琴平バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
琴平バス株式会社
Kotohira Bus Co,. Ltd.
ADG-RU1ESAA プレジデント
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 コトバス
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:766-0001
香川県仲多度郡琴平町川西1228-1
設立 1956年9月17日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切自動車旅客運送事業
一般乗用旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 楠木哲雄
資本金 6,000万円
主要子会社 新日本ツーリスト
四国巡拝センター
大庄屋
外部リンク http://www.kotobus.com/
テンプレートを表示
ADG-RU8JHAA
スーパーシートバス

琴平バス株式会社(ことひらバス)とは、本社を香川県仲多度郡琴平町に持つ観光バスタクシー会社。通称コトバス

概要[編集]

規制緩和以前から貸切バス事業を行なっている老舗企業である。香川県で最初にスーパーハイデッカーを導入した。また、4列ながらも電動式リクラインニングとレッグレストを備えた車両「スーパースリーパー」は、信州方面へのスキーツアーなどで注目され、グループ以外の旅行会社のスキーツアーパンフレットにも「琴平バスのスリーピングシート車両使用」とPRされるほどであった。現在も、積極的に新型車両を導入しており、2008年は中型寝台2台、8月に大型3列シート車を導入した。 規制緩和後、関西を中心としたいわゆる「ツアーバス」ブームにのり、同社も、主にグループ旅行会社「新日本ツーリスト」企画の主催旅行として、香川・徳島県内~東京の夜行便と、東京~大阪線、さらに同区間運行後の帰着・送り込み回送兼用の香川県内~大阪線の運行を行なっている。2008年8月からは福岡にも運行していた。なお、2013年8月1日からはいわゆる新高速乗合バスとして自社が運行している。

かつて(1980年代)コトバスの車体表記を「KOTOBASU」と書いていたことがあった。

またタクシー事業も行っており、2003年8月からはうどんタクシー(同社の登録商標:第4789305号)の運行を開始している。

なお、同一県内にある高松琴平電気鉄道(ことでん)系列とよく混同されるが、資本関係は一切無い。

過去には2007年3月26日放送分の『報道特捜プロジェクト“責任者出てこい!”怒り爆発スペシャル』で密着取材を受けていたが、四国運輸局が関越バス事故の事を鑑みて緊急監査を実施し、2012年12月5日に結果を発表。運転手の拘束時間や連続運転時間が基準を超えていたことが分かった。四国運輸局の緊急監査で、車両3台を10日間使用停止とする行政処分を行った事が判明。超過勤務では、拘束時間や休息時間の違反が計8件あったほか、連続運転時間も基準の4時間を1時間以上超えていたケースが2件あった。[1]

高速乗合バス[編集]

コトバスエクスプレス」の名称で高速路線バスを運行している。2013年7月31日までは系列の旅行代理店・新日本ツーリストが主催するツアーバスだった。

以下のシャトルバスは、上記2路線へ(から)の乗り継ぎ専用で、単独での利用はできない。

  • 愛媛シャトル
    松山駅東(ホテルニューカジワラ前) - 三島川之江インター - コトバスステーション鳴門インター
  • 高知シャトル
    高知駅北口 - コトバスステーション鳴門インター

事業所[編集]

本社営業所
香川県仲多度郡琴平町川西1228-1
徳島営業所
徳島県鳴門市撫養町木津1456-12

沿革[編集]

関連会社[編集]

  • 新日本ツーリスト株式会社
  • 四国巡拝センター株式会社
  • 大庄屋株式会社

脚注[編集]

  1. ^ http://web.archive.org/web/20121228030002/http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20121206000169
  2. ^ 徳島新聞でコトバスステーション鳴門ICが紹介されました。 新日本ツーリスト
  3. ^ 徳島営業所がオープンしました!! コトバスブログ

外部リンク[編集]