独壇場Beauty

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
独壇場Beauty
BUCK-TICKシングル
収録アルバム RAZZLE DAZZLE
A面 独壇場Beauty
B面 Voo Doo
リリース 2010年3月24日
規格 CD
デジタル・ダウンロード
録音 2009年8月
VICTOR STUDIO
STUDIO SOUND DALI
ジャンル ロック
時間 1324
レーベル アリオラジャパン
プロデュース BUCK-TICK
チャート最高順位
BUCK-TICK シングル 年表
GALAXY
(2009年)
独壇場Beauty
(2010年)
くちづけ
(2010年)
テンプレートを表示

独壇場Beauty」(どくだんじょうビューティー)は、日本ロックバンドBUCK-TICKの28作目のシングル2010年3月24日アリオラジャパンから発売された。

解説[編集]

  • フィギュア付き完全生産限定盤、DVD付き初回生産限定盤、通常盤の3パターンが発売された。フィギュアは「Japan Artist Figure」シリーズの第4弾。
  • 2009年のホールツアーとスタンディングツアーの合間にレコーディングが行われた。アルバムからのカットではないシングルは「蜉蝣 -かげろう-」以来4年ぶり。シングルに星野英彦の楽曲が収録されるのも「蜉蝣 -かげろう-」以来4年ぶり。今井寿作詞曲がリードトラックとなるのは「Alice in Wonder Underground」以来3年ぶり2回目。

収録曲[編集]

  1. 独壇場Beauty (4:31)
    (作詞・作曲:今井寿、編曲:BUCK-TICK)
    日本テレビ系ドラマ『GALACTICA/ギャラクティカ』エンディングテーマ。
    楽曲のコンセプトとして今井は「エレクトロでノイジーでポップでパンクでディスコ」な感触を目指して作曲したという。『memento mori』のツアー中にはベースのリフのアイデアが生まれていたとのこと[1]。歌詞はレクイエムになっており、アルバム収録バージョンには「R.I.P.」の副題が付けられている。
  2. Voo Doo (3:38)
    (作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦、編曲:BUCK-TICK)
  3. 天使は誰だ (LIVE Ver.) (5:15)
    (作詞・作曲:今井寿、編曲:BUCK-TICK)
    デジタル・ダウンロードでは配信されていない。

特典DVD[編集]

Tour memento mori -REBIRTH- 2009.10.11 Zepp Tokyo

  1. Memento mori
  2. Coyote
  3. 地下室のメロディー
  4. 極東より愛を込めて

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]