佃駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佃駅
駅入口(2008年(平成20年)8月14日)
駅入口
(2008年(平成20年)8月14日)
つくだ - Tsukuda
所在地 徳島県三好市井川町西井川1201番地
所属事業者 JR logo (shikoku).svg四国旅客鉄道(JR四国)
電報略号 ツク
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
27人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1950年(昭和25年)1月10日
乗入路線 2 路線
所属路線 土讃線
駅番号 D21
キロ程 38.8km(多度津起点)
D20 箸蔵 (3.4km)
(5.1km) 阿波池田 D22
所属路線 徳島線
駅番号 B24
キロ程 0.0km(佃起点)
B23 (1.5km)
(-km) (阿波池田)* B25
備考 無人駅
*全列車が阿波池田駅まで乗り入れ
構内(2008年8月14日)

佃駅(つくだえき)は、徳島県三好市井川町西井川にある四国旅客鉄道(JR四国)の駅番号D21B24

線路名称上は、徳島線の起点は当駅である。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ地上駅。駅舎側1番線が土讃線上下本線(制限速度80km/h)で一線スルーと徳島線上下副本線、2番線が徳島線上下本線と土讃線上下副本線。

駅舎は平家建で、ホームとは跨線橋で結ばれている。駅前広場は特になく、駅舎は直接道路に接している。

簡易委託駅で駅前の商店で近距離切符を販売していたが、現在は中止されている。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は下記の通り。

  • 50人(1995年度)
  • 54人(1996年度)
  • 42人(1997年度)
  • 45人(1998年度)
  • 41人(1999年度)
  • 43人(2000年度)
  • 43人(2001年度)
  • 41人(2002年度)
  • 43人(2003年度)
  • 33人(2004年度)
  • 33人(2005年度)
  • 34人(2006年度)
  • 35人(2007年度)
  • 36人(2008年度)
  • 31人(2009年度)
  • 27人(2010年度)

バス路線[編集]

路線バス[編集]

  • 佃駅南

歴史[編集]

  • 1929年(昭和4年)4月28日 - 讃予線(現在の土讃線)と徳島本線(現在の徳島線)の分岐点として佃信号場開設。
  • 1950年(昭和25年)1月10日 - 佃信号場を格上げして佃駅開業。当初は土讃線の列車のみ停車。
  • 1962年(昭和37年)7月18日 - 新ホームを設置して徳島本線の列車も停車開始。
  • 1983年(昭和58年)4月1日 - 無人駅化(簡易委託駅化)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により四国旅客鉄道が継承。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
箸蔵駅 (D20) - 佃駅 (D21) - 阿波池田駅 (D22)
徳島線
辻駅 (B23) - 佃駅 (B24) - (阿波池田駅) (B25) ※線路名称上の徳島線の起点は当駅

特記事項[編集]

土讃線琴平駅方面 - 徳島線徳島駅方面間を利用する場合は、分岐駅通過の特例で佃駅 - 阿波池田駅間を往復できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年

関連項目[編集]