繁藤駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
繁藤駅
駅舎
駅舎
しげとう - Shigetō
D34 角茂谷 (2.1km)
(6.3km) 新改 D36
所在地 高知県香美市土佐山田町繁藤
駅番号 D35
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 97.6km(多度津起点)
電報略号 シケ
アマ(天坪駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1930年(昭和5年)6月21日
備考 無人駅
ホーム

繁藤駅(しげとうえき)は、高知県香美市土佐山田町繁藤にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線駅番号D35。JR四国の駅の中で最も高い標高347mに位置し、ここから高知方面に向けて一気に下っていく。

駅構造[編集]

ホームは2面3線。改札口側に単式ホーム1線、跨線橋を渡ると島式ホーム2線があり、待避や行き違いが可能である。

2009年春に長年続けられていた簡易委託による乗車券発売が終了し、現在は完全に無人駅化されている。

特急通過駅ながら、特急列車同士の行き違いのための運転停車のほか、普通列車は追い越しの通過待ちも多い。

のりば

駅舎側から、

1 土讃線 (上り) 大歩危阿波池田方面
2 土讃線 (下り) 土佐山田後免高知方面
3 土讃線 (上り/下り) 大歩危・阿波池田方面 (特急の待避)
土佐山田・後免・高知方面 (特急の待避)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

天坪は「あまつぼ」と読む。“雨”坪と言われるほど雨が良く降る場所で、高知県で大雨が降ると降水量の上位に頻繁に挙げられている。また、かつて当駅から石原満俺軌道という鉄道が、マンガンを採掘していた黒滝鉱山(現在は穴内ダムの湖底に沈んでいる)に向かって敷設されていた。1952年ごろに撤去されたようだが、現在でも土讃線を跨いでいた橋梁の橋台や当時使っていたと思われるレールなどの残骸が残っている。

繁藤災害[編集]

1972年(昭和47年)7月4日から5日にかけて、暖かく湿った空気が舌状に大量に流れ込むことで大雨をもたらし“姿なき台風”とも呼ばれる「湿舌」が四国山地にぶつかったことにより、土佐山田町繁藤では1時間降雨量95.5mm(5日6時)、24時間の降雨量が742mm(4日9時~5日9時)という激しい集中豪雨に見舞われた。平年の3か月分という大量の雨が一気に降った影響で地盤が緩み、至る所で小規模な土砂崩壊が発生していた。

降り始めからの雨量が600mm近くに達した5日午前6時45分、駅前にそびえる追廻山(550m)の駅付近の山腹が高さ20m・幅10mにわたって小崩壊し、人家の裏で流出していた土砂を除去していた消防団員1名が崩れ落ちてきた土砂200m³に埋もれて行方不明となった。早速、町職員や消防関係者が招集され、約120名が降りしきる雨の中、重機を使用した捜索活動が行われた。

前日からの激しい雨はさらに降り続き、降り始めからの雨量が780mmに達した午前10時50分頃、小崩壊を起こした山腹が、いくつかの雷が一度に落ちたような大きな音と共に幅170m、長さ150m、高さ80mにわたって大崩壊を起こし、10万m³もの大量の土砂が駅周辺の民家のほか、駅および駅構内3番線に停車中だった高知高松行き224列車[1]DF50 45号機牽引、客車4両)を直撃した。突如発生した大崩壊による土石流は、家屋12棟や機関車1両と客車1両を一気に飲み込み、現場付近で救助活動を行っていた町職員や消防団員、その活動を見守っていた周辺住民や列車の乗務員、乗客らを巻き込んだ後、駅背後を流れる20m下の穴内川まで流れ落ち川を埋め尽くした。中でも機関車は川の対岸まで飛ばされるほどに土砂に押し流され、1両目の客車が機関車の上に乗りかかるように埋没、2両目が崩れ残った路盤に宙吊りとなり、辛うじて3両目と4両目の客車が被災を免れた。[2]

自衛隊や機動隊、消防等関係者ら1,300人体制による捜索・救出活動(および遺体収容作業)は約1ヶ月間続き、延べ約2万人が従事したが、最終的に死者60名(大崩壊による死者は59名)、負傷者8名、家屋全壊10棟、半壊3棟の被害を出すに至った。駅構内の半分を土砂に飲み込まれたほか、一部の路盤を失って不通となった土讃本線[3]は、復旧までに23日を要している。

災害発生の原因となった追廻山の山腹は、元々破砕帯が露出した比較的脆弱な岩盤構造となっており、折からの大雨で土中に多量の水分を含んでいたため、崩壊が起こりやすくなっていた(最初の小崩壊に巻き込まれた消防団員は、現場付近で小規模に崩落した土砂の除去にあたっていた)。小崩壊が起こったことによって、それよりも上部の破砕帯は地下水の流出経路を失い、土中にさらに多くの地下水が貯留され、それが過飽和になった時点で大崩落が発生したと推測されている。

この災害は、最初の小崩壊によって生き埋めになった消防団員の捜索、救出活動を行っている真っ最中に起こった「二次災害」といえるものであったため、その後に被害者遺族が起こした訴訟では、「怠慢による不作為」という行政の責任が問われることとなった。災害発生当時、降り続く雨によって災害現場の地盤が非常に不安定であり、なおかつ落石等で頻繁に救出作業が中断されていたという当時の現場状況において、作業に従事していた消防団員が大規模崩壊を予測できたか否か、自然災害における行政の責任を問う全国初の裁判となったのである。一審の高知地裁では、「消防団幹部が崩壊の予兆を見逃す『不法行為』をし、そのために大勢の死者が出た人災」と判決され原告が勝訴した。しかし、控訴審の高松高裁では一転して予測不可能な「天災」と判決された後、19年後の1991年9月に最高裁で和解が成立した。

この災害の教訓から高知県の防災行政が見直されたほか、消防団員の研修内容に「現場の状況から危険を察知し避難する判断力の重視」という新たな項目が加わった。なお、本災害は繁藤災害として知られている。また、駅から国道32号線を高松方向に数百m進んだ地点には、本災害の慰霊碑やモニュメントを設けた広場があり毎年、慰霊祭が行われている。この慰霊碑は列車の窓からも見ることができる。

その他[編集]

列車の交換風景

JR四国の普通列車は便所が設置されていない車両も多いが、長時間停車する事が多い当駅では、駅の施設を利用する時間があるという点で貴重である。なお、車内放送で案内されることもある。

2009年4月1日より、香美市によるコミュニティバスが繁藤地区(繁藤駅)~土佐山田駅間に1年間の試験運行開始。2010年以降も継続運行中。平日のみ一日3往復。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
角茂谷駅 (D34) - 繁藤駅 (D35) - 新改駅 (D36)

脚注[編集]

  1. ^ 大雨による運転規制の影響で、午前6時16分頃に当駅到着後、運転を中止していた。
  2. ^ 1972年(昭和47年)7月6日付朝日新聞参照。
  3. ^ 1988年に線路名称が改められている。詳細は、土讃線の項目を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]