小歩危駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小歩危駅
駅前(2008年(平成20年)8月14日)
駅前
(2008年(平成20年)8月14日)
こぼけ - Koboke
D25 阿波川口 (4.7km)
(5.7km) 大歩危 D27
所在地 徳島県三好市山城町西宇
駅番号 D26
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 59.8km(多度津起点)
電報略号 コケ
ニシ(西宇駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1935年(昭和10年)11月28日
備考 無人駅
駅舎(2011年9月6日)
構内(2008年8月14日)

小歩危駅こぼけえき)は、徳島県三好市山城町西宇にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D26

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の交換可能の無人駅である。道路や集落などからみるとかなり高い場所にあり、断崖を無理矢理削って作られた駅である。 他のJR四国の駅同様以前からの駅舎をリフォームして使用しているが、他の駅よりも元の建物の雰囲気を残している。

駅舎側の1番線を上下副本線、2番線を上下主本線とした一線スルー構造であり、通過列車は原則として2番線を通行していくが、停車列車は乗降客が構内踏切を渡らずに済むよう、1番線に優先的に停車する。

ホーム 路線 方向 行先
1・2 土讃線 下り 土佐山田後免高知方面
上り 阿波池田琴平徳島方面

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
阿波川口駅 (D25) - 小歩危駅 (D26) - 大歩危駅 (D27)

備考[編集]

その名称から隣りの大歩危駅と共に「オオボケ・コボケ」と呼び親しまれており、メディアでも時折ネタとして紹介されることがある。また、作家の阿川弘之も「大ぼけ小ぼけ」というタイトルの書籍を刊行している。

関連項目[編集]