篠田昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

篠田昇(しのだ のぼる、1952年2月21日 - 2004年6月22日)は、日本の撮影監督埼玉県北葛飾郡(現:三郷市)出身。日本大学芸術学部卒業。

映画番長の愛称で多くの映画人に愛されたカメラマン。『ラブホテル』(1985年)監督:相米慎二が、劇場用の最初の作品。

2004年6月22日、肝不全のため死去。享年52。

遺作となる『世界の中心で、愛をさけぶ』で、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。

実兄はJR三郷駅前の美容室『EMU』(現在はグリューネに改名、実兄の妻が経営)のオーナー。そんな縁もあり、同美容室で映画の撮影も行われたことがある。

撮影作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

これがドラマ作品としては最後の撮影であった。
なおDVDの特典映像である2分超のスポット映像には「篠田 昇氏に捧げる」という文面が、本編スタート前に表示されている。

ウェブムービー[編集]

受賞経歴[編集]

外部リンク[編集]