大歩危駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大歩危駅*
駅舎(2011年9月6日)
駅舎(2011年9月6日)
おおぼけ - Ōboke
D26 小歩危 (5.7km)
(7.2km) 土佐岩原 D28
所在地 徳島県三好市西祖谷山村徳善西6
駅番号 D27
所属事業者 JR logo (shikoku).svg四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 65.5km(多度津起点)
岡山から118.2km
高松から98.2km
電報略号 オケ
アカ(阿波赤野駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
83人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1935年昭和10年)11月28日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1950年に阿波赤野駅から改称。
構内(2008年8月14日)

大歩危駅(おおぼけえき)は、徳島県三好市西祖谷山村徳善西にある、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D27。隣の土佐岩原駅との間で県境を越える。

概要[編集]

構内には大歩危の渓谷を眺めることの出来る遊歩道がある。その名称から隣りの小歩危駅と共に「オオボケ・コボケ」と呼び親しまれており、メディアでも時折ネタとして紹介されることがある。また、作家の阿川弘之も「大ぼけ小ぼけ」というタイトルの書籍を刊行している。

特急列車が停車する。また阿波池田駅から当駅までの区間列車が、夕方以降に2往復存在する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。その奥に単式ホームがある。島式ホームが1・2番線である。

かつては平日午前中のみ駅員が配置されていたが、2010年10月1日に完全な無人駅となった。駅の管理は阿波池田駅が行っている。自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

1・2・3 土讃線 (上り) 阿波池田琴平高松岡山方面
(下り) 土佐山田後免高知中村宿毛方面

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は下記の通り。

  • 172人(1995年度)
  • 175人(1996年度)
  • 171人(1997年度)
  • 178人(1998年度)
  • 156人(1999年度)
  • 145人(2000年度)
  • 152人(2001年度)
  • 150人(2002年度)
  • 133人(2003年度)
  • 115人(2004年度)
  • 110人(2005年度)
  • 100人(2006年度)
  • 103人(2007年度)
  • 98人(2008年度)
  • 89人(2009年度)
  • 83人(2010年度)

駅周辺[編集]

吉野川の渓谷が美しい大歩危・小歩危の南端にあり、平家落人の里やかずら橋のある(秘境)祖谷渓への入口でもある。駅前から「かずら橋行き」のバスが一日に数本でている。

バス路線[編集]

※ 四国交通バスは通常1日4往復であるが、4月~11月の休日は大歩危峡~かずら橋間が増便される。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
特急「南風」・「しまんと
阿波池田駅 (D22) - 大歩危駅 (D27) - (一部大杉駅 (D32)) - 土佐山田駅 (D37)
普通
小歩危駅 (D26) - 大歩危駅 (D27) - 土佐岩原駅 (D28)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR四国 駅業務体制の見直しについて”. 四国旅客鉄道 (2010年6月21日). 2010年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]