COSMOS (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
COSMOS
BUCK-TICKスタジオ・アルバム
リリース 1996年6月21日
録音 1996年3月 - 4月
SOUND SKY KAWANA
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間 49分50秒
レーベル ビクターインビテーション
プロデュース BUCK-TICK
奈良敏博
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
BUCK-TICK 年表
CATALOGUE 1987-1995
1995年
COSMOS
1996年
SEXY STREAM LINER
1997年
COSMOS 収録の シングル
  1. キャンディ
    リリース:1996年5月22日
テンプレートを表示

COSMOS』(コスモス)は、日本のロックバンドであるBUCK-TICKの8枚目のスタジオ・アルバム1996年6月21日ビクターインビテーションよりリリースされた。初回盤のみフォトプリント・カラーPケース仕様、抽選で「キャンディPVメイキングビデオ」が当たる応募ハガキ封入。

解説[編集]

  • 前作よりおよそ1年ぶりでの新作であり、同バンドのアルバムとしては早い期間でのリリースとなった。
  • アルバムタイトルとなっている「COSMOS」は、「コスモスの花」や、「秩序・調和」、「宇宙観」といった意味を持つ言葉で、アルバムツアーはその反語である「CHAOS」(無秩序、大混乱)というタイトルがつけられた[1]
  • 前作までのダークな世界観から一転し、ポップな楽曲で構成されている。
  • サンハウスシーナ&ザ・ロケッツの奈良敏博がリズム・ディレクター、共同プロデューサーとして参加している。
  • 歌詞カードの上下に配置されている細長い模様は、斜めから見るとある文字[2]が浮かび上がるという、ちょっとした仕掛けが隠されている。
  • 本アルバムリリース後にマーキュリー・ミュージック・エンタテイメントへ移籍したため、ビクターエンタテインメント在籍時の最後のスタジオ・アルバムとなった。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1996年6月21日 ビクターエンタテインメントInvitation CD VICL-783 6位 初回限定スペシャル・パッケージ仕様
2 2002年9月19日 ビクターエンタテインメント/HAPPY HOUSE CD VICL-60990(初回盤)
VICL-60970(通常盤)
- デジタルリマスター盤(監修:比留間整)
初回盤のみボーナストラック2曲収録、オリジナルステッカー封入
3 2007年9月5日 ビクターエンタテインメント/Invitation CD VICL-62550 - デジタルリマスター盤、紙ジャケット仕様

収録曲[編集]

全編曲:BUCK-TICK

  1. Maria [3:52]
  2. キャンディ [4:23]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    先行シングル。
  3. チョコレート [4:05]
    先行シングルのカップリング曲。若干ヴァージョンが異なっている。
  4. SANE [4:34]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  5. Tight Rope [5:16]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    テクノの歌モノ(テクノと歌の融合)というコンセプトで作られた曲。
  6. idol [4:58]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  7. Living on the Net [4:07]
    • 作詞・作曲:今井寿
  8. Foolish [3:59]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  9. IN [4:31]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦
  10. Ash-ra [5:09]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  11. COSMOS [5:01]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿

ボーナストラック(2002年初回盤)[編集]

  1. キャンディ (single version) [4:23]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  2. チョコレート (single version) [4:05]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「B-PASS」(1996年7月号 シンコーミュージック・エンタテイメント
  2. ^ 「生」と「死」。縦長に引き伸ばされているため、斜めから見なければ判読できない。