エルシラをガーランド城に閉じ込めてしまった。果たして主人公ミロンはガーランド城を攻略し、魔人マハリトを退治し、王女エルシラを救うことができるだろうか。

ゲームシステム[編集]

ゲームは、舞台となる「ガーランド城」の外観から始まり、扉や窓からゲームの主な舞台となる様々な部屋に入ることができる。プレイヤーキャラクターの「ミロン」を操作し、いくつもの部屋をくぐり抜けながら城の最上階を目指し、魔人マハリトを倒し王女を救い出すのがゲームの目的となる。ミロンは城の外観では1キャラ分の小さな姿で、部屋の中では縦2キャラ分の大きな姿で表現される。

ミロンの基本アクションはジャンプ(Aボタン)とシャボン玉状の弾「バブル」の発射(Bボタン)で、バブルをぶつけて部屋の中や城の外観に登場する敵キャラクターを攻撃したり、部屋の中の隠された仕掛けを発見したりできる。また、ミロンには「パワー」と呼ばれる体力が設定されており、敵キャラクターの攻撃を受けるたびに減っていき、0のときに攻撃を受けるとゲームオーバーとなる(ライフ制)。

フロア・部屋解説[編集]

1階[編集]

離れコインの部屋
マップ上部に隔離された区画がある。ここへは3階から入る。
石段の部屋
マップ右下に巨大な階段がある。ショップが存在し、離れコインの部屋よりシューズの値段が安く、ドミノの部屋よりランプの値段が高い。

2階[編集]

ドミノの部屋
上に乗ると壊れてなくなるドミノブロックが多数ある。ランプを石段の部屋より安く買える。
ハドソンの部屋
下部にブロックで「hudson」と書かれている。遠距離攻撃をする敵が多く難易度が高い。
井戸
2階(以上の高さ)から入ることができる。ランプを持っていないと底が暗くて何も見えない。出口ドアは存在しないが、足場を伝って上端まで登れば出ることができる。
地下牢の部屋
井戸の奥にあり、縦に長い部屋を垂直に落下する。続く火の部屋への入り口。
の部屋
触るとダメージを受ける火柱が多数ある。チョッキでダメージを軽減できる。脱出するには風船を使うのが手っ取り早いが、自力で戻って出ることもできる。

3階[編集]

トラップの部屋
バブルを当てると落とし穴に変わるブロックやジャンプ台が、多数仕掛けられている。
(離れコインの部屋)
1階離れコインの部屋の上部エリアに入れる。
暖炉の部屋
最下部に暖炉があり、ここからボスの部屋へ行ける。一部のコインブロックは再度出入りした時に復活する。
ねじりん棒の部屋
名前どおり、壁や柱がねじれた棒のようなデザインになっている。部屋の中央にはエレベーターがある(エレベーターに乗るには羽根が必要)。
の部屋
2エリア構成。上部エリアは上に乗ると溶ける氷ブロックが多数存在。下部エリアは当たると大ダメージを受ける電撃トラップがある。
迷いの部屋
階段状の通路がひたすら続く構成。ある脱出点を見つけないと延々と同じ場所を周回することになる。
魔神殿(右)
バブルを当てると出現する空中ブロック(絵の具が無いと見えないが、乗ることはできる)が多数仕掛けられている。落とし穴も多く、うっかり落ちると最下段まで行ってしまい、左右に抜けて城外へ脱出するしかなくなることもある。中にいる「クロウ」を倒すと杖が手に入る。
魔神殿(左)
右部分と同じく隠しブロックや落とし穴が多数存在する。「クロウ」を倒すと冠が手に入る。

4階[編集]

マハリトの部屋
ほとんど同じ構成で背景色の違う4つの部屋から成る。全ての部屋にマハリトが存在するが、本物は1体のみ。部屋間の移動の際、特定の場所を通過すると城外に戻されてしまう。

その他[編集]

ショップ
色々なアイテムやパワーを売っている。また、攻略のヒントを聞くこともできる。ヒントは無料。
魔獣の部屋
ボスキャラである「魔獣」が待ち構えている部屋。魔獣を倒してクリスタルを取ると、右側のが開いて先に進むことができる。左側の扉は常に開いており、ここから出て魔獣から逃げることもできる(ただし、部屋によっては入った入口から離れた場所へ飛ばされる場合もある)。
ワープゾーン
部屋ではないが、入るだけで他の階に移動できる入口も存在する。

アイテム解説[編集]

ゲームクリアのために必須なものは、薬、シューズ、ハンマー、ノコギリ、水筒、冠、杖である。

敵を倒すと手に入るアイテム[編集]

ハート
体力を1メモリ回復させる。ザコ敵を倒した時に一定確率で出現。
パラソル
敵を7、14、21匹倒すと必ず出現する。バブルを最大3連射できるようになる。他の部屋に入ると効果が消える(魔獣の部屋を除く)。また、3連射の状態で取ると体力が1メモリ回復する。
風船
地下牢の部屋、および火の部屋の特定の敵を倒すと出現。取るとミロンがバブルに包まれ、井戸の外に脱出できる。

部屋の中に隠されているアイテム[編集]

コイン
ショップでアイテムなどを購入する代金となる。暖炉の部屋などの一部を除き、一度しか取ることができない。
ハニカム
触れると体力が1メモリ分伸び、さらに全回復する。出現させても接触して効果を発揮させない限り、ショップ・出口などを経由しその面に入り直すことで再び出す事が出来る。
ハチ助
部屋の中の特定のポイント(何もない空中の場合が多い)にバブルを当てると出現。出現すると斜め上に飛んでいく。取ると2回まで攻撃を防ぐバリアに包まれる。さらにハートかハチ助を取ることで大きくなり、耐久力が倍になる。出現時のプレイヤーの体の向きに合わせて飛び出すので、バブルを撃って素早く反対側を向けばプレイヤー側に誘導することもできる。ハニカムや楽器箱と違い、一度出現させてしまうと取り逃した場合でも同じ場所では二度と出現しない。
カギ
部屋の出口のドアを開ける。その部屋の壊せるブロックを一定数壊すと出現し、カギを入手した面では画面右上にカギマークが表示される。他の脱出方法がある部屋には存在しない。
楽器箱
特定のブロックに頭突きをすると出現。触れるとボーナスステージへ行ける。詳細は後述。出現させても接触してボーナスステージに行かない限り、ショップ・出口などを経由しその面に入りなおせばまた同じ手順で出現させる事が出来る。

ショップで購入するアイテム[編集]

ショップのアイテムは、アイテムの下にあるボタンにジャンプで頭突きをすれば購入することができる。名前のあとのカッコ内は購入時に必要なコイン数。一部はコインなしで手に入る。

ショップで手に入るアイテムを全て(薬~水筒の12個)入手すると、城の外の特定の場所から直接魔神殿に入れるようになり、直前の魔獣の部屋を経由する必要が無くなる。

☆:手に入らなければ次に進めない必修アイテム

☆(5枚)

色の球状の敵「ボグ」に当たると背丈が半分になり、移動が楽になる。この薬を持っていない状態でボグに触れると、ダメージを受ける。2階に行くために必要なアイテムの1つ。

シューズ☆(16枚or10枚)

ジャンプ台が使用出来るようになる。薬同様2階に行くためには必要なアイテムの1つ(どちらかでも欠けていると魔獣「ホーマ」が出ない)。1階の左右の部屋で売っているが、右の部屋にある店の方が安い。
ランプ(50枚or15枚)
井戸の中を明るくする。
チョッキ(24枚)
火の部屋での炎ダメージを軽減する。

ハンマー☆(無し)

城の外壁(特定部分)を壊し、中に入ることが出来る。コインなしで入手できる。

ノコギリ☆(無し)

格子のはまったから中に入ることが出来る。コインなしで入手できる。
羽根(35枚)
ねじりん棒の部屋にあるエレベーターに乗ることが出来る。
ホバリング(40枚)
ジャンプ後、ボタンを押しっぱなしで降下速度がゆっくりになる。
エクスカリバー(50枚)
バブルが虹状に色づき、攻撃力が2倍になる。
スーパーシューズ(60枚)
ジャンプ力が上昇する。ただし城の外では効果はない。
絵の具(44枚)
魔神殿にある見えない空中ブロックを見えるようにすることが出来る。

水筒☆(無し)

中ボスのクロウとファイアを倒せるようになる。コインなしで入手できる。
パワー(5枚)・ハイパワー(16枚)
体力が回復できる。「パワー」は2メモリ、「ハイパワー」は全回復する。
ヒント(無し)
部屋内の情報を教えてくれる。コインなしで入手できる。

重要アイテム[編集]

クリスタル
魔獣を倒すと入手できる。7つ存在し、全て揃えないとマハリトの部屋に入れない。取ると次のフロアや部屋、さらには必修アイテムを売ってある店に進むことが出来たり、様々なパワーアップができる。詳細は#魔獣を参照。
魔神殿にいる中ボス「クロウ」を倒すと出現。2つを揃えないと魔獣「カーマ」のいる部屋に入れず、4階へ上れない。

ボーナスステージ[編集]

一部のステージ中に隠されている「楽器箱」に触れるとボーナスステージが開始する。五線譜の床の下から飛び上がってくる音楽記号を制限時間内により多く集めるのが目的のミニゲームで、得点4につきコイン1個が終了時に加算される。音楽記号は通常の音符(1点)、シャープ(♯・2点)、フラット(♭・-1点)がある。50点以上を獲得した場合はコインのレートが2点につき1個に倍増する。

ステージ背景には7人からなる楽団が並んでいるが、最初のボーナスステージでは楽器を手にしているのは太鼓の1人だけで、BGMは太鼓のパートしか演奏されない。ボーナスステージの回数を重ねるたびに手にする楽器と対応する演奏パートが増えていき、最後の7回目で全パートが揃ったBGMが完成する。登場する楽器は以下の通り。

  1. 太鼓
  2. シンバル
  3. チューバ
  4. オカリナ
  5. ハープ
  6. トランペット
  7. バイオリン

敵キャラクター[編集]

ザコ敵[編集]

スライムアイ
その名のとおりひとつ目のスライム状の敵。左右に動くのみで、動作も鈍い。離れコインの部屋から登場。
タンボ
離れコインの部屋から登場。
マウリ
石段の部屋から登場。
カムリ
高速で飛行する。離れコインの部屋から登場。
ハードタル
ルビデ
手裏剣状の弾を発射してくる。石段の部屋から登場。
ビート
パウメル
ゲルボ
カッチンシャー
左右に動くだけだがスピードが遅くなったり早くなったりする。
サフマ
ブゥードゥー
豚のような姿をしている。井戸の中でハート・パラソルを出すのはブゥードゥーだけである。
メダマルゲ
目玉にタコの足が生えたような見た目。倒したあとの風船をとると井戸から脱出できる。
ギョロ
アグアグ
ブレイントト
脳髄のような姿をしている。
アイアイ
シム
スライムアイと同様、左右に動くのみで、動作も鈍い。
マドーラ
フライングアイ
ウンバオ
フラッグ
スパーク
稲妻のような姿の敵。プレイヤー目がけて一直線に飛んでくる。城の外に一定時間いると現れるほか、氷の部屋や迷いの部屋にも出現する。大バブルでないと倒せない。
ジャイアントヘッド
ボーンウィング

中ボス[編集]

ファイア
火の部屋と暖炉の部屋に出現。止まっているものと動くものがいる。水筒がなければ倒せない。
クロウ
魔神殿の右と左に1体ずついて、それぞれ冠と杖を持っているために必ず倒さなければならない敵。マハリトの部屋にも多数出現し、マハリトの影武者にもなっている。水筒がなければ倒せない。

ボス[編集]

魔獣[編集]

「巨獣」とも呼ばれる。部屋の中をジャンプで移動しつつ放物線状に弾を撃つ、というのが基本的な行動パターンで、以下で紹介する順に攻撃力と耐久力が増加、同時に弾を撃つ頻度が増し、よりプレイヤー側へ迫ってくるようになる。が弱点部分になっており、そこ以外への攻撃は効果が無い。その強さは最終ボスのマハリトをも凌ぐほどで、本作最強の敵たちといっても過言ではない。

ホーマ
が生えた獣のような最初の魔獣。2階への入り口を守る。
倒した後に手に入るクリスタルでゲームオーバー後にコンティニューが出来る。バブル14発で倒すことができる。
ドーマ
のような体にも見えるが、ガス状の体か毛むくじゃらにも思える不可解な姿。火の部屋の最奥にいる。バブル18発で倒すことができる。
倒した後に手に入るクリスタルでプレイヤーの攻撃弾「バブル」が大きくなり、スパークを倒せる。
バルカーマ
のような姿の魔獣。3階への入り口を守る。
倒した後に手に入るクリスタルでプレイヤーの攻撃弾「バブル」が一段遠くに飛ばす事が出来る。バブル22発で倒すことができる。
ブルードーマ
その名の通り青色のドーマ。迷いの部屋の最奥、魔神殿の入り口を守る。バブル40発で倒すことができる。
倒した後に手に入るクリスタルでプレイヤーの攻撃弾「バブル」がさらに遠くに飛ばす事が出来る。(ただし、レッドホーマより後にクリスタルを手に入れても効力無しである)
レッドホーマ
その名の通り赤色のホーマ。暖炉の部屋に隠された魔神殿の入り口を守る。バブル48発で倒すことができる。
倒した後に手に入るクリスタルでプレイヤーの攻撃弾「バブル」がさらに遠くに飛ばす事が出来る。(ただし、ブルードーマより後にクリスタルを手に入れても効力無しである)一部の資料にはクリスタルには特別の効果はないと記したものもある。
レッドバルカーマ
その名の通り赤色のバルカーマ。氷の部屋の最奥にいる。バブル56発で倒すことができる。
倒した後に手に入るクリスタルでプレイヤーの攻撃弾「バブル」がパラソル無しで2連騨となる。
カーマ
骨格のみの姿をした最後の魔獣。4階への入り口を守る。バブル64発で倒すことができる。
倒した後に手に入るクリスタルでプレイヤーの攻撃弾「バブル」がパラソル無しで3連騨となる。

マハリト[編集]

4階の「マハリトの部屋」にいる本作の最終ボス。部屋の中をジャンプで往復し、時折マントを開いて弾を撃つが、ダメージはこの攻撃中にしか与えることができない。「クロウ」が化けた偽者が3体いて、彼らの正体を暴く(一定のダメージを与えればOK)とプレイヤーの体力が一定量回復する。

主な開発者[編集]

『迷宮組曲』の開発部隊は、笹川を中心にプログラマー1人、デザイナー2人、その他に関わった人員を含めても5、6人程度だった[7]

移植[編集]

ゲームボーイ版は『ミロンの迷宮組曲』のタイトルで1993年3月26日発売された。パスワードコンティニューやBGMが追加されている。

2004年2月19日より、PlayStation BB用のハドソンチャンネルにてPlayStation 2用に無料配信されていた(2007年9月3日サービス終了)。

2005年12月22日発売のゲームボーイアドバンス用ソフト『ハドソンベストコレクションVol.3 アクションコレクション』に収録された。

2007年4月10日からWiiバーチャルコンソール向け用の配信タイトルとしてWiiショッピングチャンネルで配信されている。

2012年12月26日からKONAMIよりニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向け用の配信タイトルとして配信されている。

CD[編集]

ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックス VOL.2
2004年3月24日サイトロン・デジタルコンテンツより発売されたCD内の一作品として収録されている。

関連項目[編集]

  • MARS SIXTEEN(2004年/オフィシャルTシャツリリース)

脚注[編集]

  1. ^ 迷宮組曲の発売前であり、ミロンの初登場は同作ということになる。
  2. ^ ボーナスステージへ移行する条件は"楽器箱"を入手することである。これはゲームのクリアには関わらない要素だが、7つとも集めないと主旋律のバイオリンによって完成された楽曲を聴くことが出来ないため、すべて入手することがひとつの「攻略美」とされていた。
  3. ^ 高橋名人 『公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間』 (2009) p.75
  4. ^ 個体により差があり、16連射が可能なものも六、七割あった。[3]
  5. ^ 電人☆ゲッチャ!』 「『迷宮組曲』 - 高橋名人世代」12:00。
  6. ^ All about 迷宮組曲 制作者インタビュー
  7. ^ a b 『迷宮組曲2』が実現する!? 高橋名人の新譜発売イベントを密着レポート/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

外部リンク[編集]