やおい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

やおい

  1. 男性の同性愛を題材にした作品の俗称。本記事で述べる。
  2. 広島弁で「やわらかい」を意味する方言。

やおいとは、男性同性愛を題材にした漫画小説などの俗称。また、それらを愛好する人[1]や、作中での同性愛的な関係・あるいはそういったものが好まれる現象の総体をやおいということもある[2]。801と表記されることもある[注 1]

概要[編集]

やおいという言葉は次のような意味で用いられる。

  1. 物語性に乏しい漫画や小説などの創作物(初期の用法、後述の#やおいの語源の節を参照)
  2. 商業作品・同人作品を問わず、男性の同性愛を主題とした女性向けの創作物の総称
  3. 2の中でも主に既存の物語(漫画・アニメなど)の男性キャラクターを使用してその同性愛関係を描いた二次創作作品(#二次創作としてのやおいの節を参照)

本記事では主に2または3の意味でのやおいについて解説している(2の広義のやおいを片仮名表記の「ヤオイ」、3の狭義のやおいを「やおい」と平仮名表記する使い分け[3]や、3の用法を片仮名表記して男性のオタクとの区別を意識した女性のオタクを平仮名表記するという使い分け[4]も見られる)。男性の同性愛を主題とした女性向けの創作物のうち特に(二次創作でない)オリジナルの商業作品についてはボーイズラブ(BL)という呼称が使われることが多いが[5][6]、単にやおいという言葉の代替としてボーイズラブという言葉が使われることもある[7][8]。また性的描写が主体となっているかどうかでやおいとボーイズラブを区別する例もみられる[9]。3の意味でやおいという場合は前述のオリジナルという意味でのボーイズラブとは明確に区別される[10]。ボーイズラブ系商業作品は読むがやおい系同人誌は読まないという人がいる一方、逆にやおい系同人誌は読んでもボーイズラブ系商業作品は読まないという人もいる[5]

やおいという名称が登場するまでは美少年ものホモマンガお耽美薔薇ものなどの呼び方がされており[11]、現在では広義のやおいに含まれる[5]

やおい・ボーイズラブ愛好者の大半を女性が占め[12]、彼女らを腐女子(ふじょし)・ヤオラーと呼ぶ。全体からみれば少数ではあるが男性の愛好者も存在し、腐男子(ふだんし)・腐兄(ふけい)と呼ばれる。ただし、やおい・ボーイズラブといった嗜好は大多数の男性からはおおむね嫌悪されている。[13]。これらは愛好者の自虐的な呼称としても使われることがある[14]

やおいの語源[編集]

やおいの語源としては、作品のほとんどが直接的な性描写のみによって構成されることから、ストーリー構成に必要な「マ(山、山場)」「チ(落ち)」「ミ(意味)」の3つがないという意味でこの三語を繋ぎ、そう呼ばれるようになったとされる[注 2]。元々はジャンルを問わずヤマもオチも意味もない低質な漫画作品全般を指す用語として使われていた[18]。現在では若年層は元々は否定的なニュアンスがあったという経緯を知らないままに使っている場合があるが、自身の作品を「やおい」と呼ばれることに嫌悪感を抱く作者も存在する[19]。女性向けのパロディ同人誌でも男性同士の同性愛ではなく男女の異性愛を描いているものは、やおいと区別して「ノーマル」と呼ばれることがある[20]。実際にはやおい系作品でも厳密に性描写だけから構成されるような作品は少なく、十分に物語性を備えたものであってもやおいと呼ばれ、やおい系作品であるが物語性を備えていることを強調するときは「やおいあり」ということもある[21]

やおいという語の起源は1979年12月20日発行の坂田靖子の主宰する漫画同人会ラヴリの機関紙『らっぽり』誌(波津彬子責任編集)の「やおい特集」[22]であるとされる。もともとはラヴリ内で「山なし・落ちなし・意味なし」「やおい」という表現が自然発生的に出現したもので、その背景には当時の編集者はストーリー構成に厳しく山・落ち・意味をきちんと備えたものを書かなければならないという強迫観念が描き手にあったのだという[23]

やおい系作品の特徴[編集]

女性キャラクターの排除・周辺化[編集]

やおい系作品では、男性キャラクター同士の恋愛・性的関係が描かれる一方で、女性キャラクターは作品から排除される傾向にある[24]。漫画家・評論家の榎本ナリコはこれについて、女性読者にとって意中の男性キャラクターが自分以外の女性と結ばれることを防いで失恋に保留をかけることができるというメリットがあると説明している[25]小説家三浦しをんは自身のエッセイの中で、ボーイズラブ漫画に登場する女性キャラクターは、男性キャラクターを傍観するだけであったりレズビアンであるなど「男性キャラクターと恋仲になる可能性の無い女性」に限られるとしている[26]。また、ボーイズラブ漫画の中で恋愛する主体としての女性の心理が描かれた珍しい作品として紺野けい子の『愛の言霊』を挙げている。

高橋すみれは、やおい系の二次創作作品中において女性キャラクターが単なる脇役ではなく、同性愛関係として描かれる男性キャラクターたちを「まなざす主体」として配置している作品がみられることに注目しており、これはある意味でやおい系作品を鑑賞している腐女子自身の姿をうつしたものだともいえるとしている[27]

カップリング[編集]

やおい系作品において同性愛関係になる二人の男性キャラクターには、「受け」と「攻め」と呼ばれる役割分担が行われる[28]。「受け」は女性的・受動的な役割を担い、「攻め」は男性的・能動的な役割を担う。やおい作品では後述するように肛門性交が行われることが多いが、挿入するほうが「攻め」、挿入されるほうが「受け」である(現実のレズビアンの間では「タチ」「ネコ」といわれる[29])。中島梓によれば、性描写のシーンでは「攻め」が「受け」を射精に導き、続いて「攻め」が「受け」に挿入する、という流れが一般的だという[30]。性描写を含まない作品でも、精神的な面を考慮に入れてカップリング自体は行われる[31]

このような役割分担はカップリングと呼ばれる。「攻め」と「受け」を入れ替えたものを元のカップリングに対する逆カップリングといい、元のカップリングでは楽しめた人でもその逆カップリングでは全く楽しめない、ということがある[32]。記法としては、「×」の記号を使ってその左側(縦書きなら上側)に「攻め」、右側(縦書きなら下側)に「受け」のキャラクターの名前を入れる。例えば『テニスの王子様』の二次創作で「リョーマ×手塚」と表記されていれば、登場キャラクターの越前リョーマが「攻め」で手塚国光が「受け」ということになる。1990年代後半からは「×」の部分を含めてある程度を省略して数音節にまで短縮して表記することがしばしばある[33]。主に男性オタクが好みの女性キャラクターに対して使う俺の嫁というインターネットスラングを好みのカップリングに流用して使うこともある[34]

精神科医斎藤環[35]やアニメライターの渡辺由美子[36]によれば、「攻め」と「受け」の関係は、SMにおけるS(サディスト)とM(マゾヒスト)の関係と親和性が高いという。石田仁は、SMという言葉が出現する前は同様のことを「責め/受け」と呼んでいたことに注目し、このうち「責め」が同じ読みの「攻め」に転じてやおい文化に受け継がれた可能性を示している[37]守如子は「攻め/受け」の定義を拡張してそれぞれ「身体的快楽を与える側/身体的快楽を受ける側」と捉え、この定義を使って(レディース・コミックや男性向けの美少女コミックといった)異性愛を描いたものを含めたポルノグラフィ全般の分析に用いている[38]

「攻め」の人物のほうが「受け」の人物より高身長・年上であることが多く、容姿の面などからも「攻め」が男性性、「受け」が女性性を帯びた存在として描かれるのが一般的である。しかし永久保陽子によれば、どの人物が「受け」あるいは「攻め」であるかを示すわかりやすいサインとして「受け」の女性性や「攻め」の男性性が描かれると同時に、それだけではあまりにも異性愛の擬態のようで興ざめしてしまうため、過度の類型化を防ぎバランスをとるために「攻め」の女性的要素や「受け」の男性的要素も描写されているという[39]。「攻め」と「受け」のジェンダー的な役割分担については、やおいが異性愛秩序に対する対抗なのか、それとも形式的に同性愛の形をとりながらも異性愛を反復しているのか、という議論の論点となる[40](男性向けのポルノグラフィについての考察でもそれがジェンダー秩序の破壊か強化という2つの立場が存在している[41])。そのため、やおいというジャンルそのものが、ジェンダー秩序について二面性を持っているのだと弁証法的に説明されることもある[42]西村マリは、「受け」と「攻め」の役割分担は男女のそれというよりも親子のそれに近いと述べている[43]

近年のやおいについては、男性的な「攻め」と女性的な「受け」の役割分担が厳密でなかったり固定されていなかったりするケースが増えている[44]。例えば「攻め」と「受け」が交換可能なリバーシブル[45])、常識的なイメージから連想される組み合わせを逆転させる下剋上[46]、従順な役割を帯びることの多い「受け」が傲慢な態度を示す女王受け[47]俺様受け[46]、目下の立場にある年下が「攻め」を担う年下攻め[48]、といったように、従来の関係性へ「ずらし」を加えるようなサブジャンルが存在する。詳細はカップリング (同人)を参照。

やおい・ボーイズラブの読者が感情移入する対象は攻めの男性である場合と受けの男性である場合の両方のケースがあり、さらにどちらにも感情移入することなく客観的に作品を鑑賞しているケースがある。守如子によれば、女性読者が攻めの男性に感情移入しているときは「男性が男性向けのエロ漫画を鑑賞してそこに登場するヒロインを性的対象としてみている状態」の性別を入れ替えたものであり、女性読者が受けの男性に感情移入しているときは「女性がレディース・コミックを鑑賞してそこに登場する性的対象となっているヒロインに感情移入している場合」と同様であると整理している[49]

やおい的欲望には「茶碗二個あれば何杯でもおかわりできる」という格言があり、これは2つの茶碗にわずかでも(片方がもう片方よりわずかに大きいなど)相違点があればそれをやおい的文脈で解釈して妄想を膨らませることができることを表している[50]。このように、腐女子の間では対象を人間に限らず、「机と椅子」「森ビルと松坂屋」「携帯電話と充電器」などの無機物に対してもカップリングを行う行為がなかば冗談として行われる[51][52][53]

発生から現在までの経緯[編集]

女性作者による男性同性愛を題材とした創作作品、という広い意味ではやおい系作品の起源は19世紀の小説までさかのぼることができるが、大衆文化として認識されはじめたのは消費社会化が進んでからである[54]

少女漫画の世界では、初期の段階(1960年代から1970年代)から性別越境的な要素を含む作品が存在しており、例えば手塚治虫の『リボンの騎士』に登場するサファイア池田理代子の『ベルサイユのばら』に登場するオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェは「男装の女性」と設定されている[55]。このほか、1970年代には『真夜中のカーボーイ』『ベニスに死す』といった男性同性愛描写を含む映画がヒットするなどしていた[56]

少女漫画で初めて少年同士の恋愛を描いたのは1970年の竹宮惠子の『サンルームにて』であり[57]、その後1970年代には「花の24年組」と呼ばれる少女漫画家たちが登場する。彼女らによる少年同士の恋愛を描いた漫画(竹宮惠子の『風と木の詩』、萩尾望都の『トーマの心臓』、山岸凉子の『日出処の天子』など)や森茉莉などによる耽美小説と呼ばれる美少年文学が、やおいが出現する直接的な背景となった。ただしこの頃の少年愛ものの漫画では「少年愛の持つ背徳感」に力点が置かれていたのに対し、この後登場するやおい系作品ではなんの疑いもないものとして同性愛が描かれているという違いがある[58]。また性描写の表現にも差異が見られる(#ポルノグラフィとしてのやおいを参照)。

1975年末には第1回コミック=マーケットが開催されて同人誌発行活動が盛んになり、そのころにはすでにやおい的な男性同性愛を主題とした女性向け同人誌が存在していた。既存の物語の友情を性愛に読み替えるといった要素はこの時点では薄かったが、そういったものも「ホモねた」という通称である程度存在していた。[59]

1978年には男性同性愛をテーマとした雑誌『JUNE』が創刊され[注 3]、やおい的表現が商業的な媒体に登場することになる[60]。『JUNE』誌上では1980年代から竹宮惠子や中島梓による漫画・小説の指南コーナーが連載され、これが後に多数の優秀な作家を生む基盤となった[61]。ただし『JUNE』上には女性の同性愛や両性具有を題材とした作品も発表されており、完全に男性同性愛に特化していたわけではない[62]

1979年には前節で述べたように「やおい」という表現が発生し、1980年代後半には定着したとされる[63]。この頃のやおい系同人誌の原作アニメとして人気のあった作品には、1978年放送開始のアニメ『闘将ダイモス』、1979年放送開始の『機動戦士ガンダム』、1981年放送開始の『銀河旋風ブライガー』・『六神合体ゴッドマーズ』などが挙げられる。これらはいずれも少年向けのロボットアニメであり、キャラクターとしては『闘将ダイモス』のリヒテル、『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルガルマ・ザビ、『六神合体ゴッドマーズ』のマーグといった人物が取り上げられた。[64]

この時期にはやおいがアニメ雑誌以外のメディアで取り上げられることはなかった。1980年代前半にはアニメ雑誌『アニメージュ』上でも、若年層を主要なターゲットとしていることもあって過激な性描写を含む作品も存在するやおい的な同人誌の情報は扱わなくなった(背景には男性向けのロリコン系同人誌の表現が問題視されていたこともあった)。それによって同人誌についての情報を入手するには同人即売会に足を運ぶ必要性が生じ、コミックマーケットの来場者数は大きく増加する。[65]

1984年頃から漫画『キャプテン翼』を題材としたやおい系同人誌が大量発生し、やおいというジャンルが大きく飛躍するきっかけとなった。1986年の夏のコミックマーケットの売り上げの半分は『キャプテン翼』の同人誌が占めたとされる[66]。これを機に「受け」「攻め」の概念(#カップリング)も整理され、後述する「週刊少年ジャンプなどに連載される少年同士の友情物語を性愛に読み替える」というスタイルが定着する。[67][68]

そして、1990年代からはやおい系同人誌で活躍していた作家がスカウトされて商業ボーイズラブの方面に活動の場を移すという傾向が生まれた[33]。『キャプテン翼』と同じく週刊少年ジャンプのスポーツ漫画である『SLAM DUNK』によってやおい同人誌の市場は拡大し、ゼロ年代に入ると『テニスの王子様』の人気によって若年層(小・中学生)の愛好家も増えていった[69]。また、『機動戦士ガンダムSEED』以降のガンダムシリーズのように、腐女子層を意識しているとみられるキャラクター設定で作品が制作される例もでてきた[70]。1998年頃からはインターネットの普及に伴い、同人サークルがホームページを次々と開設し、ネット経由の愛好家が増えていく[71]。このほか、1980年代後半から1990年代前半にかけては女性の間でゲイを描いた映画作品が人気を集めるなどする「ゲイブーム」があった[72]

ゼロ年代半ば頃から『電車男』のメディアミックス展開を機に主に男性のオタクに対する注目が集まったが、2007年頃から、腐女子ややおい・ボーイズラブといった文化もメディアで取り上げられることが多くなった(腐女子も参照)。また、ゼロ年代前半頃からは腐男子・腐兄といった用語の浸透とともに男性の愛好者も増加し、その存在が認知されるようになった。

二次創作としてのやおい[編集]

二次創作としてやおい系同人作品は、主に既存のアニメ・漫画に登場する男性キャラクター同士での恋愛・性愛を描いているが、実在の人物(男性アイドルスポーツ選手ミュージシャンお笑い芸人[73]など)をキャラクターとして使用する人もいる[74][75]。実在の人物を対象とする場合を特に「ナマモノ」という[76]。既存の創作物を原作とする場合、それをジャンルという[77]

原作として選択される作品の傾向[編集]

一般に二次創作の原作となる物語は、パロディ化するだけの余地を残したあまりメッセージ性の高くない作品が好ましいとされる[78]。その他、やおい系の二次創作で原作として選ばれる作品には以下のような傾向がある。

既存の物語を原作とする場合、その中で、男性キャラクター同士の友情やライバル関係などに注目し、それを恋愛・性愛関係に読み替えることになるが、その際、原作では存在し得なかった恋愛関係が新たに捏造される形になっており、最初から男性同士の恋愛が描かれているような作品は避けられる(アニメなどで女性受けを狙って男性同士の恋愛要素が導入されることがあるがかえって狙いすぎだと興ざめされて敬遠されることもある)。このため商業ボーイズラブ作品を原作として二次創作の同人誌が展開されるようなことはほとんどない[79]渡辺由美子は、オリジナルのボーイズラブ作品にははじめから女性の欲望が埋め込まれているのに対し、やおい系同人誌では一般向けの物語に女性の欲望をあとから埋め込む形で成立していると対比しており、やおいを「火のないところに煙を立たせる解釈遊戯」と表現している。[80]

原作の作品中で男女の恋愛が描かれたとしても、それは副次的なものに過ぎず、恋愛よりも男性同士の絆が重要視されるような価値観が支持される。これまでの条件をまとめると、

  • 男性間の友情が重要な要素として描かれ、
  • 男女間の恋愛はそれ未満のレベルでのみ描かれ、
  • 男性間の恋愛・性愛自体は描写されない

という条件を持たした作品がやおい系同人誌の原作としてしばしば選択される。つまり、男性たちが共通の目的のために力をあわせて奮闘して絆を深めていく作品が好まれる。[81]

こういった事情から原作となるのは少女漫画よりも男性向けの少年漫画であることが多く[82]、特に「努力・友情・勝利」をテーマとした週刊少年ジャンプ連載の漫画には、『キャプテン翼』・『聖闘士星矢』・『SLAM DUNK』・『DEATH NOTE』・『銀魂』・『テニスの王子様』・『家庭教師ヒットマンREBORN!』など、やおい系二次創作の原作として人気の高いものが多い[83][84]。漫画評論家・同人研究家の三崎尚人によると、2007年時点で女性向け同人誌の3割程度を週刊少年ジャンプ連載の漫画が占めているという[85]

やおい系二次創作の分類[編集]

社会学者東園子によれば、やおい的二次創作には、原作の設定を維持しながらそこでは描かれていなかった部分を書き手の想像力で埋める形の原作ベースと、(歌舞伎の「綯い交ぜ」のように)原作の設定を変更して描くパラレルがあり、原作ベースの二次創作が多数行われてパターンが出尽くしたときにパラレル系二次創作が行われるという流れがままある。パラレル系作品は「原作の登場人物を別の作品のそれに置き換える」「原作の舞台設定を別の作品のそれに置き換える」「原作の人間関係を別の関係に置き換える」という3パターンにさらに細かく類別できる。[86]

渡辺由美子は、同様の対比を「原作の延長線型」「飛躍型」という形で行っている[87]

男性オタクの消費様式との差異[編集]

男性のオタクの間で行われる二次創作では多数の萌え要素の組み合わせで構成された美少女キャラクターが単体で消費の対象となっているのに対し(データベース消費を参照)、腐女子が行うやおい的二次創作は原作でのキャラクターとキャラクターの間の「関係性」に着目したものであり、これを東園子は「相関図消費」と呼んでいる[88]。社会学者の宮台真司も(男性オタク的な)萌えと女性オタク的なやおいを、「記号のインフレ」と「関係のインフレ」と対比している[89]。また、データベース消費な男性オタクの消費様式がしばしば他者との人間関係から独立した自己完結的なものであるのに対し(東浩紀は「動物化」と呼んでいる)、腐女子の妄想はそのコミュニティに密接に関わっている点でも異なる[90]。男性のオタクでは個々の作品解釈について意見が分かれても深刻な対立に発展することはあまり無いが、腐女子のコミュニティではカップリングの解釈に対する異常なこだわりゆえに対立を生むことがある(カップリング (同人)#カップリングと腐女子コミュニティも参照)[91]。特に激しかった対立としては『キャプテン翼』の若島津健日向小次郎のどちらを「攻め」、どちらを「受け」に設定するかというものがあり、作品発表から10年以上経過してもなお両方の解釈の同人作品が制作されている[92]

データベース消費の概念を提起した東浩紀自身は初期のオタク系文化について、男性オタクは「女性化」、女性オタクは「ホモソーシャルをホモセクシュアルに読み替える(#引用される理論で後述)」という形で男性優位社会のイデオロギーという大きな物語(社会全体に共有される価値観・規範)を虚構化して反復するという構図で捉えられるとした上で[注 4]、1995年以降は[注 5]男女の区別なく「萌え」によるデータベース的な消費に移行しているとしている[93]。また、男性オタクの間でギャルゲーに登場する美少女キャラクター同士の関係性を描いた二次創作がみられることについて、ほとんどやおい的な展開になっていると述べている[94]吉本たいまつは、男性オタク的な消費が「萌え要素」のデータベースによるものであることと同様に、やおい・ボーイズラブもカップリングの節で前述した「ヘタレ攻め」「誘い受け」などの関係性のデータベースを用いた消費であるため、データベースの構築に基づく消費という意味では男性オタクも女性オタクも類似していると述べている[95]。評論家の金田淳子も「年下攻め」などの特別な用語は男性オタク的な「萌え要素」と共通する部分が多いとしながらも、それらの用語はあくまで(萌え要素のような単体のものではなく)関係性を表すものであることを強調している[96]

やおいから分岐した分野として幼い少年を性愛の対象とするショタものがあるが、この分野では男性の愛好家と女性の愛好家がほぼ同数で共存している。ただし斎藤環はそれでも男性作家によるショタものと女性作家によるそれでは前述のような男女のセクシュアリティの欲望の差が反映されているとみている[97]

ポルノグラフィとしてのやおい[編集]

男性同士の間での性愛関係はやおいの前提条件であると論じられることがある一方、性描写の存在しないやおい作品あるいは性描写を求めない読者も存在する[98]。性描写がほとんどない二次創作系作品は「健全本」といわれ[99]、特に男性同士の日常の描写に力点を置いた作品は「ほのぼの系」といわれる[100]

やおい系の二次創作については、ポルノグラフィの方法論を用いながらも男性キャラクター同士の純愛の描写に力点が置かれていると論じられることがあるが、1990年代後半以降の商業ボーイズラブ作品では性描写に重点を置くものがみられるようになった[101]。(商業ベースの)ボーイズラブ小説とボーイズラブ漫画では前者のほうが直接的な性描写が含まれる割合は高いとされる[102]。また、24年組などの少年愛漫画での性描写は、愛撫があっても挿入は描かれず具体的にどんな行為をしているのかはっきりとはわからない形で表現されているが、ボーイズラブものの作品での性描写はそれと対照的にかなり具体的に表現されていることが多い[103]

ライターの堀あきこ[104]エッセイスト杉浦由美子[105]は、性描写のある日本の女性向け漫画のジャンルとしてレディースコミックティーンズラブ・やおいの3つを挙げている。レディースコミックやティーンズラブは男性同士の同性愛ではなく男女の異性愛を描くジャンルではあるが、もともとはやおい・ボーイズラブ系の作品に関わっていた作家に「男性同士の恋愛として描いた着たものを男女の関係として描いてほしい」と依頼して創作されていたという経緯がある[106]

永久保陽子によれば、思春期の少年向けの漫画には性的欲求を肯定するようなメッセージが暗に含まれていることが多いが、通常の少女向けのメディアでは同様のものは存在せず、少年と同じく多感な時期にもかかわらず性的欲望を持つこと自体が抑圧されているとした上で、男性同性愛という回路を経由して異性愛的な性的欲望の方向性を隠蔽しながら充足するための装置としてやおいが機能していると述べている[107]

評論家の荷宮和子は1995年の時点で、やおい第一世代を対象とした雑誌が苦戦を強いられていることややおい愛好家の高齢化が進み後続に乏しいことから、女性がポルノグラフィを消費したいという根源的な欲求を持っていたのではなく、単なるトレンドに過ぎなかったのではないかと述べている[108]

日本国外での動向[編集]

アメリカの書店のYaoiコーナー

欧米文化では、日本文化でのやおいに相当するような男性同性愛関係を読み込んだ二次創作(ファン・フィクション)としてスラッシュと呼ばれるものがあり、特にアメリカのテレビドラマスタートレック』に登場するジェームズ・T・カークスポックを題材とした二次創作がK/Sフィクションとして知られている[109]SF評論家の小谷真理は、スラッシュ文化と日本のやおい文化には多くの共通点があると指摘している[110]。例えば愛好家の大半が女性であること、特有の専門用語が多数存在すること、独自の流通ルートを確立していることなどである。また、前述した『スタートレック』は宇宙船を舞台としたスペースオペラ(SFのジャンル)であるが、日本のやおい文化の誕生する背景となった24年組の少女漫画作品にもSF的な設定が用いられていることがある。これについて小谷真理は、関連のないことがらに対して科学的な関係性を浮かび上がらせる「SF的想像力」が、ストーリー上の些細な点から登場人物の2人の男性に対して同性愛関係を読み込む「やおい的想像力」と符合しているのだと説明している[111]

日本のやおい・ボーイズラブ文化は1990年代末~2000年頃から欧米に浸透していった。その背景には、もともと欧米にはなかった「女性が漫画を読む」という習慣が日本の漫画文化の流入によって定着してきたことと、インターネットの普及に伴って公式には輸入されていない作品の情報にも容易にアクセス可能になったことが挙げられる。アメリカ合衆国では、2000年にケーブルテレビで『新機動戦記ガンダムW』が放送されたのをきっかけにやおいファンが増加し、2001年にはやおいをテーマとしたコンベンションであるYaoi-Con英語版が開催された。2003年からは『FAKE』『グラビテーション』を皮切りに日本の商業ボーイズラブ漫画がアメリカに輸入されて予想以上の売れ行きを記録し、2006年~2007年頃にはアメリカの漫画市場で安定したヒットを維持しているジャンルとして各種メディアでやおいが取り上げられた。一方、漫画は子供が読むものだという社会通念の存在するアメリカでは、若年の登場人物同士による同性愛描写などが問題視されることがあり、警察の介入でボーイズラブ系サイトが閉鎖に追い込まれたり、大手スーパーマーケットウォルマートがボーイズラブ系の作品を取り扱わないことを宣言するなどの動きも見られる。[112]

専門用語の使い方としては、二次創作を「やおい」、オリジナル商業作品を「ボーイスラブ」と区別するような日本での傾向はアメリカには存在せず、まとめてBL・Yaoiと呼んでいる[113]。「攻め」「受け」といった用語も翻訳されることなくそのままSeme・Ukeとして使われている[114]

現在では日本や欧米だけでなくアジアや中南米を含めて、メディアの発達とフェミニズム運動を経験した地域ではやおいに相当するサブカルチャーが分布している[115]

やおいをめぐる論考[編集]

やおいをテーマとした論考は、作家自身によるエッセイ的な評論からジェンダー論・精神分析論・心理学サブカルチャー論といったものを元にした学術的研究まで存在し、専門家による論考のほかに、学生が卒業論文のテーマとして選んだり、インターネット上で独自の論考を発表する者も多い[116]。大学の講義でテーマとして取り上げられることもある[117]

やおいをめぐる本格的な論考として最初のものは作家評論家中島梓による『コミュニケーション不全症候群』(1991年)であるといわれる。その後、「なぜ彼女らは男性同性愛の作品を好むのか?」という問いに対する答えを与えるようなやおいに関する論考が多数登場するようになる。それらの多くはやおいを愛好する女性を一般的な女性の価値観から外れた特殊な集団ととらえ、男性優位的な社会において自身が女性であるという劣等感を覆い隠すためのものといったネガティヴな解釈を与えていた。この背景には1988年から1989年にかけての東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件とそれに伴うオタクバッシングの空気が影響している可能性もある。しかし時間が過ぎると、やおいについて肯定的に捉える論評が多くなった。また、やおいを愛好する女性の心理の分析ではなく、やおいが社会にとってどのような役割・機能・効果を果たしているのかについて考察するものもあらわれるようになった。特に、カップリングの節で前述したように、やおいが異性愛秩序を転覆させるものなのか再生産するものなのかというところが焦点となることが多い。[118]

やおい・ボーイズラブ(あるいは女性による二次創作)についての先行研究のリストを含む論考としては

  • 名藤多香子 「「二次創作」活動とそのネットワークについて」『それぞれのファン研究―I am a fan』 風塵社、2007年、66頁、ISBN 978-4776300359
  • 金田淳子 「やおい論、明日のためにその2。」『ユリイカ』2007年12月臨時増刊号、50-51頁。

がある。

引用される理論[編集]

やおいについての論考は、フェミニズムジェンダー論の観点から語られることが多い。森川嘉一郎は、いわゆるエロゲーの愛好家が男性のごく一部であるのと同様にいわゆる腐女子は女性のごく一部にすぎないにもかかわらず、やおい・ボーイズラブといった嗜好があたかも女性全体に通じるものであるかのように扱われていることを指摘し、男性と女性の非対称性を扱うジェンダー論のように一般女性とオタク女性(腐女子)を対比するための体系的理論が用意されていないことに起因しているとしている[119]

やおい系二次創作に関する論考で引用される理論としては、社会学者イヴ・セジウィックが提起したホモソーシャル理論、文芸評論家スタンリー・フィッシュによる解釈コード・解釈共同体の理論、哲学者ミシェル・ド・セルトーが提起した「密猟」の概念がある。

文学研究者の村山敏勝は、セジウィックの著作『男同士の絆 イギリス文学とホモソーシャルな欲望』の書評にて、セジウィックの試みを「他者の欲望を推し量り、それに寄り添い、同一化しえないものに同一化する可能性に向けての読みを実践している」と評価し、それを「やおい」と関連付けて論じた[120]。それ以降、やおい論においてセジウィックが提唱したホモソーシャルの理論を援用することが定石となった(例えば東園子[121]金田淳子[122]・高橋すみれ[123]堀あきこ[124]藤本由香里[125]など)。ホモソーシャルとは男性同士の間で結ばれ、同性愛的な側面を持ちながらも同性愛自体は明確に拒否されるような連帯関係であるが、やおい系二次創作は「作品中のホモソーシャルな関係をホモセクシュアルな関係に読み替える想像力」というように説明することができる。一般に男性同士のホモソーシャル的な関係は公的領域において結ばれるが、それを腐女子の想像力によって私的領域に持ち込むことによってホモセクシャルに読み換えられていると考えられる[126]三浦しをんは、ボーイズラブ漫画にきわめて多様な職業の男性が登場することに注目し、その理由を「仕事によって男性同士の関係にリアリティが生まれるから」だと分析している[127]。他方、石田仁は、ホモソーシャル概念に適合しやすい作品だけが分析の対象となりそうでない作品が研究対象から取り残されていく危険性を指摘している[128]。なお、腐女子たちが形成するコミュニティには女性版ホモソーシャルともいえる関係性があるとの指摘もある。詳細は腐女子#腐女子のコミュニティの特徴を参照。

スタンリー・フィッシュは、読解のための特有の「解釈コード」を共有する集団である「解釈共同体」とし、テクストはそれ単独で意味を持つのではなく、その解釈コードによって意味を見出され、それが共同体の合意を得ることによって強化されてゆくとした。この理論に基づけば、腐女子たちは大きくは「男性同士の友情の性愛への読み替え」という共通の解釈コードを持ち(細かくは「自分好みのカップリング」という細分化された解釈コードを持ち)それを共有する同人仲間という解釈共同体を形成し、同人誌上の雑談ページやインターネット上のコミュニティでのやりとりで原作というテクストに対する解釈の確認や議論を行っているのだと考えられる[129]。解釈共同体の概念は、金田淳子・高橋すみれ[130]笠間千浪[131]が用いている。

ミシェル・ド・セルトーは、自身の居場所を確保できない弱者が他者の居場所を密かに利用することを「密猟」という概念として捉えたが、前述のように本来であれば(恋愛要素の多い)少女漫画のターゲットとして想定されているはずの少女たちがあえて(恋愛要素の希薄な)少年漫画を原作として選択して、それを恋愛の話に読み替えるということは、この「密猟」という概念に相当するともいえる[132]。密猟の概念は、前述(#日本国外での動向)した欧米のスラッシュ文化の研究にも援用されることがある[133]

なぜやおいになるのか[編集]

作家や専門家による説としては以下のようなものがある。1人の論者が複数の説を挙げていることも多い[134]

異性愛の安全なシミュレーション
榎本ナリコは、やおいを愛好する女性が(女性的役割を担っている)「受け」のキャラクターに感情移入する場合について、それによって自己の安全性が確保されるのだとしている。つまり、自己の身体の代替として受けの男性キャラクターの身体を利用することによって、自分自身は傷つかず妊娠する危険もないという安全性を手にした上で擬似的な性行為を楽しむことができるのだという[135]。ただし、榎本ナリコはやおいを愛好する女性はしばしば「受け」のキャラクターだけではなく(男性的役割を担っている)「攻め」のキャラクターにも感情移入していることを指摘しており、その場合については後述の「欲望の主体性の獲得」による説明を行っている。
精神保健学を専門とする福本修も、女性にとって同性愛というものは観念レベルということもあって安全に感じられると述べている[136]
谷川たまゑは、やおい愛好家の女性には結婚後も同様の趣味を続けるものも存在することなどから、異性愛を前もってシミュレートすることがやおい系作品を享受する目的だとする解釈は、実態から乖離した主張だと批判している[137]
哲学者浅田彰は耽美系雑誌の肥大化した投稿欄のことを、(自身の提起したスキゾ・パラノの概念を用いて)新しい表現力を持ったスキゾ・カルチャーとして紹介し、性体験のシミュレーション仮説では説明のつかないものだと述べている[138]
女性性の否定・女性嫌悪
少女は第二次性徴を経ると自らの身体の女性性を自覚してそれに戸惑い・恐怖を覚え、女性嫌悪が内面化されるという形で男性同性愛の作品を好むようになるという説明。たとえば、心理学者小倉千加子[139]らがこういったの趣旨のことを述べており、社会学者の上野千鶴子[140]も一部で触れている。本人もやおいを手がける中島梓も社会からの選別のまなざしの無い空間へ逃避するできることがやおいが好まれる理由だとしている[141]中村うさぎ岩井志麻子森奈津子らによる対談集『最後のY談』の中でも同様の見解が提示されている[142]
榎本ナリコは、女性が「受け」のキャラクターに感情移入する背景には女性である自分が性的な欲望を抱くことや性行為そのものへの嫌悪感があり、そのために女性として身体のまま性的な妄想に浸ることに抵抗を覚え、自身を男性にすりかえる必要性が生じると説明し[143]、女性が排除されたやおいの世界では、現実では女性が常に感じてしまう「ウーマンヘイト」から無縁でいられるということを指摘している[144]
日出処の天子』『風と木の詩』のように、男性同性愛を描いた少女漫画の内容でも女性が嫌悪の対象として描かれている[145][146][147]
また、やおい愛好家の女性が抱える「女性性に対する葛藤」は、しばしば摂食障害の女性が抱えるの同様の「女性性に対する葛藤」であるとも指摘され、本格的なやおい論の嚆矢とされる中島梓の『コミュニケーション不全症候群』でもやおいと拒食症の双方が論じられている。女性性が自覚される第二次性徴はちょうど拒食症の発祥時期と一致し、少年愛を題材とした少女漫画の作品内で拒食症が取り上げられたり[注 6]、漫画家自身がその体験を持っていることがしばしばある[148]。社会的にも、やおいが浸透した時期と摂食障害が注目された時期は1970年代後半と一致しており、社会学者の熊田一雄は「摂食障害になりかねない女性たちのセーフティ・ネット」としてやおい文化が機能した可能性を指摘している[149]
一方、西村マリは、男性キャラクターを女性キャラクターの置きかえて描く「女の子ネタ」というジャンルが定着していることからやおい文化で女性性が否定されているわけではなく、むしろ男性性のほうが排除される傾向にあると述べている[150]
性的欲望・視線の主体性の獲得
上野千鶴子[151]は、花の24年組と呼ばれた世代の女性漫画家らのルサンチマンが生んだ、ジェンダーレス・ワールドにおける性愛の実験だと述べている。
榎本ナリコは、読者が「攻め」のキャラクターに感情移入している場合を念頭において次のように論じている。通常の男女の性愛では、両者の生殖器の生物学的な構造上から、男性側が欲望の主体で女性側が客体となることが事実上義務付けられている。しかし、現実世界では欲望の主体性になれない女性であっても、やおい系作品の攻めの男性キャラクターに感情移入しているときは、擬似的に欲望の主体となることができる。つまり、(やおい愛好家の多くは異性愛者なので)男性を性的欲望の対象としながら、なおかつ自分自身が欲望の主体性を獲得するための方法として男性同士の同性愛関係が必要となるのである。[152]
金田淳子は、前述の女性嫌悪によるやおい解釈に対して、やおい表現において回避されているのは女性性ではなく女性を性的対象としてのみ見る視線であり、やおいによってまなざす主体性(性的欲望を持つ主体性)を獲得することができるとしている[153]
漫画研究家の藤本由香里も、やおい表現に「犯る側の視線」「見る側の視線」の獲得という意義を見出しており[154]、高橋すみれも前述したようにやおい系作品では女性キャラクターがまなざす主体として描かれていることがあることから女性が性的視線の主体性を獲得できるとしている[155]
吉本たいまつは、さらに普段男性から受けている値踏みの視線をやおい・ボーイズラブという形で女性が男性へまなざし返しているとし、このことを男性が知ることが、普段無意識に女性に対して値踏みの視線をおくっていることへの自覚や女性の欲望に対する理解を促すとも述べている[156]
旧来的なジェンダー観の転覆
小谷真理は、少年向けの創作物を女性が好む形に強引に改造するやおい的欲望を、男性優位社会の中で抑圧された「ガイネーシス(女性状無意識)」[注 7]を噴出させるものだと捉えた。また、それは同人文化の発展には印刷技術のハイテク化がかかわっていることからテクノロジーの問題と交錯したものだとして「テクノガイネーシス」の一種であると述べている。[157]
社会学者の小林義寛はやおい文化を男性中心的なメディアを転倒するものだと捉えており[158]、社会学者の笠間千浪は旧来的なジェンダー秩序を「転倒というより転覆」させるものだとしている[159]。このほか、永久保陽子は男性向けポルノグラフィが豊富に存在するのに対し女性向けのそれは存在しておらず、女性が性愛表現を奪還しようと邁進(まいしん)してきた成果がやおいとしている[160]
トランスジェンダーの可能性
作家の榊原史保美は、その著書『やおい幻論』で、「やおいになるのは、その作者・読者がFtM(肉体は女性であるが精神は男性である状態)でかつゲイ(同性愛、もしくは両性愛)だからではないか」という説を提唱し、また自身もFtMゲイかもしれないと発言している[161]。即ち、やおいを好む女性は精神が男性でしかもゲイであるため、男性を愛することができる。言わば二重にねじれているため一見普通の異性愛に見えるにもかかわらず、相手(男性)側には女性として愛されることしかできず、精神は男性であるので男性として愛されたい・愛したいという気持ちがある。それは現実世界では非常に難しいことであるため、それをファンタジーであるやおい作品に投影しているとするものである。
異性愛の失望体験の回避
宮台真司は、物語の中で男女の性愛が描かれてしまうと、それによって自身の恋愛における失望体験を想起してしまうため、それを防いで純粋な妄想に浸るには男性同士の同性愛を描く必要があるのだと述べている[162]
ホモソーシャルに対する潜在的羨望
東園子は、体育会系の部活のマネージャーを志望する女子生徒や、個人単位ではなくコンビやユニット単位でファンになる女性の男性アイドルファンの存在などから、女性は(女性の間では同様のものがあまり見られない)男性のホモソーシャル的な絆に潜在的な憧れを抱いている場合があり、その欲望や表出した結果としてやおいがある可能性を示している[163]
関係志向の女性と所有志向の男性の差
前述(#男性オタクの消費様式との差異)したようにやおい的欲望は男性オタクにみられる単一の対象に対するものではなく「受け」と「攻め」の関係性に対する欲望となっており、野火ノビタは「位相萌え」と呼んでいる[164]
斎藤環は、一般に男性は「所有(持ちたい)」を志向して女性は「関係(なりたい)」を志向するというジェンダー傾向があるという前提に基づき、なんの制約もなく自由に自分の欲望を追求できるはずの「オタク」という文化圏の中において消費の仕方に男女差が歴然と存在することについて、男性オタクは美少女キャラクターを「所有」しようとし、女性オタク(腐女子)の欲望は男性キャラクター同士の「関係」に向かうという形で説明できるとしている。男性オタク的なキャラ萌えは、(キャラの内面的なものを含めて)視覚的な記号として表現されたものを対象としており、「視ること」はまさしく所有のための第一段階なのであるという。[165]
リアル志向のギャルと空想志向の腐女子の差
杉浦由美子は、「リアルさ」を求めるヤンキーギャルに対して腐女子を含むオタクは「虚構(フィクション)」を求めるとした上で[166]、異性愛は現実世界ですればよいから空想の世界では同性愛を楽しんでいるのだと説明する[167]。また、女性同士の同性愛ではなく男性同士の同性愛関係が描かれるのは、単純に彼女らが異性愛者であるから男性がたくさん登場するほうが都合がいいこと、男性のほうが多様な職業についているためより物語の幅が広がることだと述べている[168]

やおい分析への反感[編集]

一般にやおい・ボーイズラブ・腐女子についての研究・分析は、当事者の愛好家からは「放っておいてください」という形で拒否感を示す傾向にあるとされる。メディアによる取材や撮影もあまり好まないことが多いとされる[169]。自身も腐女子である杉浦由美子による『オタク女子研究 腐女子思想大系』もインターネット上でバッシングを受けており、やおい関連の論考を発表すれば仲間内から裏切り者として批判されてしまう、という面もある[170]

永久保陽子によれば、この拒否感にはやおい・ボーイズラブにポルノグラフィとしての側面があることが関係しているという。男性の場合、若年者向けのものを含む多くのメディアで男性の性的欲望を肯定するようなメッセージが流布している社会的状況があるが、女性の場合は性的欲望を持つことを自認することすら抑圧されており、欲望の対象を事細かに分析されることには耐えられないのだと考えられる。[171]

斎藤環は、やおい分析が当事者から嫌われる理由として、一般に女性の欲望は(ジャック・ラカンのいう)「他者の享楽」であり、それは言語による理解を超越しているため経験することができても語ることはできないということが関係しているかもしれないと推測している[172]

石田仁はこのような腐女子たちの態度を「一時的な自律ゾーニングの営み」と評価し、やおい表現がゲイ男性の表象を横奪している可能性についての議論を無化するものとして批判している[173]

金田淳子は、やおい系の市場が規模を増している以上それに伴って世間からの注目も増えることは不可避であり、研究対象とされる立場を拒否するだけでなくやおい系作品を漫画・小説の表現論の中に位置づけていく必要性があると説いている[174]

やおいと男性同性愛[編集]

やおい作品には伝統的に

  1. 登場する男性キャラクターが同性同士の恋愛においても自分は異性愛者であると主張している。
  2. 登場人物がセックスその他において、受けと攻めに分かれ、固定化された擬似男女的な役割を演じている。
  3. (いつも)アナル・セックスをする[175]

といった特徴が多く見られる。こういった、女性の視点から一方的に美化され、歪曲された男性同性愛像がやおい作品によって流布されていることが、やおいというジャンルに対して現実の男性同性愛者から違和感や反発が寄せられる理由のひとつとなっている[176]。男性から見て奇異な描写の典型として「やおい穴」がある(腐女子#腐女子が主に使用する用語を参照)。

前述した欧米文化におけるスラッシュ系文化に対しても、ゲイサイドから同性愛に対する陵辱であると抗議の声があがったことがある[177]。やおい・ボーイズラブ作品は、登場する男性キャラクターがたいてい同性愛者ではなく異性愛者として設定された上で同性愛的な関係におよぶこと、また自身の同性愛嗜好について葛藤する描写がほとんどみられないという点において通常のゲイ文学とは異なる独自のジャンルと考えられる[178]

自らやおい愛好者でレズビアンであることを明らかにしている[179]溝口彰子は、やおい作品にはゲイ・アイデンティティ(自らをゲイであると認めること)の忌避が顕著であり、やおい作品における男同士のカップリングは男女間のロマンチック・ラブを男性間の関係に置き換えたもので、強力な異性愛中心主義とホモフォビアに彩られていると指摘している[180]

もっとも、やおいも多様化しており、近年の作品には上記の傾向が必ずしも当てはまらないようになってホモフォビックな要素は減少してきている。杉浦由美子[181]三浦しをん[182]ゼロ年代末の時点で実際にゲイの登場人物によるボーイズラブ作品が増加傾向にあると述べており、溝口自身も2007年には、「俺はホモなんかじゃない」というセリフを言わない主人公、カップルの一方または双方が自覚的ゲイであるキャラクターが増えていると述べている[183]

上野千鶴子[184]中島梓[185]はやおい系作品内での男性キャラクター同士の同性愛的な関係と現実のゲイの男性間の同性愛関係は全く別物だと捉えており、水間碧(谷川たまゑ)はこういった考え方を「隠喩としての少年愛嗜好」であると表現している[186]。こういった見解に対して石田仁は、やおい系作品で描かれる男性同士の同性愛関係はあくまで現実の同性愛を根源として物語の理解可能性を担保しているため、両者が無関係という主張は筋違いだと述べている[187]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 例えば、漫画作品の『となりの801ちゃん』やPINKちゃんねるの板のひとつである「801板」など。
  2. ^ まれに「めて、しりが、たい」「る、かす、かせる」など他の言葉の頭文字を当てることもあり、由来の説明自体が遊戯化している面もある[15][16][17]
  3. ^ 正確には創刊当時の雑誌名は『COMIC JUN』であり、その後『JUNE』と改名された。
  4. ^ ホモソーシャルミソジニー(女性嫌悪)という性質を内包した男性中心的な価値観によるイデオロギーである。詳細は該当項目を参照。
  5. ^ 東浩紀はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』が登場した1995年がオタク文化の消費形態が変遷した重要な断絶点であると捉えている。詳細はデータベース消費を参照。
  6. ^ 例えば大島弓子の漫画『ダイエット』など。
  7. ^ 「ガイネーシス」はアリス・ジャーディンの発案した用語で「女性的なもの」を意味する。

出典[編集]

  1. ^ 栗原(1993) 326頁。
  2. ^ 堀 (2009) 106-107頁。
  3. ^ 堀 (2009) 117頁。
  4. ^ 霜村 (2006) 155頁。
  5. ^ a b c 金田、三浦 (2007) 15頁。
  6. ^ 野火 (2003) 229-230頁。
  7. ^ 斉藤 (2009) 149頁。
  8. ^ 堀 (2009) 119頁。
  9. ^ カイ (2008) 69頁。
  10. ^ 渡辺 (2007) 69頁。
  11. ^ ヤマダ (2007) 125頁。
  12. ^ 東 (2009) 263頁。
  13. ^ 吉本 (2007) 106頁。
  14. ^ 東 (2010) 250頁。
  15. ^ 西村 (2001) 12頁。
  16. ^ 藤本 (1998) 142頁。
  17. ^ 中島 (2005) 20頁。
  18. ^ 野火 (2003) 229頁。
  19. ^ 榊原 (1998) 45-47頁。
  20. ^ 野火 (2003) 232頁。
  21. ^ 野火 (2003) 232-233頁。
  22. ^ 『らっぽり』やおい特集号 1979年12月20日発行 坂田靖子波津彬子花郁悠紀子橋本多佳子、磨留美樹子によるもので『小説 JUNE』129号(2001年3月1日発行)に再録されている。執筆者や目次などはSakata Yasuko's Datedase 【同人誌】にて確認可能。
  23. ^ 伊藤 (2007a) 217-219頁。
  24. ^ 斉藤 (2003a) 71頁。
  25. ^ 野火 (2003) 239頁。
  26. ^ 三浦 (2006) 82-83頁。
  27. ^ 高橋 (2005) 28-31頁。
  28. ^ 東 (2009)267-268頁。
  29. ^ 杉浦 (2006) 80頁。
  30. ^ 中島 (2005) 28頁。
  31. ^ 西村 (2001) 13頁。
  32. ^ 野火 (2003) 235頁。
  33. ^ a b 金田 (2006) 168頁。
  34. ^ 同人用語の基礎知識 俺の嫁 /嫁”. 2011年5月28日閲覧。
  35. ^ 斉藤 (2009) 161頁。
  36. ^ 渡辺 (2007) 72頁。
  37. ^ 石田 (2010) 389頁。
  38. ^ 守 (2010) 156-157頁。
  39. ^ 永久 (2005) 57-58頁・71頁など。
  40. ^ 金田 (2007b) 173-174頁。
  41. ^ 守 (2010) 134頁。
  42. ^ 堀 (2009) 131頁。
  43. ^ 西村 (2001) 82頁。
  44. ^ 吉本 (2007) 140頁。
  45. ^ 野火 (2003) 264頁。
  46. ^ a b 堀 (2009) 221頁。
  47. ^ 堀 (2009) 236頁。
  48. ^ 堀 (2009) 222頁。
  49. ^ 守 (2010) 188頁。
  50. ^ 斉藤 (2009) 160頁。
  51. ^ 東 (2010) 253頁。
  52. ^ 吉本 (2007) 109-110頁。
  53. ^ 杉浦 (2006) 87-88頁。
  54. ^ 笠間 (2001) 228頁。
  55. ^ 藤本 (1998) 130-133頁。
  56. ^ 西村 (2001) 19頁。
  57. ^ 石田 (2008) 21頁。
  58. ^ 大塚 (1989) 210-211頁。
  59. ^ 伊藤 (2007a) 215-218頁。
  60. ^ 西村 (2001) 21頁。
  61. ^ 杉浦 (2006) 129頁。
  62. ^ 金田 (2007c) 151頁。
  63. ^ ヤマダ (2007) 123頁。
  64. ^ 伊藤 (2007b) 223-225頁。
  65. ^ 伊藤 (2007b) 226-227頁。
  66. ^ 西村 (2001) 33頁。
  67. ^ 伊藤 (2007b) 227頁。
  68. ^ 伊藤 (2007a) 217頁。」
  69. ^ 杉浦 (2006) 134頁。
  70. ^ 暮沢 (2010) 16頁。
  71. ^ 西村 (2001) 57-58頁。
  72. ^ 石田 (2007b) 48頁。
  73. ^ 杉浦 (2006) 9-10頁。
  74. ^ 斉藤 (2009) 148頁。
  75. ^ 伊藤 (2007a) 213頁。
  76. ^ 杉浦 (2006) 61頁。
  77. ^ 西村 (2001) 11-12頁。
  78. ^ 西村 (2001) 74-75頁。
  79. ^ 金田、三浦 (2007) 16頁。
  80. ^ 渡辺 (2007) 69-70頁。
  81. ^ 東 (2009) 266-267頁。
  82. ^ 渡辺 (2007) 70頁。
  83. ^ 斉藤 (2009) 148頁。
  84. ^ 東 (2009) 266頁。
  85. ^ 三崎 (2007) 176頁。
  86. ^ 東 (2010) 258-259頁・272頁(注釈28)。
  87. ^ 渡辺 (2007) 71頁。
  88. ^ 東 (2010) 251-253頁。
  89. ^ 宮台 (2010) 217頁。
  90. ^ 東 (2010) 257-258頁。
  91. ^ 斉藤 (2009) 161頁。
  92. ^ 西村 (2001) 69頁。
  93. ^ 東、斉藤、小谷 (2003) 151頁。
  94. ^ 東、斉藤、小谷 (2003) 184頁。
  95. ^ 吉本 (2007) 108頁。
  96. ^ 金田 (2007b) 175頁。
  97. ^ 斉藤 (2003b) 39-40頁
  98. ^ 東 (2009) 263-264頁。
  99. ^ 有満、小谷、ひかわ (1995) 147頁。
  100. ^ 東 (2009) 266-267頁。
  101. ^ 守 (2010) 82頁。
  102. ^ ながくぼ (2007) 144頁。
  103. ^ 藤本 (2001) 137-138頁。
  104. ^ 堀 (2009) 73頁。
  105. ^ 杉浦 (2006) 142頁。
  106. ^ 守 (2010) 75-76頁・90頁。
  107. ^ ながくぼ (2007) 144-145頁。
  108. ^ 荷宮 (1995) 74頁。
  109. ^ 小谷 (1994) 238-239頁。
  110. ^ 小谷 (1994) 246頁。
  111. ^ 小谷 (1994) 247-248頁。
  112. ^ 椎名 (2007) 180-184頁。
  113. ^ 椎名 (2007) 185頁。
  114. ^ 小谷 (2007) 32頁。
  115. ^ 笠間 (2001) 232頁。
  116. ^ 名藤 (2007) 67頁。
  117. ^ 専修大学Web講義要項 文学201”. 2011年5月28日閲覧。
  118. ^ 金田 (2007a) 49頁・52-53頁。
  119. ^ 森川 (2007) 130-131頁。
  120. ^ 村山 (2001) 191-192頁。
  121. ^ 東 (2009) 265頁。
  122. ^ 金田 (2007b) 172-173頁。
  123. ^ 高橋 (2005) 28-29頁。
  124. ^ 堀 (2009) 132頁。
  125. ^ 藤本 (2007) 43頁。
  126. ^ 東 (2009) 276頁。
  127. ^ 三浦 (2006) 201頁。
  128. ^ 石田 (2007a) 119頁。
  129. ^ 金田 (2007b) 170-172頁。
  130. ^ 高橋 (2005) 26頁。
  131. ^ 笠間 (2001) 220頁。
  132. ^ 金田 (2007b) 172頁。
  133. ^ 小谷 (1994) 238頁。
  134. ^ 金田 (2007b) 169頁。
  135. ^ 野火 (2003) 245-248頁。
  136. ^ 大塚、香山、福本 (1991) 100頁。
  137. ^ 谷川 (1995) 68頁。
  138. ^ 浅田 (1984) 28-29頁。
  139. ^ 小倉 (1990) 42-43頁。
  140. ^ 上野 (1998)
  141. ^ 中島 (2005) 191-192頁。
  142. ^ 岩井、中村、森 (2003) 207頁。
  143. ^ 野火 (2003) 246-248頁。
  144. ^ 野火 (2003) 258-260頁。
  145. ^ 山田田 (2007) 129頁。
  146. ^ 上野 (1998) 144頁。
  147. ^ 藤本 (1998) 139-140頁。
  148. ^ 上野 (1998) 146頁。
  149. ^ 熊田 (2005) 79頁。
  150. ^ 西村 (2001) 131頁・175-176頁。
  151. ^ 上野 (1998)
  152. ^ 野火 (2003) 248-252頁。
  153. ^ 金田 (2007b) 177頁。
  154. ^ 藤本 (1998) 144頁。
  155. ^ 高橋 (2005) 33-34頁。
  156. ^ 吉本 (2007) 110頁。
  157. ^ 小谷 (1994) 252-255頁。
  158. ^ 小林 (1999) 195頁。
  159. ^ 笠間 (2001) 243-244頁。
  160. ^ 永久 (2005) 325頁。
  161. ^ 榊原 (1998) 145-146頁など。
  162. ^ 宮台 (2010) 217-218頁。
  163. ^ 東 (2009) 274-276頁。
  164. ^ 斉藤 (2003a) 70頁。
  165. ^ 斉藤 (2009) 137頁・155頁など。
  166. ^ 杉浦 (2009) 119頁。
  167. ^ 杉浦 (2006) 100-101頁。
  168. ^ 杉浦 (2006) 105-106頁。
  169. ^ 杉浦 (2009) 174頁。
  170. ^ 岡田、唐沢 (2006) 142-143頁。
  171. ^ ながくぼ (2007) 145頁。
  172. ^ 斉藤 (2009) 206-207頁。
  173. ^ 石田 (2007a) 114-120頁。
  174. ^ 金田 (2006) 176-177頁。
  175. ^ 東 (2009) 271頁。
  176. ^ 一人のゲイから見る、腐女子とボーイズラヴ作品”. 2009年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月28日閲覧。
  177. ^ 小谷 (1994) 249頁。
  178. ^ 笠間 (2001) 219頁。
  179. ^ 溝口 (2007) 57頁。
  180. ^ 溝口 (2000)
  181. ^ 杉浦 (2009) 208頁。
  182. ^ 金田、三浦 (2007) 17頁。
  183. ^ 溝口 (2007) 58頁。
  184. ^ 上野 (2007) 35頁。
  185. ^ 中島 (2005) 31頁。
  186. ^ 水間 (2005) 15頁。
  187. ^ 石田 (2007a) 115-116頁。

文献[編集]

主要文献[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]