大歩危駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大歩危駅*
駅舎(2011年9月6日)
駅舎(2011年9月6日)
おおぼけ - Ōboke
D26 小歩危 (5.7km)
(7.2km) 土佐岩原 D28
所在地 徳島県三好市西祖谷山村徳善西6
駅番号 D27
所属事業者 JR logo (shikoku).svg四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 65.5km(多度津起点)
岡山から118.2km
高松から98.2km
電報略号 オケ
アカ(阿波赤野駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
83人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1935年昭和10年)11月28日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1950年に阿波赤野駅から改称。
構内(2008年8月14日)
大歩危駅 ホームの様子(2006年10月8日)
すぐ近くに景勝地である大歩危渓谷がある(2006年10月8日)

大歩危駅(おおぼけえき)は、徳島県三好市西祖谷山村徳善西に所在する、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線駅番号D27

概要[編集]

土讃線に於ける徳島県内最後の駅となっている。下り方の次駅・土佐岩原との間に徳島・高知県境が横たわると共に、全長4,179mの大歩危トンネルが存在する。同トンネルは、1986年3月の予讃線短絡ルート開通に伴い犬寄トンネル(6,012m)が使用開始となるまで、四国島内のJR線に於ける最長のトンネルとなっていた[1]

構内には大歩危の渓谷を眺めることの出来る遊歩道がある。その名称から上り方の次駅・小歩危と共に「オオボケ・コボケ」と呼び親しまれており、メディアでも時折ネタとして紹介されることがある。また、作家の阿川弘之も「大ぼけ小ぼけ」というタイトルの書籍を刊行している。

特急列車が停車する。また阿波池田駅から当駅までの区間列車が、夕方以降に2往復存在する。

三好市や民間宿泊業者のPR効果もあり、近年は外国人観光客の利用が増加している[2]

歴史[編集]

  • 1935年昭和10年)11月28日阿波赤野駅(あわあかのえき)として開業。
  • 1950年(昭和25年)10月1日大歩危駅に改称。(西宇 → 小歩危と同日)
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、四国旅客鉄道の駅となる。
  • 2008年平成20年)3月15日:ダイヤ改正によって、すべての特急列車が停車するようになる。
  • 2010年(平成22年)10月1日:無人化[3]
  • 2011年(平成23年)7月9日:柴犬の虎太郎が助役に就任。
  • 2013年(平成25年)11月:無人化で使用されなくなった旧事務室(約35平方メートル)を改装して観光案内所を設置。株式会社大歩危妖怪村が運営[2]
  • 2014年(平成26年)12月:観光案内所をJR大歩危駅活性化協議会が運営[2]
  • 2015年(平成27年)4月:観光案内所を三好市観光協会が運営予定[2]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。島式ホームが1・2番線で、その奥の単式ホームが3番線である。さらに単式ホームの奥は遊歩道に繋がっている。駅構内にはトイレはないが、駅舎の横に2010年に改築されたトイレが設置されている。

かつては平日午前中のみ駅員が配置されていたが、2010年10月1日に完全な無人駅となった。駅舎内には自動券売機が設置されており、近距離の乗車券と自由席特急券を発売している。なお、駅の管理は阿波池田駅が行っている。

観光案内所は駅事務室を改装したものなので、構造上駅の外からは直接入れず、一旦改札口を抜けて駅構内から入るようになっている。この観光案内所と改札口との間には『ど根性もみじ』と書かれたカエデが生えている。また、地元生まれの妖怪こなきじじいが駅長に就任し、観光案内所入口横に木彫りのこなきじじい像が置かれている[4]

のりば[編集]

1・2・3 土讃線 (上り) 阿波池田琴平高松岡山方面
(下り) 土佐山田後免高知中村宿毛方面

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は下記の通り。

  • 172人(1995年度)
  • 175人(1996年度)
  • 171人(1997年度)
  • 178人(1998年度)
  • 156人(1999年度)
  • 145人(2000年度)
  • 152人(2001年度)
  • 150人(2002年度)
  • 133人(2003年度)
  • 115人(2004年度)
  • 110人(2005年度)
  • 100人(2006年度)
  • 103人(2007年度)
  • 98人(2008年度)
  • 89人(2009年度)
  • 83人(2010年度)

なお、2014年の利用者は約3万人で、そのうち約1割が外国人であった[2]

駅周辺[編集]

吉野川の渓谷が美しい大歩危・小歩危の南端にあり、平家落人の里やかずら橋のある(秘境)祖谷渓への入口でもある。駅前からかずら橋行きのバスが一日に数本でている。

バス路線[編集]

※ 四国交通バスは通常1日4往復であるが、4月 - 11月の休日は大歩危峡 - かずら橋間が増便される。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
特急「南風」・「しまんと
阿波池田駅 (D22) - 大歩危駅 (D27) - (一部大杉駅 (D32)) - 土佐山田駅 (D37)
普通
小歩危駅 (D26) - 大歩危駅 (D27) - 土佐岩原駅 (D28)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デアゴスティーニ編集部 (2013年8月13日). “【第8回】土讃線(後編)阿波池田〜土佐山田”. ホビコム『鉄道名情景紀行』. デアゴスティーニ(DeAGOSTINI). 2014年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e 大歩危駅に観光案内所設置 三好市、職員も雇用し観光客に対応”. 徳島新聞 (2015年3月11日). 2015年3月25日閲覧。(徳島新聞2015年3月11日付21面「地域 ワイドとくしま」にも同記事が掲載されている)
  3. ^ JR四国 駅業務体制の見直しについて”. 四国旅客鉄道 (2010年6月21日). 2012年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月22日閲覧。
  4. ^ 第35回サントリー地域文化賞を受賞した徳島県三好市「四国の秘境 山城・大歩危妖怪村」サントリーチャンネル、2013年09月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]