西郷頼母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西郷近悳 / 西郷頼母
Saigō Tanomo.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 天保元年3月24日1830年5月16日
死没 明治36年(1903年4月28日
改名 西郷近悳→保科頼母
別名 頼母(通称)
戒名 栖雲院殿従七位八握髯翁大居士
墓所 善龍寺福島県会津若松市
主君 松平容保
会津藩家老
氏族 西郷氏
父母 父:西郷近思、母:律子(小森家)
兄弟 姉1人、妹7人、弟3人
千重子(飯沼家)
細布(たい)子、瀑布(たき)子、吉十郎、田鶴(たづ)子、五郎、常盤(とわ)子、季(すえ)子
養子:四郎

西郷 頼母(さいごう たのも、文政13年3月24日1830年5月16日) - 明治36年(1903年4月28日)は、江戸時代後期(幕末)の会津藩家老近悳(ちかのり)。明治維新後は保科 頼母(ほしな たのも)と改名。号を栖雲、または酔月、晩年は八握髯翁と号した。

経歴[編集]

会津家老時代[編集]

万延元年(1860年)、家督と家老職を継いで藩主・松平容保に仕えた。文久2年(1862年)、幕府から京都守護職就任を要請された容保に対し、政局に巻き込まれる懸念から辞退を進言したために、容保の怒りを買う。その後も、藩の請け負った京都守護の責務に対して否定的な姿勢を覆さず、禁門の変が起きる直前に上京して藩士たちに帰国を説いている。ところが、賛同されずに帰国を強いられ、家老職まで解任された上に、蟄居させられる。この解任理由は、無断上京を咎められたからとされるが定かではない。その後、他の家老たちの間で頼母の罪を赦してはどうかと話し合われてもいる。

明治元年(1868年)、戊辰戦争の勃発によって容保から家老職復帰を許された頼母は、江戸藩邸の後始末の任を終えたのち会津へ帰還する。このとき、頼母を含む主な家老、若年寄たちは、容保の意に従い新政府への恭順に備えていたが、新政府側からの容保親子の斬首要求に態度を一変した。やむなく頼母も白河口総督として白河城を攻略し拠点として新政府軍を迎撃したが、伊地知正治率いる薩摩兵主幹の新政府軍による攻撃を受けて白河城を失陥(白河口の戦い)したが、その後二ヶ月以上も白河口を死守する。7月2日に棚倉城陥落の責任を取らされて総督を解任される。会津防衛に方針転換してからは進入路に当たる峠(背炙山)の1つを守っていたが、他方面の母成峠を突破されたために、新政府軍には城下へ侵入されてしまった。

そこで若松城に帰参した頼母は、再び恭順を勧めた。しかし会津藩士の多くは、なおも新政府への徹底抗戦を主張。意見の折り合わぬ頼母は、長子・吉十郎のみを伴い城から脱出することとなった。この際、頼母自身は「軽き使者の任を仰せつかり…」、と述べており(栖雲記)、越後口の萱野長修の軍への連絡にかこつけた追放措置とされる。道中には家老・梶原平馬の命令で刺客が差し向けられたが、刺客の任に当たった者たちは敢えて頼母親子の後を追わなかったともいう。

戊辰戦争以降[編集]

会津から落ち延びて以降、榎本武揚土方歳三と合流して箱館戦線で江差まで戦ったものの、旧幕府軍が降伏すると箱館で捕らえられ、館林藩預け置きとなった。明治3年(1870年)、西郷家は藩主である保科家(会津松平家)の分家[1]でもあったため、本姓の保科に改姓し、保科頼母となる。

明治5年(1872年)に赦免され、伊豆で依田佐二平の開設した謹申学舎塾の塾長となる。

明治8年(1875年)には都都古別神社(現・福島県東白川郡棚倉町)の宮司となるが、西南戦争が勃発すると、西郷隆盛と交遊があったため謀反を疑われ、宮司を解任される。実際、隆盛と頼母の手紙のやりとりはあったが、慶応年間からの知り合いと伝承では成り立っている[2]

明治12年(1879年)、長男の吉十郎が病没したため、甥(志田貞二郎の三男)の志田四郎を養子とし、彼に柔術を教えた。

明治13年(1880年)、旧会津藩主・松平容保が日光東照宮宮司となると、頼母は禰宜となった。明治20年(1887年)、日光東照宮の禰宜を辞し、大同団結運動に加わる。会津と東京を拠点として政治活動に加わり、代議士となる準備を進めていたが、大同団結運動が瓦解したため政治運動から身を引き、郷里の若松(現・会津若松市)に戻った。

明治22年(1889年)から明治32年(1899年)まで、福島県伊達郡霊山神社で神職を務め、辞職後は再び若松に戻った。

明治36年(1903年)に会津若松の十軒長屋で74歳で死去。墓所は妻・千重子の墓とともに、会津の善龍寺にある。

系譜[編集]

西郷家は、室町時代仁木氏守護代を務めた三河国の名家であったが、やがて勢力を拡大させる松平家に臣従した。その後、徳川政権下で御三家や有力譜代の家臣として存続し続けた。そして会津藩における西郷家は その傍流の1つとして目され、初代の西郷近房以来200年余、会津藩松平家の家老を代々務める家柄であり、頼母で9代目となっていた。家禄1,700石。家紋は鷹の羽、また保科家並び九曜紋を許されていた。

  • 父:西郷近思(1805-1860)
  • 母:律子(1811-1868)
  • 妹:眉寿子(1843-1868)
  • 妹:由布子(1846-1868)
  • 妻:千重子(1835-1868)
    • 長女:細布子(1853-1868)
    • 次女:瀑布子(1856-1868)
    • 長男:吉十郎有鄰(1858-1879)
    • 三女:田鶴子(1861-1868)
    • 次男:五郎(夭逝)
    • 四女:常盤子(1865-1868)
    • 五女:季子(1867-1868)
    • 養子:四郎(1866-1922)

母、妹2人、妻、5人の娘は慶応4年8月23日(1868年10月8日)、頼母の登城後に親戚12人と共に自邸[3]で自害した[4]。 この家族の受難は戊辰戦争の悲話として紹介され、そのため頼母は会津藩に最後まで忠誠を尽くした忠臣であるとの好意的評価もされている。

長男・吉十郎有鄰は当時11歳で父・頼母に連れられ、籠城中の若松城を脱出し、仙台から函館へ向かい、函館で父が五稜郭に入城の時に坂本龍馬の従兄弟で函館のギリシャ正教神父・沢辺琢磨に託された。病のため東大医学部病院で死去(戦後は西郷隆盛の援助でアメリカ留学したとの説、西南戦争に鹿児島で戦傷説もある)。墓は東京都港区麻布長谷寺である。

養子・四郎は会津藩士・志田貞二郎の三男で頼母の甥にあたる。明治14年(1881年)、養子とした。四郎は成人した後、上京して講道館に入門し柔道家として大成する。小説や映画で名高い姿三四郎は彼がモデルとされる。

人物・逸話[編集]

  • 著作に『栖雲記』がある。
  • 大東流合気柔術の伝承によると、頼母は藩士時代に武田惣右衛門から御式内等の武芸と陰陽道を学び、明治31年(1898年)に霊山神社を訪ねた武田惣角(武田惣右衛門の孫)に御式内を伝授したという。

西郷一族の辞世[編集]

  • 母 律子(58歳)
「秋霜飛兮金風冷 白雲去兮月輪高」
  • 妻 千重子(34歳)
「なよ竹の風にまかする身ながらも たわまぬ節はありとこそきけ」
  • 妹 眉寿子(26歳)
「死にかへり幾度世には生きるとも ますら武雄となりなんものを」
  • 妹 由布子(23歳)
「武士の道と聞きしをたよりにて 思いたちぬる黄泉の旅かな」
  • 長女 細布子(16歳) 下の句
  • 次女 瀑布子(13歳) 上の句
「手をとりてともに行なばまよはじよ いざたどらまし死出の山みち」

演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

  • 「幕末の会津藩家老 西郷頼母」堀田節夫
  • 「『帰る雁が祢』私注」堀田節夫
  • 「自叙伝『栖雲記』私注」堀田節夫
  • 「会津史談」「御守護職以降憶測誌」倉澤平治右衛門著 伊藤哲也訳・解説
  • 「幕末・会津藩士銘々伝」「倉澤平治右衛門」伊藤哲也著
  • 「幕末・会津藩士銘々伝」「西郷頼母」堀田節夫著
  • 「栖雲記」西郷頼母著 宮崎十三八、堀田氏訳
  • 「会津若松市史研究五号」「守護職以降ノ概略記」倉澤平治右衛門著 伊藤哲也訳・解説
  • 「戊辰落日」綱淵謙錠 文春文庫

補注[編集]

  1. ^ 保科正之の養父であった正光の叔父の血統。その子・正近(正光の従弟)が外孫を養子に迎えたが、事情により生家の西郷姓を名乗っていた。
  2. ^ 偶然ではあるが、頼母と隆盛は同族の関係にある。詳細は西郷氏参照。
  3. ^ 西郷頼母邸跡の石碑が若松城正面の追手門町にある。
  4. ^ 詳細は中島信行#エピソード参照。

関連項目[編集]