渡部暁斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渡部暁斗
Akito Watabe Eisenerz 2008b.jpg
2008年3月 オーストリア アイゼンエルツ
名前
カタカナ ワタベ アキト
ラテン文字 Watabe Akito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ノルディック複合
所属 北野建設
生年月日 1988年5月26日(26歳)
生誕地 長野県白馬村
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2005-2006シーズン
最高成績 1位
通算成績 5勝(準優勝10回、3位8回)
 
獲得メダル
オリンピック
2014 ソチ 個人ノーマルヒル
ノルディックスキー世界選手権
2009リベレツ 団体
ノルディック複合・ワールドカップ
2011-12シーズン 個人総合
2012-13シーズン 個人総合
2013-14シーズン 個人総合

渡部 暁斗(わたべ あきと、1988年5月26日 - )は、長野県白馬村出身のノルディック複合選手。同じくノルディック複合選手の渡部善斗は実弟。

来歴[編集]

長野県白馬高等学校在籍中の2006年トリノオリンピックに出場。早稲田大学スポーツ科学部進学後は2009年世界選手権の団体戦(湊祐介加藤大平渡部暁斗小林範仁)では日本14年ぶりの金メダル獲得に貢献した。2010年1月、ノルディック複合・ワールドカップ(W杯)オーストリアゼーフェルト大会で3位となり、初めてW杯個人戦の表彰台に登った。2月にはバンクーバーオリンピックに出場し、個人(ラージヒル)では日本勢最高の9位。

大学卒業後は、北野建設に所属。2011/12シーズンは序盤から好調で、ワールドカップ開幕戦の フィンランドクーサモ大会でW杯自己最高順位となる2位。12月のゼーフェルト大会でも同順位に入ると、2月5日 イタリアヴァル・ディ・フィエンメ大会で念願の初優勝を果たした。日本人のW杯優勝は2004年3月の高橋大斗以来4人目である。その後も好調を維持し、このシーズンは4勝を挙げて最終戦まで総合優勝の可能性を残した。結局ジャゾン・ラミー=シャプイフランス)に優勝は譲ったものの、日本人としては1995/96シーズンの荻原健司以来のW杯総合2位という快挙を果たした。

2012-13シーズンは世界選手権で出場4種目中3種目で4位と表彰台をあと一歩で逃し続け、「(4位が)僕の居場所という感じですね」とコメントを残すなど悔しさを味わった[1]。しかし、世界選手権後はW杯で2大会連続で2位に入り、うち3月15日のノルウェーオスロ大会では弟・善斗も3位に入り、1995年の荻原兄弟以来となる日本人の兄弟選手によるW杯表彰台獲得を果たした。シーズン個人総合では3位。

2013-14シーズンは夏から好調な滑り出しを見せ、サマーグランプリでは初の総合優勝を果たした。オリンピック前のW杯では優勝こそなかったものの、第2戦・リレハンメル大会の2位をはじめ、3位が4回、出場10戦全てで8位以内に入る安定感を見せた。年末にインフルエンザを発症するアクシデントはあったものの、オリンピック前最後のW杯となったオーベルストドルフ大会でも3位に入り、個人総合2位と好調を維持してオリンピック本番を迎えた。

ソチオリンピックでは初戦の個人ノーマルヒルで、前半ジャンプでトップだったエリック・フレンツェルドイツ)から6秒差の2位につけると、後半クロスカントリーではフレンツェルと共にトップ集団を形成。終盤までフレンツェルと互いにトップに出ながら激しく競り合い、スタジアムに入ったところで仕掛けたフレンツェルのスパートに離されたものの、4.2秒差で2位に入り銀メダルを獲得した。オリンピックでのノルディック複合の個人でのメダルは、1994年リレハンメルオリンピックで銀メダルを獲得した河野孝典以来20年ぶり2人目[2]。次の個人ラージヒルでも2個目のメダルが期待されたが、終盤クロスカントリーでの転倒が響いてしまい6位入賞に留まった。尚日本代表として団体戦(ラージヒル)は5位入賞だった。

五輪後のW杯では、最終戦・ファルン大会でシーズン初勝利(通算5勝目)をあげた。個人総合では1試合のみ22位に沈んだ大会が有ったため五輪前の総合2位から順位を落としたが、2シーズン連続で3位入賞。

2014-15シーズンは個人第1戦のルカ大会で4位となるスタート。

主な戦績[編集]

2008年3月 オーストリア アイゼンエルツ

オリンピック[編集]

ノルディックスキー世界選手権[編集]

FISワールドカップ[編集]

  • 初出場 2006年3月18日 日本・札幌大会マススタート 
個人総合成績(※2013/14シーズン終了時点
シーズン 総合 優勝 準優勝 3位
2005/06 47位 0回 0回 0回
2008/09 38位 0回 0回 0回
2009/10 18位 0回 0回 1回
2010/11 11位 0回 0回 0回
2011/12 02位 4回 3回 2回
2012/13 03位 0回 5回 1回
2013/14 03位 1回 2回 4回
合計 --- 5回 10回 8回
ワールドカップ表彰台
シーズン 開催日 開催地 種目 成績
2009–10 2010年1月30日 オーストリアの旗 ゼーフェルト HS100/10.0km 3位
2011–12 2011年11月25日 フィンランドの旗 クーサモ HS142/10.0km 準優勝
2011年11月26日 フィンランドの旗 クーサモ HS142/10.0km 3位
2011年11月26日 オーストリアの旗 ゼーフェルト HS109/10.0km 準優勝
2012年2月5日 イタリアの旗 ヴァル・ディ・フィエンメ HS134/10.0km 優勝(1)
2012年2月10日 カザフスタンの旗 アルマトイ HS140/10.0km 3位
2012年2月11日 カザフスタンの旗 アルマトイ HS140/10.0km 準優勝
2012年2月18日 ドイツの旗 クリンゲンタール HS140/10.0km 優勝(2)
2012年2月26日 チェコの旗 リベレツ HS134/10.0km 優勝(3)
2012年3月9日 ノルウェーの旗 オスロ HS106/10.0km 優勝(4)
2012–13 2013年1月6日 ドイツの旗 ショナッハ HS106/10.0km 準優勝
2013年1月12日 フランスの旗 ショー=ヌーヴ HS118/10.0km 3位
2013年2月9日 カザフスタンの旗 アルマトイ HS140/10.0km 準優勝
2013年2月10日 カザフスタンの旗 アルマトイ HS140/10.0km 準優勝
2013年3月8日 フィンランドの旗 ラハティ HS130/10.0km 準優勝
2013年3月15日 ノルウェーの旗 オスロ HS134/10.0km 準優勝
2013–14 2013年12月7日 ノルウェーの旗 リレハンメル HS100/10.0km 準優勝
2013年12月8日 ノルウェーの旗 リレハンメル HS138/10.0km 3位
2013年12月21日 ドイツの旗 ショナッハ HS106/10.0km 3位
2013年12月22日 ドイツの旗 ショナッハ HS106/10.0km 3位
2014年1月26日 ドイツの旗 オーベルストドルフ HS137/10.0km 3位
2014年2月28日 フィンランドの旗 ラハティ HS130/10.0km 準優勝
2014年3月15日 スウェーデンの旗 ファルン HS100/10.0km 優勝(5)

ノルディックスキージュニア世界選手権[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界ノルディック:「僕の居場所…」渡部暁また4位 毎日新聞 2013年3月3日閲覧
  2. ^ 渡部暁斗 ノルディック複合で銀メダル! 複合では20年ぶり スポーツニッポン 2014年2月12日閲覧

外部リンク[編集]