土佐岩原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土佐岩原駅
駅舎
駅舎
とさいわはら - Tosa-Iwahara
D27 大歩危 (7.2km)
(4.0km) 豊永 D29
所在地 高知県長岡郡大豊町岩原
駅番号 D28
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 72.7km(多度津起点)
電報略号 ハラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1935年(昭和10年)11月28日
備考 無人駅
プラットホーム

土佐岩原駅(とさいわはらえき)は、高知県長岡郡大豊町岩原に所在する四国旅客鉄道(JR四国)土讃線駅番号D28

概要[編集]

土讃線に於ける高知県内最初の駅であり、高知県内に於ける最北端駅ともなっている。更に、1974年土佐電気鉄道安芸線が廃止されてから1992年阿佐海岸鉄道阿佐東線が開業されるまでは、同県内に於ける最東端駅でもあった。

上り方の次駅・大歩危との間には、徳島・高知県境と共に、全長4,179mの大歩危トンネルが存在する。同トンネルは、1986年3月の予讃線短絡ルート開通に伴い犬寄トンネル(6,012m)が使用開始となるまで、四国島内のJR線に於ける最長のトンネルとなっていた[1]

現在は普通列車のみ停車する。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。現在は無人駅となっている。

駅舎には、かつてJAが併設されていたが廃止され、それ以後JAが入居していた部分にはシャッターが下りている。

のりば
1 土讃線 (上り) 大歩危阿波池田方面
2 土讃線 (下り) 土佐山田後免高知方面

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
大歩危駅 (D27) - 土佐岩原駅 (D28) - 豊永駅 (D29)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デアゴスティーニ編集部 (2013年8月13日). “【第8回】土讃線(後編)阿波池田~土佐山田”. ホビコム『鉄道名情景紀行』. デアゴスティーニ(DeAGOSTINI). 2014年8月9日閲覧。→アーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]