男性の妊娠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

男性の妊娠(だんせいのにんしん)とは、1つ以上の胎児を何らかの生物種オスが体内に宿すことである。動物の大多数は、メス妊娠する。性的二形を持つ種では、ほとんどの場合オスが精子を生産し、受精卵を宿すことはまれである(男性の架空の妊娠の例は、動物界、神話、ポピュラー文化に見出すことができる)。

人間の場合[編集]

人間における男性の妊娠は、思索、SFコメディの領域に限られてきた。伝統的な環境では、生物学的に不可能だからである。

男性子宮を欠いているため、代わりの方法としては子宮外妊娠が考えられる。受精は体外受精で行い、腹腔に受精卵を移植し、腹膜妊娠の状態を作成して、出産は帝王切開によって行う。[1][2][3]ただし、この方法は妊娠・出産する男性に高度の危険が伴うので、人間での実験は行われていない。

FtM (Female to Male 肉体的には女性、性自認については男性) の性同一性障害の者は、ホルモン療法を止めれば、男性として認識され生活しながら妊娠できる(ただし、戸籍上で男性として登録するには法律による認可が必要)。これは卵巣の機能が維持されていれば可能である[4]。実際に元女性の男性が出産した例は存在する[5][6]。同一性の見地からは、生理的に女性であっても、これは「男性の妊娠」と考えられる。MtFの性同一性障害については、手術によって女性となれば出産可能と見なされるべきで、生物学的に男性として生まれた者(女性として認識され生活している者)も子供を産めるかもしれないが、現在のところ不可能である。

XYの染色体を持つ半陰陽の者の中には、表現型が完全に女性の体となり、子宮が発達して体内受精が可能になる者もいるが、まれである[7]。こうした者は、男性を象徴するY染色体を持ちながら妊娠・出産ができるかもしれない。

また、男性へ子宮を移植して、その後に受精卵を着床させれば、男性が妊娠・出産をすることが可能になるかもしれない。

そのほかの種の場合[編集]

オスのタツノオトシゴは、メスから卵をもらって妊娠を受け持ち、子供を出産する。

オスのタツノオトシゴの腹部には育児嚢(いくじのう)という袋があり、メスは輸卵管をオスの育児嚢に差しこみ育児嚢の中に産卵し、育児嚢内で受精する。育児嚢へ産卵されたオスは腹部が膨れ、ちょうど妊娠したような外見となる。仔魚は孵化後もしばらくは育児嚢内で過ごし稚魚になる。「出産」する時は、オスは尾で海藻などに体を固定し、体を震わせながら稚魚を産出する。

神話[編集]

さまざまな神話には出産する男性が登場するが、通常の女性の妊娠とはまったく異なる様子で描かれるのが普通である。たとえば、ギリシア神話のアテナゼウスの額から成人の形で生まれた。日本神話の天照大神は、イザナギが左目を洗ったときに生まれた。

あるいは、男性の登場人物は何らかの方法で女性に変わる。たとえば、北欧神話のロキ種牡馬の気を引くために変身して牝馬に変わり、スレイプニルを産んだ。

ポピュラー文化[編集]

アメリカ・イギリス[編集]

コメディ映画における男性の妊娠

テレビ番組における男性の妊娠

SF小説、およびSF作家のエッセイにおける男性の妊娠

  • オクタヴィア・バトラー『ブラッドチャイルド』 - 「クロス・ジェンダー」のテーマとして取り上げられる。
  • ロイス・マクマスター・ビジョルド『遺伝子の使命』 - 人工子宮を使った男性だけの社会を描いているが、妊娠による心理的な効果(期待、不安など)の体験も描かれる。
  • マージ・ピアシー『時を飛翔する女』、Woman on the Edge of Time, Marge Piercy. ISBN 044900094X - 男性も女性も妊娠しないが、男性は薬を飲んで子供に乳を与え育てる。「妊娠」の体験と女性だけの育児の体験は、男女平等のために犠牲にされる。
  • en:Red vs Blue - タッカーはエイリアンからの寄生的な胎児によって妊娠する。
  • ラリー・ニーヴン『スーパーマンの子孫存続に関する考察』(『無常の月』収録) - クラーク・ケント(スーパーマン)と地球人女性の子供は(もし妊娠が可能だとしても)母体を破壊してしまう危険が高いため、人工受精した胎児をクラークの胎内で育てるべきだと一見大真面目に主張している。

男性の妊娠は、ファン・フィクションにはほとんど見られないが、そうしたストーリーは「mpreg」と呼ばれる。ファン・フィクションにおける男性の妊娠は、進歩した医学のテクノロジーや神秘的な方法の結果とされたり、説明されなかったりする。

フランス[編集]

コメディ映画における男性の妊娠

中国[編集]

小説における男性の妊娠

  • 西遊記』(代の伝奇小説)登場人物の三蔵法師猪八戒が、ひとたび飲めば懐妊するという西梁女人国の子母河の水を飲んでしまい、妊娠する。

日本[編集]

漫画における男性の妊娠

  • 萩尾望都『マージナル』(1985-1987年) - 女性が妊娠できず、男性だけとなった地球上で、妊娠の能力を持つ少年キラが登場する。
  • 魔夜峰央パタリロ!』(1978年-) - 美少年マライヒがバンコランとの間に子をもうける。
  • 諸星大二郎『男たちの風景』(1977年) - 宇宙時代の地球人である主人公が仕事で赴任した異星の人類は、外見や性交における男女の性差は地球人と同じだが、男性が妊娠・出産する。
  • 山上たつひこ『半田溶助女狩り』 - 男性の肛門に注射器で精液を注入し妊娠させようとする。
  • 弓月光『新婚は甘くない』(1972年) - ドタバタギャグ。
  • 坂井恵理『ヒヤマケンタロウの妊娠』(2012-) ー 男性も妊娠する事が判明して10年後の世界 主人公は桧山健太郎 BE―LOVEで現在連載中。

ドラマにおける男性の妊娠

  • ドラマシティー92『俺のベイビー! 春風荘異聞』 - 妊娠した主人公は孤立し、追い詰められていく。
  • 超獣戦隊ライブマン(1988年) - メンバーの一人、グリーンサイこと相川純一がベガヅノーの放射を浴び妊娠。ベガベビーを出産する。

それ以外には、女性向け同人誌でよく散見されるテーマである。

関連項目[編集]

文献[編集]

  1. ^ “Babies borne by men 'possible'”. The Independent. (1999年2月22日). オリジナル2007年12月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071206125851/http://findarticles.com/p/articles/mi_qn4158/is_19990222/ai_n14206683 
  2. ^ Male Pregnancy A Dangerous Proposition、Meryl Rothstein、Popular Science、2005年7月31日
  3. ^ Men can have babies; Study still in infancy though: Expert
  4. ^ faster than life 2000 
  5. ^ life-culture
  6. ^ califia-rice
  7. ^ intersex_disorders

外部リンク[編集]