土佐一宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土佐一宮駅
駅舎
駅舎
とさいっく - Tosa-Ikku
D42 布師田 (1.3km)
(1.8km) 薊野 D44
所在地 高知県高知市一宮徳谷1-8
駅番号 D43
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線直通含む)
キロ程 122.7km(多度津起点)
電報略号 イツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年(大正14年)12月5日
備考 無人駅
跨線橋より薊野駅方面を望む
2番のりばを通過する下り列車

土佐一宮駅(とさいっくえき)は、高知県高知市一宮徳谷にある、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D43

後免駅から乗り入れる土佐くろしお鉄道阿佐線(愛称:ごめん・なはり線)の列車も停車する。

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線が変則的に配置された地上駅。駅舎側の1番線の線路は2つのホームに挟まれているが、2番線側は柵が配置されている。これとは別にもう1本線路(3番線)があるがホームはなく、主に高知運転所への回送列車待機用(車両基地はこの駅の構内扱い)として使用されている。ホーム間は跨線橋で連絡する。

コンクリート作りの簡易駅舎を持つ無人駅。男女兼用の汲取式トイレが駅舎を出て左側にある。

のりば[編集]

1・2 土讃線 (下り) 高知伊野須崎窪川方面
(上り) 土佐山田阿波池田安芸奈半利方面

駅舎反対側の2番線を本線とした一線スルーではあるが、乗客が跨線橋を渡らずに済むよう、停車列車は本来副本線である駅舎側の1番線を優先的に使用する。2番線は行き違いや特急の通過に使われている。当駅では、特急列車同士の行き違いも行われている。一方の特急列車を回送列車待機用の線路に運転停車させ、対向の特急列車を通過させるという方法で行われる。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
布師田駅 (D42) - 土佐一宮駅 (D43) - 薊野駅 (D44)

関連項目[編集]