トマム駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマム駅
トマム駅 (2011年9月)
トマム駅 (2011年9月)
トマム - Tomamu
K21 占冠 (21.3km)
(33.8km) 新得 K23
所在地 北海道勇払郡占冠村字中苫鵡
駅番号 K22
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石勝線
キロ程 98.6km(南千歳起点)
電報略号 トム
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1981年昭和56年)10月1日
備考 無人駅

トマム駅(トマムえき)は、北海道勇払郡占冠村字中苫鵡(トマム)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線である。駅番号K22。 駅名の「トマム」は、アイヌ語で湿地のこと。

駅構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅一線スルー化はされていない。2線とも上下列車が使用可能であるが、原則として駅構内は左側通行で、駅舎と反対側の1番線が上り(札幌方面)、駅舎側の2番線が下り(帯広釧路方面)となっている。ホームの移動は跨線橋を使う(アルファリゾート開業前、跨線橋が完成するまでは札幌側に構内踏切があり、現在でも跡が残っている)。なお、石勝線の各駅は駅舎の位置にかかわらず、下り方向に向かって右側から1番線、2番線……と決められている。
  • 駅自体は無人駅新夕張駅管理)で、建設時は有人化を見込んで窓口を設けたが閉鎖されている。ただしリゾートホテル内のインフォメーションセンターに「トマムトラベルセンターみどりの窓口)」があり、事実上これが当駅の営業窓口となって機能している。この窓口の係員は新夕張駅から派遣されている。
  • リゾートホテルの従業員がホームまで来て、乗客の送迎をしている。
  • 標高538mの地点にあり、道内において旅客を取り扱う停車場としては一番標高が高いところにある。
  • 1番線には比較的長い安全側線がある。
冬季のトマム駅(2004年2月)
跨線橋がそのままリゾートへ続く。(2005年2月)
トマム駅リゾート側建物とリゾートへの送迎バス。(2010年3月)
トマムトラベルセンター。時間を区切って人員が配置される。(2005年2月)

利用状況[編集]

石勝線開通後にリゾート開発が進み、ホテルやスキー場がある。利用者もこれらのリゾート施設の利用者が主である。

特急スーパーおおぞら」4号を除く全列車が停車する。開業時から普通列車は運行されていないため、新夕張 - 新得間で特急「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の自由席を利用する場合に限り、特急料金不要の特例がある。

駅周辺[編集]

離れた場所にリゾートホテルが建つ。公共施設などの市街地機能は約4 km離れた上苫鵡(上トマム)地区にある。

歴史[編集]

  • 1981年(昭和56年)10月1日 - 石勝線開通と同時に日本国有鉄道石勝高原駅(せきしょうこうげんえき)として開業。旅客のみ取扱い。
  • 1987年(昭和62年)
    • 2月1日 - トマム駅に改称。それに従って、隣のトマム信号場がホロカ信号場に改称された。
    • 4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
石勝線
占冠駅 (K21) - (東占冠信号場) - (滝ノ沢信号場) - (ホロカ信号場) - トマム駅 (K22) - (串内信号場) - (上落合信号場) - (新狩勝信号場) - (広内信号場) - (西新得信号場) - 新得駅 (K23)

関連項目[編集]