フェリックス・ゴットヴァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
オーストリアの旗 オーストリア
男子 ノルディック複合
オリンピック
2006 7.5 km スプリント
2006 4 x 5 km 団体
2010 4 x 5 km 団体
2006 15 km 個人
2002 7.5 km スプリント
2002 15 km 個人
2002 4 x 5 km 団体
ノルディックスキー世界選手権
2003 4 x 5km 団体
2001 4 x 5km 団体
2003 15km 個人
1997 4 x 5km 団体
2001 15km 個人
2003 7.5km スプリント
2005 15km 個人
2005 4 x 5km 団体

フェリックス・ゴットヴァルトFelix Gottwald1976年1月13日 - )は、オーストリアザルツブルク州ツェル・アム・ゼー出身のノルディック複合選手である。

競技歴[編集]

1994年リレハンメルオリンピックの15km個人に18歳で出場、長野オリンピックには15km個人と4x5km団体の両種目に出場し、結果は個人21位、団体4位であった。

ノルディックスキージュニア世界選手権には1993年から1996年まで4回出場し金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル3個獲得している。

2002年ソルトレイクシティオリンピックでは、15km個人、4x5km団体(クリストフ・ビーラーミヒャエル・グルーバーマリオ・シュテヒャー)、7.5kmスプリントの3種目すべてで銅メダルを獲得。更に、2006年トリノオリンピックでは7.5kmスプリント、4x5km団体(グルーバー、ビーラー、シュテヒャー)で金メダル、15km個人ではゲオルク・ヘティヒに敗れるも、銀メダルを獲得した。

ノルディックスキー世界選手権では、2003年大会の4x5km団体で金メダルを獲得。その他1997年大会から2005年大会にかけて、2つの銀メダルと5つの銅メダルを獲得している。

ノルディック複合・ワールドカップでは1992-1993シーズンから出場、2000-2001シーズンには個人総合優勝を達成。また、ホルメンコーレンスキー大会では2001年、2003年の2度優勝している。これらの実績から、2003年にはドイツのロニー・アッカーマンと共にホルメンコーレン・メダルを授与されている。

2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会ではスプリント、グンダーセンともに5位、団体4位とメダルには僅かに手が届かなかった。2006-2007シーズンを最後に現役を引退した[1]。彼を記念してザールフェルデンのウッテンホーフェンにあるジャンプ台にその名が冠された(w:de:Felix-Gottwald-Schisprungstadion)。2008年には自伝Ein Tag in meinem Lebenを出版した。

2009年5月17日に現役復帰を表明[2]。復帰後最初の試合は10月18日-19日のオーストリア選手権で、ノーマルヒル、ラージヒルともに2位となった。

11月28日のクーサモで3年ぶりにワールドカップに復帰する予定だったが病気のため欠場した。12月15日-16日のリレハンメルラージヒルで15位と12位になり復帰を果たすと12月18日にラムサウのノーマルヒルで2位となり、以後上位入賞を続けて1月9日のヴァル・ディ・フィエンメでは復帰後初勝利(通算21勝目)をあげた。

ワールドカップ総合2位で臨んだバンクーバーオリンピックでは個人ノーマルヒル14位、個人ラージヒル17位に終わったが団体戦ではベルンハルト・グルーバーマリオ・シュテヒャーダビット・クライナーとともに金メダルを獲得した[3]

2009-2010シーズン終了時点でワールドカップ通算21勝(2位24回、3位17回)総合優勝1回(2000-2001)、総合2位3回、総合3位2回。 

出典[編集]

  1. ^ FIS Newflash 122. April 11, 2007.
  2. ^ Rückkehr des Vorzeigesportlers sport.orf.at, 17. Mai 2009
  3. ^ ÖSV-Kombinierer erobern Gold sport.orf.at, 24. Februar 2010

外部リンク[編集]

著書[編集]

先代:
アダム・マリシュ
ベンテ・スカリ
トーマス・アルスゴール
ホルメンコーレン・メダル
2003年
次代:
ユリヤ・チェパロワ