石川千代松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石川 千代松
(いしかわ ちよまつ)
人物情報
生誕 1860年1月30日万延元年1月8日
日本の旗 日本 江戸
死没 1935年1月17日(満74歳没)
台北
出身校 東京大学
学問
研究分野 動物学
研究機関 東京大学
東京帝国大学
明治大学
主な業績 日本で初めて進化論を初めて体系的に紹介
テンプレートを表示

石川 千代松(いしかわ ちよまつ、1860年1月30日万延元年1月8日) - 1935年昭和10年)1月17日)は、日本動物学者進化論を紹介した。

人物[編集]

旗本石川潮叟の次男として、江戸本所亀沢町(現在の墨田区内)に生まれた(戸籍上の誕生日は1861年文久元年)4月6日)。1868年明治元年)、徳川幕府の瓦解により駿府へ移った。

1872年明治5年)東京へ戻り、進文学社で英語を修め、1876年東京開成学校へ入学した。担任のフェントン(Montague Arthur Fenton)の感化で蝶の採集を始めた。1877年10月、エドワード・S・モース東京大学教授が、蝶の標本を見に来宅した。1878年、東京大学理学部へ進んだ。モースが帰米したあとの教授は、チャールズ・オーティス・ホイットマン、次いで箕作佳吉であった。1882年、動物学科を卒業し、翌1883年、同教室の助教授となった。その年、モースの講義(1879年)を筆記した『動物進化論』を出版し、進化論を初めて体系的に紹介した。

在官のまま、1885年(明治18年)、新ダーウィン説のフライブルク大学アウグスト・ヴァイスマンのもとに留学し、無脊椎動物の生殖・発生などを研究した。1889年帰国し、1890年帝国大学農科大学(のちの東京帝国大学農学部)教授となった。1893年から翌年まで、東京動物学会(日本動物学会の前身)の会長を務めた。

1901年(明治34年)、理学博士になった。研究は、日本のミジンコ鰓脚綱)の分類、琵琶湖の魚類・ウナギ吸管虫ヴォルヴォックスの調査、ヤコウチュウオオサンショウウオクジラなどの生殖・発生、ホタルイカの発光機構などにわたり、英文・独文の論文も50篇におよんだ。

さかのぼって、ドイツ留学から帰国した1889年(明治22年)秋、帝国博物館学芸委員を兼務し、1900年からは天産部長、動物園監督になり、各国と動物を交換して飼育種目を増やした。ジラフを輸入したあと、1907年春に辞した。『麒麟』の和名の名付け親であるという。

1909年、滋賀県水産試験場の池で、琵琶湖のコアユの飼育に成功し[1]、全国の河川に放流する道を開いた。

1911年(明治44年)4月27日、帝国学士院会員になった[1]

1924年大正13年)、東京帝国大学を退き、名誉教授となった。

1932年昭和7年)から、明治大学文学部文藝科で自然科学を教えた。

1935年昭和10年)、肺壊疽のため、台北病院で客死した。75歳。墓は谷中霊園にある。

家族・親族[編集]

妻・貞子は箕作麟祥の長女である[2]。長女・きよは天文学者寺尾寿の次男で動物学者の寺尾新に嫁した[3]。長男・欣一は、ジャーナリストとなり、父の恩師エドワード・S・モースの『日本その日その日』の翻訳・出版もした。欣一の妻・栄子は渡辺暢・達子夫妻の六女[3]女優東山千栄子は渡辺暢・達子夫妻の次女で栄子の姉すなわち欣一の義姉[3]。達子は寺尾寿の妹なので石川家は寺尾家と二重の姻戚関係で結ばれている[3]

著述[編集]

重版・改版は「→」の右に記す。

学術雑誌など[編集]

学術雑誌類へ掲載した研究論文はまとめられないが、やや一般向きな記事として、次などがある。

  • 『生物ト外界トノ関係』(「第3回学士会通俗学術講談会筆記」中の一篇)、国分行道(1894)
  • 『ホイットマン先生』、動物学雑誌vol.23、p.146(1911)
  • 『五十年前の日本の動物学』、動物学雑誌vol.41、p.349(1929)
  • 『日本の動物学に関係ある外国人』、岩波書店 岩波講座『生物学』別項(1931)
  • 『進化論が始めて日本に入った頃』、綜合科学vol.1、(3) - (6)(1934)

単行本[編集]

  • 『百工開源』、常磐屋(1886)
  • 『進化新論』、敬業社(1891)→(1897)
  • 『動物解剖指針 からすがひ之部』、敬業社(1892)
  • 『動物学教科書』、冨山房(1893)→(1897)
  • 『新撰普通動物学』、冨山房(1894)→(1901)
  • 『中等動物学』、冨山房(1900)
  • 『動物解剖指針 しいぼるどみゝず之部』、冨山房(1900)
  • 『動物解剖指針 ひる之部』、冨山房(1901)
  • 『大動物学』、冨山房(1901)
  • 『農用動物』(外山亀太郎と共著)、大日本実業学会(1901)
  • 『上野動物園案内』、東京帝室博物館(1902)
  • 『昆虫学教科書』、開成館 新世紀教科叢書(1902)
  • 『動物学教科用掛図々解』、冨山房(1902)
  • 『動物社会』、冨山房 博物叢書2(1903)
  • 『動物の共棲』、冨山房 博物叢書4(1903)
  • はんざき(鯢魚)調査報告』、東京帝室博物館(1903)
  • 『Notes on some new or little known fishes of Japan.. pt.1.』、東京帝室博物館(1904)
  • 『動物講話』、早稲田大学出版部 早稲田通俗講話1(1906)
  • 『農業動物学』、成美堂(1906)
  • 『動物学叢話』、博文館 学芸叢書4(1907)
  • 『進化論的動物学綱要』、弘道館(1908)
  • 『遺伝の話』、弘道館 通俗学芸文庫8(1913)
  • 『動物学講義』、金刺芳流堂(1913-1916)→(1934)
  • 『家庭博物』、婦人文庫刊行会(1916)→クレス出版 家庭文庫(2006)
  • 『人間の進化』、大日本学術協会 大日本学術叢書7(1917)
  • 『動物画噺』(藤沢衛彦と共著)、丸善(1921)
  • 『アメーバから人間まで』、秀文閣(1923)→帝都出版社(1947)
  • 『自然界の知識』、嵩山房(1925)
  • 『人間』、万里閣書房(1928)→思潮社(1956)
  • 『動物園』、アルス 日本児童文庫43(1928)→名著普及会(1982)
  • 『地球と生物の歴史』(渡辺万次郎と共著)、アルス 日本児童文庫45(1928)→名著普及会(1982)
  • 『子供動物・植物学』(上原敬二と共著)、興文社 小学生全集63(1929)
  • 『人間不滅』、万里閣書房(1929)
  • 『進化論』、春秋社 春秋文庫(1930)
  • 『性と生命』、武侠社 性科学全集3(1930)→クレス出版(2006)
  • 『親子・夫婦・兄弟』、一元社(1931)
  • 『科学夜話』、時潮社(1933)
  • 『生物の性愛と貞操』(織戸正満と共著)、成美堂書店(1933)
  • 『最新科学図鑑第5 進化遺伝の科学』、アルス(1933)
  • 『図説石川動植物学概論』、学芸書院(1934)
  • 『性とホルモン』、日本生化学研究所(1934)

全集[編集]

  • 石川千代松全集刊行会編、『石川千代松全集』 全10巻、興文社
1 黎明期の動物學講話(1935)
2 動物繪物語(1936)
3 進化新論(1936)
4 老科學者の手記(1936)
5 通俗動物講話(1936)
6 外遊日記(1936)
7 人生と社會(1936)
8 人類の過去と現在(1936)
9 性と遺傳(1936)
10 進化遺傳(1936)

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第8352号、明治44年4月28日。
  2. ^ 『門閥』、480-481頁、483頁。
  3. ^ a b c d 東京天文台初代台長寺尾寿の家系図を入手 - 国立天文台・天文情報センター・アーカイブ室新聞 第65号(PDFファイル

出典[編集]

外部リンク[編集]

先代:
恩賜上野動物公園園長(監督)
初代: 1900年 ‐ 年
次代:
黒川義太郎