薊野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
薊野駅
跨線橋より高知駅方面を望む
跨線橋より高知駅方面を望む
あぞうの - Azōno
D43 土佐一宮 (1.8km)
(2.1km) 高知 D45・K00
所在地 高知県高知市薊野中町
駅番号 D44
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線直通含む)
キロ程 124.5km(多度津起点)
電報略号 アノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1952年昭和27年)4月15日
備考 無人駅(自動券売機 有)
2番ホームを通過する上り列車

薊野駅(あぞうのえき)は、高知県高知市薊野中町にある、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D44

後免駅から乗り入れる土佐くろしお鉄道阿佐線(愛称:ごめん・なはり線)の列車も停車する。普通列車の朝上り1本は当駅を通過する。

駅構造[編集]

かつてはホーム1本の交換可能駅で国鉄時代からJR初期にかけてはホームは1両分しかなく普通列車でも通過していたが、やがてホームの嵩上げと4両分への延長が施されほとん殆どの普通列車が停車するようになった。

その後JR高知駅高架事業に伴い高知運転所が布師田駅へ移転したことに伴い、元の位置より東方向(高松方面)へ移動し交換設備を備えた相対式ホーム2面2線を持つ地上駅となった。

駅舎はなく、直接ホームに入る形となる。入口は2番ホーム側にのみあり、1番ホームへは跨線橋を渡る必要がある。ただ1番ホームの高知寄りにも、入口を作れる構造になってはいる。また、入口付近の小屋の中に自動券売機があり、近距離の乗車券を発売している。また、駅前には駐輪スペースもある。トイレは設置されていない。

のりば[編集]

1・2 土讃線 (下り) 高知伊野須崎窪川方面
(上り) 土佐山田阿波池田安芸奈半利方面

線路から見て南側が1番線、北側が2番線となっている。2番線側を本線とした一線スルーの駅で、ホームによる行き先の区別はない。通常は2番線のみ使用されており、1番線は列車の行き違いが必要な場合のみ使用される。

駅周辺[編集]

駅入口から出てすぐ北側が道路となっている。周囲は住宅が多い。高知県交通の薊野バス停がすぐ近くにある。バスの本数も比較的多い。

2006年3月24日には高速バスのバスターミナル高知インター南バスターミナルが駅の南側に完成した。同ターミナルはジェイアール四国バス専用で、同社が参加している他の民営バス会社との共同運行路線(高松線・徳島線・岡山線など)など、停車しない路線があるので注意。

周辺施設[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

  • 高知運転所がこの駅から先(土佐一宮駅の東方)に設置されている関係で、高知駅に出入りするなどの回送列車の通過が多い。中には、回送列車同士の交換のために運転停車が行われることもある。
  • 神奈川県にある「あざみ野駅」の東急田園都市線ホームの駅名標に、2009年ごろ中国語簡体字)表記が追加されたが、この中国語による表記は当駅と同じものとなっている。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
土佐一宮駅 (D43) - 薊野駅 (D44) - 高知駅 (D45,K00)

関連項目[編集]